あなただけのカスタマイズができるヘアケア MEDULLA

【湯シャンの方法を美容師が解説】正しいやり方じゃないと逆効果?

ここ最近芸能人などがシャンプーを使わずに洗髪していることが話題になり『お湯シャンプー』が注目されています。

お湯シャンと聞いてほとんどの人が『簡単そうだ』とか『節約』になっていいとかメリットしか見えていないのではないでしょうか??

お湯シャン自体は確かに髪の毛や頭皮にメリットもあります。

ですが、やり方を間違っていたり合わない人が続けているとデメリットも生じてしまいます。

この記事の内容
お湯シャンプーの効果と正しい方法について効果の解説などを交えて美容師が答えます。

そこで、美容師としてお湯シャンプーの正しいやり方と効果やデメリットなどを解説していきます。

目次

湯シャンの効果とデメリット

お湯シャンとは名前の通りお湯のみで髪の毛や頭皮を洗う行為のことを言います。

僕自身は湯シャンをあまり勧めてる方ではありません。

なぜなら通常のシャンプーと違って時間をかけてやらないとデメリットの方が大きくなってしまうから。

この章で詳しく書いていきますが、洗浄成分に頼らない湯シャンは、しっかりと時間をかけて洗ってあげないとトラブルが発生しやすくなります。

湯シャンの効果

お湯シャンプーの一番の効果は、頭皮や髪の毛を素の状態に戻してあげるというところではないでしょうか。

髪の毛や頭皮の悩みはつきないもので、多くの人が『ダメージ』や『白髪』『抜け毛』『頭皮乾燥』などに悩まされています。

通常のシャンプー剤では皮膚が弱い方などはシャンプーに含まれる洗浄成分などで『フケ』『かゆみ』などのトラブルが出てくる場合もあり、そういった方などにはお湯シャンプーで効果を実感できた方もみえるそうです。

お湯シャンプーで洗浄成分などの化学物質に頼らないナチュラル志向の人にはぴったりなのかもしれません。

湯シャンのデメリット

湯シャンのデメリットは『難しい』というところです。

ほとんどの人がシャンプーがいらない湯シャンを簡単だと思っていると思いますが正しく知識がつくとそれがいかに難しく、さらに継続するとなるともっと難易度が高くなることが容易に想像できるはず。

間違った湯シャンは頭皮環境を悪化させ、ヘアサイクルを乱す原因になりかねません。

間違った湯シャンをすると
  • 落としきれない汚れが出る
  • 過酸化脂質が発生しやすくなる
  • 皮脂が原因のフケ
  • かゆみ
  • 毛穴づまり

まず、湯シャンをはじめてする人や普段からシャンプーに時間をかけない人は上記のような状態に陥ります。

湯シャンは通常のシャンプーと違いお湯のみで洗うので、時間もしっかりとかけてゆっくりと汚れを落としてあげることが必要不可欠です。

それができないとまず間違いなく汚れが残ります。

そして、落としきれなかった汚れは酸化することによし過酸化脂質へと変化してしまいます。これはシャンプーでも落とすことが難しいような毛穴づまりの原因になるような物質です。

こうなるとそこからさらに『臭い』『フケ』といった頭皮トラブルが発生してしまいます。

ただ間違ってはいけないのが『臭い』『フケ』といったトラブルが湯シャンと直接むすびつくわけではにということです。

これは全て間違った湯シャンをしていた場合です。

ですので、お湯シャンをする場合は我流でちゃっちゃとしてしまうよりも、事前に知識をつけてから行うようにしましょう。

湯シャンが合う人・合わない人

皮脂分泌がもともと多い人には合わない

湯シャンはもともとの皮脂分泌が多い人には合わないですので洗浄成分でしっかりと洗ってあげたほうが清潔に保てる可能性が高いです。

乾燥しやすい人には湯シャンは最適

逆に湯シャンに合う人はもともと乾燥しやすい人です。

皮膚が弱く乾燥しやすい人なんかは湯シャンはあっているといえます。

ただしそれも正しく行えればの話です。間違った湯シャンは汚れを残しすぎて頭皮トラブルの原因になりかねます。

合う人合わない人についてくわしくはこちらで説明しています↓

[getpost id=”1888″ title=”合わせて読みたい” ]

お湯シャンプーの正しいやり方

ここまでが理解できた人はお湯シャンを実践してみましょう。

ビヨウシ【H】
正しいステップをご紹介していきます。

1ブラッシング

シャンプー前のブラッシングはめんどくさくてついつい見落としがちですが、すすぎの工程をスムーズに行いやすくなります。

無理やり引っ張るのではなく優しく梳かしてあげましょう。

2すすぎ

実は1日の汚れの8割はすすぎだけでとれるといわれています。

湯シャンにおいてはこの部分がシャンプーみたいなものです。しっかりと時間をかけて優しくマッサージするように頭皮を指の腹でもみこんでいってください。

注意点としてはごしごししないこと。頭皮をごしごしすることは頭皮を傷つける可能性があります。

デトックスジェルを使う

[common_content id=”1880″]

デットクスジェルを使うタイミングはこのすすぎの後です。シャンプー代わりだと思ってもらうとわかりやすいです。

使い方は500円玉ほどを手のひらに落とし、頭皮を中心にのばしたらこねくりまわすように全体につけながらマッサージしてください。

老廃物や残留物といったとれにくい汚れもマイナスイオンで落としてくれるので、間違った湯シャンにありがちな『フケ』『臭い』の原因を解決してくれます。

[getpost id=”1913″ title=”合わせて読みたい” ]

湯シャンの後の手入れ方法

お湯シャンのお手入れも合わせてご紹介します。

ここまでをしっかりと実践できていても、その後がボロボロな方も多いので一度見直してみてはどうでしょうか?

1優しくタオルドライ

髪の毛を乾かす前のタオルドライで優しくしっかりと水気を切ってあげましょう。

水気が残りすぎていると乾かす時間がかかるだけでなく、濡れている髪の毛は無防備な状態なのでダメージ予防につながります。

もちろん、タオルドライもごしごしするのではんく優しくしてあげることが大切です。

2洗い流さないトリートメントをつける

乾かさないことはダメージや匂いの原因にもなるのですが、間違った乾かし方やドライヤーのかけすぎは髪の毛に熱ダメージを与えてしまいます。

洗い流さないトリートメントは指通りをよくするだけでなく、髪の毛の熱ダメージ予防にも多いにやくだってくれますのでぜひ活用しましょう。

関連記事
[getpost id=”208″][getpost id=”794″]

3ドライヤーでしっかりと乾かす

髪の毛を乾かすことは自宅での髪の毛のお手入れで非常に重要なポイントになります。

洗い流さないトリートメントをつけたらなるべく素早く乾かしてあげましょう。

よくあるだめな例
  • タオルなどを巻いて時間がかなり経ってから乾かす。
  • 扇風機で乾かす

これはお客様からも聞くことの多い実は間違ったパターンです。

髪の毛は濡れている状態はキューティクルが開いており非常に無防備なので濡れている時間はなるべく短くしてあげてください。

扇風機で乾かすという方も夏場に大量発生しますが、自然乾燥となんらかわりません。髪の毛は熱によりキューティクルが閉じ、必要な水分を抱え込むので洗い流さないトリートメントで熱ダメージ予防をしたらすぐ乾かしましょう。

まとめ

お湯シャンプーについての記事でしたがいかがでしたでしょうか?

簡単にまとめると
  • お湯シャンには合う合わないがある
  • 間違ったお湯シャンはトラブルのもと
  • しっかりと時間をかけて洗う

というところでしょうか。

美容師的にはお湯シャンをするよりも頭皮や髪の毛に優しいシャンプーを使ってあげる方が時短にもなり頭皮や髪の毛にもいいような気もします。

ぼくが洗浄成分を見てまとめたシャンプーはよっぽどのことがない頭皮トラブルは起こりにくいものを選んでキジにしたのでよければそちらも参考にしてみてください。

[getpost id=”448″]

【期間限定のトライアルセット】

トライアル3点セット¥1980

サロン品質でこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

お試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

お得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

目次
閉じる