スポンサーリンク

美容室に行くとカラーやパーマをした後にする「サロントリートメント

みなさんも担当の美容師さんにおすすめされたことがあるかと思います。

実際に美容室でのサロントリートメントをされた経験がある方はわかるかと思いますが、早い人で1週間〜2週間で落ちて、長く持っても一ヶ月ほどだと思います。

手触りを抜群に良くしてくれて髪の毛を綺麗にしてくれるトリートメントですがこのような疑問を持ったことはありませんか?

お客さん
サロントリートメントって意味あるの?

サロントリートメントって金額もそこそこしますし(平均3000円〜)、中にはしなくてもいいならしたくないけど、担当美容師さんに言われて仕方なくって方も見えるんじゃないでしょうか。

この記事の内容
  • 美容院でのサロントリートメントは意味がある?ない?
  • 美容院でのサロントリートメントの役割と効果
  • こんな人は美容院でのサロントリートメントは不向き
  • 髪の毛のためにサロントリートメントよりも一番大切なこと

この記事ではサロントリートメントについてみなさんが思うような疑問について解説していきます。

僕自身、美容師経験10年で知識はそこそこ蓄えておりますのでみなさんとヘアケアの知識の共有ができればと思います。

美容院でのサロントリートメントの役割

サロントリートメントをした女性

美容院でのサロントリートメントが意味があるのか。ないのか。

その話をする前にまずは、サロントリートメントの役割から解説ていきます。

大前提として、美容室でのサロントリートメントは補修を目的としています

サロントリートメントは補修が目的

髪の毛の構造

上の図のように髪の毛は3層になっており、表面からキューティクル/コルテックス/メデュラと呼ばれる部分にわかれています。

髪の毛を構成する成分として、ほとんどがケラチンと呼ばれるタンパク質からできています。

簡単に言うと髪の毛のダメージとは、このケラチンが流出してしまうことで髪の毛がスカスカになってしまう現象のことをいいます。

中身がスカスカになった髪の毛は、枝毛や切れ毛も起こり当然手触りも悪いです。キューティクルも剥がれている状態です。

カラーやパーマは、髪の毛を酸化させたり化学反応を起こすのでケラチンを流出させる原因になるのですが、失われた部分を補修できるのがサロントリートメントなのです。

ポイント
  • 補修とは、失われた部分を補ってあげることを言います。美容業界は誇大広告をしがちなので修復を謳っているメーカーやサロンもありますが、それは間違いです。

自宅でのトリートメントとの違い

自宅でするトリートメントとの違いなども気になっている人は多いんじゃないでしょうか?

自宅でのトリートメントとの違いは補修力と持続力にあります。

市販されているトリートメントでは、表面のコーティングをして手触りを良くしておわりなんですが、サロントリートメントは髪の毛の内側まで侵入して補修していきます。

最近のサロントリートメントは1剤/2剤/3剤と薬が3つ以上あることがほとんどで、分子の細かいものから髪の毛内部を補修させてからフタをすることでその持続力を保てるようになるのです。

美容院でのサロントリートメントは意味ある?ない?

サロントリートメントに意味があるか悩んでいる女性

美容院でのサロントリートメントが意味があるのか。ないのか。

これは「あなたの考え次第」になるのではというのが僕の考えです。

美容院でのトリートメントの目的でも書いたように、サロントリートメントは補修はしてくれますが修復はしてくれません。

つまり、傷んだ髪の毛を綺麗に見せたりまとまりやすく扱いやすくすることはできても、元通りにすることはできないのです。

悪く言えばごまかしていると言う風にも言えますね^^;

パサつきやダメージがひどい人には効果的

ただ、手触りでかなり悩んでいる人やダメージがひどい人はサロントリートメントで綺麗に見せることができますし、扱いやすくなれば毎日の手入れも楽にすることができます。

僕の考えとしては、「扱いやすくするためには必要」という考えなのですが、もしあなたが「修復してくれないなら意味ない」という考えでしたら、これからはやらなくてもいいと思います。

美容室でのサロントリートメントはこんな人には不向き

  • シャンプーの洗浄力が強い
  • 髪の毛を乾かさない

これら2つに当てはまった人はトリートメントもすぐに落ちてしまいます。

美容室でのトリートメントは髪内部を補修してくれますが、一時的に補強してくれている成分であることにかわりはありませんので、毎日のケアをしっかりとしていないと「すぐに落ちる」なんてことにもなってしまいます。

もしも、あなたがサロントリートメントをして髪の毛の綺麗を持続したいのであれば見直してみてください。

一番大切なことは傷ませないこと

サロントリートメントは「扱いやすくするためには必要」というのが僕の考えだと書きました。

これは裏を返せば、髪の毛がよっぽど傷んでいない限りはしなくてもいいということです。

髪の毛は死滅細胞といって、もともと死んでいる細胞です。

ですので、髪の毛は復活も修復も現在の技術では不可能なのです。

美容院でのサロントリートメントとはダメージが蓄積しすぎて、ちぎれてしまったり、パサつきがおさまらなかったりした時の最終手段として有効であるという意味で「扱いやすくするためには必要」といいました。

つまり、髪の毛を綺麗な状態で長くいるために一番必要なことは傷ませないことです。

ダメージ予防で一番大切なのはシャンプー

ダメージ予防できるシャンプー

髪の毛をダメージさせないようにするためには、まずはシャンプーの洗浄成分には気を使うべきです。

実際にお客さんにも言ったりすることですが、3000円〜のサロントリートメントをしても自宅でのシャンプーが洗浄力が強すぎる場合すぐに効果が実感できなくなります。

市販品のシャンプーはどれも洗浄成分が安価で、洗浄力が強いため洗うだけで毎日少しずつ髪の毛には負担が蓄積していっています。

市販シャンプーで特に多い洗浄成分がラウレス硫酸Naです。使い続けるとダメージにもなるし、乾燥の原因にもなったりします。

ですが、その3000円を洗浄成分にこだわってシャンプーの費用に当てることができれば自宅でのダメージはかなり軽減させることができます。

今、あなたが美容院でのサロントリートメントを毎回しているというならばその1回をシャンプーの費用にあてることをおすすめします。

【結論】サロントリートメントは最終手段

あなたがダメージの蓄積が激しくてどうしようもない時にはサロントリートメントはかなり有効です。

ですが、本来は髪の毛をダメージさせないようにその費用をあてるほうが有効だと思います。

今日から行動して髪の毛のダメージを少なく過ごせるように少しずつ改善していきましょう。

スポンサーリンク
【期間限定】人気のホームケアトライアルセットのご紹介

あなたは髪の毛の綺麗の為にシャンプーやトリートメントはこだわって選べていますか?

美容師を仕事としている僕は今まで様々なシャンプーなどを見てきましたが、やはり品質の高い商品は価格も高いのがネックでした。

ですが、ネット限定で購入できるプレミオールトライアルセットの価格には腰を抜かしてしまいました。

品質も高い商品がお試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

はっきり言って品質の高さを保ちながらのこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

プレミオールのお得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

 

おすすめの記事