MENU
ヘアケア商品検索
おすすめトリートメント

ご予約・お問い合わせ

TEL050-8880-2977

受付時間:10:00~17:00(定休日以外)

MAILhaircaretalk@a-w-a.co.jp

300種以上から厳選 本当に良いシャンプーランキング

【洗い流さないトリートメントをつけるタイミング】目的に合わせて【プロが解説】

洗い流さないトリートメントをあなたはどのタイミングでつけていますか?

案外、洗い流さないトリートメントをつけるタイミングについて悩んでいるという声をちらほら聞きます。

ちゃちゃ

洗い流さないトリートメントが髪に良いと聞いてつけてるんだけど、タイミングってあってるのかな?
髪の毛のために良いタイミングがあれば知りたいです。

ひでよし

こういった洗い流さないトリートメントのタイミングについての疑問を美容業界に10年以上いる髪のプロが解説していきます。

この記事を見れば洗い流さないトリートメントのタイミングについて疑問がなくなり、明日から迷うことなく効果的なタイミングで使用することができるはずです。

スクロールできます

監修者

長崎弘幸(ひでよし)

長崎弘幸

2011年名古屋モード学園美容学科卒業後、名古屋市の美容院など計4店舗を経て、白髪染め専門美容室ソマリ美容室ヘアケアトークを開業。Yahoo!ニュースエキスパートや各種SNSにてヘアケアについて発信中。

著者

ヘアケアトーク編集部

アロマテラピー検定1級取得者、白髪染め専門美容室などのヘアケア知識を有する株式会社AWAメンバーが執筆。口コミで高評価のヘアケア商品を試して評価しています。

監修者は商品の推薦ではなく「商品検証」「選び方」「白髪知識」について監修しています。株式会社AWAは、日本毛髪科学協会厚生労働省消費者庁の発信する情報を基に、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。

目次

洗い流さないトリートメントのタイミング【目的別】

洗い流さないトリートメントの目的と言えば代表的な使われ方はダメージ予防です。

最近では、ウェットな質感を演出させるためにオイル系の洗い流さないトリートメントも人気でスタイリングにも使用されています。

このように、洗い流さないトリートメントは主に「ダメージ予防」と「スタイリング」の2つの目的で使われていることが主流です。

洗い流さないトリートメントの基本的な使い方については今回は省きますので、下記の記事をご参考ください。

>>【洗い流さないトリートメントの効果的な使い方】絶対抑えたいポイント3つをプロが解説

ダメージ予防で使用する場合のタイミング

ダメージ予防で使用する場合のタイミング
  1. お風呂で濡れた髪を強くこすらないようにしっかりとタオルドライ
  2. 髪の毛の毛先部分を中心に洗い流さないトリートメントをもみこむ
  3. ドライヤーで乾かす

ダメージ予防効果を主として、洗い流さないトリートメントを使用する場合は、髪が濡れていて髪の毛を乾かすタイミングで使用していきます。

わかりやすくお風呂上りを想定して詳しく説明すると↓のように。

つまり、お風呂上りに水気を切って髪の毛を乾かす前が最もダメージ予防効果としての力を発揮するタイミングになるのです。

洗い流さないトリートメントにたくさんの栄養が詰まっていると勘違いされている方を多く見かけますが、その効果は保湿と保護にとどまります。

保湿とは、髪の毛の質感をやわらかくしっとりと感じさせる効果。

保護とは、髪を守ってくれる効果です。

この乾かす前のタイミングというのは、髪が熱による影響を最も受けやすいタイミングで洗い流さないトリートメントで保護してあげる意味合いがあります。

髪は乾かさないことでもダメージしますが、乾かすときの熱でもダメージしてしまいます。

やわらかくしなやかにまとまる髪にしていくのは、毎日熱ダメージを保護してあげながら乾かすことが必要です。

スタイリングで使用する場合のタイミング

仕上げのタイミングで使う場合
  1. コテ巻きやブロー(ストレートアイロンなども)
  2. 洗い流さないトリートメントで質感調整

洗い流さないトリートメントをスタイリングで使用する場合はツヤ出しとしてや、ウェット感を演出するために使います。

つまりスタイリングとして洗い流さないトリートメントをつけるタイミングは、コテ巻きやブロー後です。

洗い流さないトリートメントには、タイプによりますが、スタイリング用として出回っているものも数多くあります。

N.なんかは特に有名なスタイリング用洗い流さないトリートメントですが、僕もお客さんの仕上げによく使っています。

洗い流さないトリートメントはつけるとやわらかくなる質感調整の役割もあるので、ブロー後の髪に使うだけでやわらかくまとまる綺麗な髪になります。

また、ストレートアイロンでの外はね仕上げのウェット感の演出、コテ巻き後のカールの質感調整と様々な仕上げに使用可能です。

こんなタイミングで使うのもあり【応用編】

洗い流さないトリートメントのタイミング【応用】
  • 外出先で髪が広がってきたとき
  • 急に乾燥してきた時
  • ボリュームダウンしたい時

洗い流さないトリートメントは含まれる油分によりツヤや柔らかさを演出してくれるアイテムですので、上記以外のタイミングでも応用可能です。

など。

こういったタイミングでも使えるのでバッグなどに1本忍ばせておくとかなり便利。

特につゆ時期なんかは髪の毛が湿気で広がったりするくせ毛の人は、お直しでも使えますし、夏のパリっとした乾燥で髪がふわふわしてきても1プッシュ手に取って毛先にもみこむと質感が復活します。

また、応用的な使い方として、スタイリングの際に最もボリュームの出る「ハチ」部分をめくって根本からつけることで頭を小さく見せることもできます。

【まとめ】洗い流さないトリートメントのタイミング

まとめ
  • ダメージ予防として効果的なタイミングは「乾かす前」
  • スタイリングとして効果的なタイミングは「仕上げのワックスかわり」
  • ボリュームダウン、外出先と様々な応用が可能

まとめると上記のようなタイミングでご使用いただけます。

洗い流さないトリートメントを使いこなすことができると、髪のダメージ予防、スタイリングの質感調整の幅がぐっと広がるのでマスターしておきましょう。

  • 記事内容は事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や安全性を担保するものではありません。
  • 無料で有益な情報を発信し続けるために一部商品では、広告主から当社(株式会社AWA)に報酬が支払われることがあります。
  • 掲載価格に変動がある場合がありますので、最新の価格や商品の詳細情報は、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。

著者情報

株式会社AWAが運営するヘアケアメディア。白髪染め専門美容室ソマリが編集部として執筆を行い、長崎弘幸が記事内容の最終チェックを行っています。美容室に来店されるお客様の悩みを実際に聞きながらヘアケア商品のレビュー、おすすめ商品の紹介、その他髪悩みを解決する情報を発信しています。

目次