menu
category
ビヨウシ【H】
本音シャンプーレビューを中心にヘアケア方法などを発信。
インスタも毎日更新しているのでチェックしてみてください。
(現在サイト改修中の為見づらくなっております)
市販価格で1位のヘアケアアイテム プレミオール

タオルドライとは?正しい方法、やり方を美容師が解説【ケアの基本】

タオルドライとは、髪の毛の水分をタオルでふき取ってあげることを指します。

僕は現役美容師として現場でお客さんの声を聞いておりますが、タオルドライについて軽視されていると常々感じます。

タオルで水分をふき取るのってどうせ適当にやってもそんなに変わらないんじゃない?

こういった声を本当によく聞きますが、それは大きな間違いです。

もしも、あなたがタオルドライを適当にやっているとしたら、

  • 必要以上に髪の毛を傷めている
  • 頭皮環境を悪化させている
  • 髪の毛が乾かない

などなど。

こういったデメリットを知らない間に髪や頭皮は被っていることになります。

ぜひ、この機会にタオルドライの正しいやり方をマスターしましょう。

この記事の内容
  • タオルドライが必要な理由
  • タオルドライの正しいやり方

ビヨウシ【H】
この記事を書いている僕は美容師歴10年の現役美容師です。

現場でも数々のお客さんのヘアケア方法に関するアドバイスをさせていただいているので今回の記事では実際にお話している内容を記事にしています。

タップできる目次

間違ったタオルドライのやり方

まずは、どんなタオルドライのやり方が間違っているか見ていきましょう。

どんなやり方が間違っているか把握することで、あなたのタオルドライを見直すいいきっかけになるはず。

間違ったやり方
  • タオルできつくゴシゴシする
  • 髪をタオルで強くたたく
  • 長時間のタオルターバン
タオルできつくゴシゴシする

これはやっている人が本当に多いです。

実は髪の毛って濡れている状態が一番傷つきやすい状態です。

髪の毛は性質的に外側のキューティクルが濡れると開き、乾くと閉じる性質があります。

ブローやヘアアイロンを考えるとわかるのですがあれはキューティクルを閉じてつやつやにしている状態なのですが、濡れている時はそのキューティクルは開いているのです。

濡れている時に髪が引っ掛かったり、きしむのはキューティクルが開いた状態であることが原因dこの状態では物理的なダメージを直接受けてしまいます。

物理的なダメージとは摩擦などのこと。

つまり、濡れている状態でタオルでゴシゴシ強くこするのは、髪の一番無防備な弱い時に自ら傷つけているようなものなのです。

髪を強くたたく

こちらもゴシゴシこするのと同様にやりがちな髪のダメージにつながら行為です。

理由は先ほどお話した内容を同じですが、強くたたくことで髪内部が損傷してしまうおそれがあります。

濡れている時に強い負荷を髪に与えるのは絶対にやめましょう。

長時間のタオルターバン

お風呂上りにタオルを頭に巻いて行うタオルターバン。

適切に行う分には水分を適度にとる効果がありますが、長時間はNGです。

長時間じわっと濡れた状態で放置していると頭皮環境の悪化を招く恐れがあるからです。

また、髪にくせがつきやすいのでヘアスタイル的にも直す2度手間が発生してしまいますのでお風呂上りはさっと乾かしてあげるのが髪にも頭皮にも一番良いです。

タオルドライの正しいやり方

間違ったやり方を完全に理解したあなたはもう正しいやり方のマスター1歩手前です。

このまま正しいやり方も覚えてマスターしてしまいましょう。

1まずは頭皮の水分をやさしくふき取る

頭皮からタオルドライする理由は先ほどお話したキューティクルの性質にあります。

キューティクルは髪の毛先に向けて、うろこ状に並んでいる髪のバリアのようなものです。

うろこ状に並んでいる性質上、根本から毛先に向かっています。

つまり、頭皮の水分は毛先へと流れていくということ。

もしも、頭皮の水分をふき取らずに毛先ばっかりふき取っていたとしたらなかなか水分がふき取れないのはキューティクルの並び方が関係していたということなのです。

その際は、やはりきつくこすらないようにやさしくふき取るようにしてあげてください。

タオルをワンクッションおき、指の腹を使ってタッピングするように行うとよいでしょう。

2髪の中間~毛先部分までの水分をやさしくふき取る

タオルで髪をはさんでやさしくふき取るように水気をとってあげてましょう。

やさしくポンポンとしてあげるのは大丈夫なので力加減には十分気を付けましょう。

【まとめ】正しいタオルドライのやり方

タオルドライについて記事にしてきましたがいかがでしたでしょうか?

力加減と頭皮からやさしくというのはかなり重要なポイントになるのでぜひ覚えておいてください。

タオルドライが甘いと乾かすのも遅くなるし、頭皮環境も悪化し、髪もダメージしやすいというデメリットがあるのでこの記事を見たあなたは今日の夜からタオルドライ見直してみてはいかっがでしょうか?

タオルドライがしっかりとできたらさっと乾かしてあげましょうね。

[getpost id=”247″ title=”あわせて読みたい” ]

よかったらシェアしてね!

【期間限定のトライアルセット】

お試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

お得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

タップできる目次
閉じる