スポンサーリンク

巷で嫌われているシリコンシャンプー。

シリコンというのは髪の毛を皮膜することで手触りを良くしてくれる成分でした様々なヘアケア製品に含まれています。

シリコン自体は、安全性も確認できているもので悪い成分ではないのですが、こいつが髪の毛に残ったままですと悪さをしてしまうこともあります。

そういった背景から、忌み嫌われてきたシャンプーのシリコンですが、考え方によってはシリコンは必要という結論に至る人もいます。

結論から言うと僕個人としては『人による』と思っていてシャンプーはシリコン入りノンシリコンではなく『洗浄成分で選ぶべき』と思っています。

シャンプーはヘアケアにおいてかなりかなーり重要なポジショニングだと考えていますが、シャンプーのみで髪の毛を綺麗にするというよりは複合させることが大切です。

ですのでヘアケアにおいての捉え方次第ではシリコンは有りにも無しにもなるという見解なので完全に悪と決めつけるのは早慶だと思いますが今回はメリット・デメリットからシリコンの落とし方まで解説していきたいと思います。

シリコンシャンプーによるメリット・デメリット

ノンシリコンを謳って宣伝するメーカーもあれば、シリコンは必要だといってシリコン入りシャンプーを宣伝するメーカーもあり消費者は迷うはずです。

僕たち美容師も結構あやふやなままきてしまっている人も多くいるかもしれません。

そこでまずはメリット・デメリットからおさらいしましょう!

シリコンシャンプーによるメリット

一番のメリットは簡単に手触りをよくしてくれることです!シリコンとは簡単に言ってしまうと髪の毛の表面に付着して手触りをよくしてくれるものです。

シリコンが配合されていることでシャンプー中の摩擦を軽減してくれることができて、シャンプーのみでもサラサラ感が得られることが一番のメリットといえます。

シリコンは安全性もあり髪の毛を守ってくれますし、キューティクルを剥がれないようにひっつけてくれるので手触りが気になる人はシリコン入りのものが使い勝手もいいんじゃないでしょうか。

シリコンシャンプーによるデメリット

はじめにも言ったように、シリコン自体は決して悪いものではありません!シリコン自体が毛穴に詰まってはげるとかキューティクルに付着してキューティクルを剥がすと言ったことはないと言ってもいいです。

じゃあ一番のデメリットはというとシリコンが皮脂などの油とひっつくと過酸化脂質として頭皮や髪の毛に残留してしまうからです。こうなるとカラー・パーマなどもかかりにくくなったりと弊害が生まれてきます。

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

みなさんご存知なノンシリコンシャンプーですがうかつにドラッグストアで安価なノンシリコンシャンプーを使うと痛い目にあうかも?!

ノンシリコンシャンプーのメリット

ノンシリコンシャンプーのメリットはシリコンで余計なコーティングがされないことです

それだけ皮膜されないということなので、素髪の状態で今までコーティングしていた人は髪の毛が軽くなるのを感じるはず。

お客さんでもシャンプー前とかかなりべたつきを感じる人とかはいますがノンシリコンにこだわっている人にはそういう人はなかなかいないです。

そしてカラーやパーマをかける際にもコーティングが邪魔をしないためそういった人よりも色が入りやすかったり、パーマがかかりやすいのもメリットの1つです。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

シャンプーの摩擦でダメージしたり軋みをかんじるようになります。

コーティングがないことでそれだけ外部からのストレスに弱くなってしまうので手触りも悪く感じますし、ダメージ補修も全く期待できません。

特にドラッグストアなどの安価なノンシリコンシャンプーなどは洗浄成分もたいしたことないのでそれがより顕著にでるはずです。

シャンプーは洗浄成分で選ぶ

そもそもシャンプー自体の主成分は水と界面活性剤(洗剤)です。なので美容師目線としてぼくが思うのはもっと品質のいいサロンシャンプーを使うことが一番良いと思っています。

先ほど挙げたメリット・デメリットも価格が安価な場合と言ってもいいぐらいの話であって、サロンシャンプーを洗浄成分にこだわったサロンシャンプーを使っていれば無問題な話だからです。

どうしても低価格帯のシャンプーでは安価なラウレス硫酸Naなどが使われてしまいがちで、洗剤単品では手触りは悪くごわごわした感じの質感になるのでシリコンで手触りをよくしなければいけないという話です。

低価格帯のノンシリコンシャンプーでも同じ原理で、安価な洗浄成分からシリコンを抜いただけの話なので当然洗い終わったあとはきしみや手触りは悪くなります

こちらにもまとめています⬇️

メーカーも売り上げが大切なのでドラッグストアなどで大量に売られている量産型のシャンプーでよく起きる問題ですので本当にヘアケアを頑張っていきたい人には向かないと思います。

ですがコスパ重視で考えている際には上記のメリット・デメリットを見ながら決めるのもありだと思います。

ですのでコスパ重視なのか本格的にヘアケアを頑張りたいかで選ぶ価格帯は変わってきますし、一概にシリコン・ノンシリコンでは区別できません!

『人による』とはそういうことです。

シリコンを落とす方法

ここまでメリット・デメリットをお伝えしながらシャンプーは『洗浄成分で選ぶべき』ということをお伝えしていきましたが、すでにシリコンががっつりついていてべたべたな方のために落とし方の解説です。

シリコンは皮脂などと結びつくと強力に残ってしまうので使うときは他のものと併用したりして残りすぎないようにしてあげることが大切です。

シリコンの落とし方①洗浄力の強いもので洗う

髪の毛がダメージしやすい人などにはあまり勧められませんが、散々言ってきたラウレス硫酸・ラウリル硫酸Naでしっかり洗うというのも1つの手段です。

それ以外にもクレンジング用シャンプーなどである程度落ちるのですでに付着してべたべたになってしまった髪の毛には洗浄力の強いシャンプーで洗うことも有効です。

シリコンの落とし方②炭酸シャンプーで落とす

ぼくはこちらを本命に考えてます。

炭酸シャンプーは血行促進効果やクレンジングが期待できるシャンプーで普段のシャンプーでは取れない汚れなども炭酸効果で浮かばせて取り除いてくれる効果があります。

炭酸シャンプーを1本もっておくとシリコン除去も頭皮ケアも兼ねられるのでぼくもよく使っています。

炭酸シャンプールメント

このルメントは洗浄成分も非常に優秀で炭酸濃度も5000ppmとちょうどよく僕が知る限りでは炭酸シャンプーではナンバーワンです!

炭酸シャンプーも記事にまとめました↓

シリコン・ノンシリコンまとめ

シリコン入りシャンプーにもノンシリコンシャンプーにもメリットとデメリットがあります。

ヘアケア重視であればなるべく避けたい市販品ですが全てがそうというわけではないのですがこれらの問題にぶちあたっている場合にはこういうケースが多いのでご紹介しました。

繰り返しにはなるのですが、やっぱり洗浄成分で選ぶとなると大量に生産して利益を上げなければいけない市販品ではヘアケアには向いてなかったりするのも事実です。

サロンシャンプーのなかにも粗悪品もあったりと混乱しちゃいますが、ちゃんと選べばそれだけダメージソースを減らすことにつながります。

ヒロユキ
髪の毛は傷ませないことが一番の綺麗の近道なので2重にかかる手間を考えればシャンプーにはこだわってほしいと考えています!
スポンサーリンク
【期間限定】人気のホームケアトライアルセットのご紹介

あなたは髪の毛の綺麗の為にシャンプーやトリートメントはこだわって選べていますか?

美容師を仕事としている僕は今まで様々なシャンプーなどを見てきましたが、やはり品質の高い商品は価格も高いのがネックでした。

ですが、ネット限定で購入できるプレミオールトライアルセットの価格には腰を抜かしてしまいました。

品質も高い商品がお試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

はっきり言って品質の高さを保ちながらのこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

プレミオールのお得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

 

おすすめの記事