MENU
ヘアケア商品検索
おすすめトリートメント

ご予約・お問い合わせ

TEL050-8880-2977

受付時間:10:00~17:00(定休日以外)

MAILhaircaretalk@a-w-a.co.jp

300種以上から厳選 本当に良いシャンプーランキング

【白髪染めの間隔・頻度の最適な目安について】プロが解説

白髪染めの間隔・頻度はどれくらいがよいか解説します。

ちゃちゃ

白髪染めをしているんだけど、負担を少なくしたいし、間隔の最適な目安ってある?

こういった疑問を解決します。

早い人で20代から白髪に悩む人も多いですが、対策として白髪染めを選択される人は少なくありません。

白髪染めは一定の刺激性があるため頭皮や髪の毛に良いものとは言えませんが、「髪をキレイに見せてくれる」「白髪を見えないようにしてくれる」ため白髪に悩む人には必須とも言えます。

ひでよし

とはいえ、生えてきた白髪が気になるからと言ってあまり早いペースでの白髪染めは頭皮や髪に負担がかかるので注意が必要です。

自身の白髪染めの最適な頻度・間隔を知っておくことは頭皮や髪の毛の負担を軽減するだけでなく結果的に未来に生えてくる髪への影響も少なくすることができるので必ず確認しておきましょう。

この記事では白髪染めを行う最適な頻度・間隔についてをわかりやすくお話していきます。

【気になる白髪にぴったりなDUOの白髪ケア】

クレイエンスキャンペーン&限定割引実施中なので必見

>効果◎お洒落な白髪染めトリートメント
3種類の色比較と110人の口コミ満足度調査結果分かる!

>白髪染めを長持ちさせるカラーケアシャンプー
サロントリートメント級成分「ヘマチン」配合

スクロールできます

監修者

長崎弘幸(ひでよし)

長崎弘幸

2011年名古屋モード学園美容学科卒業後、名古屋市の美容院など計4店舗を経て、白髪染め専門美容室ソマリ美容室ヘアケアトークを開業。Yahoo!ニュースエキスパートや各種SNSにてヘアケアについて発信中。

著者

ヘアケアトーク編集部

アロマテラピー検定1級取得者、白髪染め専門美容室などのヘアケア知識を有する株式会社AWAメンバーが執筆。口コミで高評価のヘアケア商品を試して評価しています。

監修者は商品の推薦ではなく「商品検証」「選び方」「白髪知識」について監修しています。株式会社AWAは、日本毛髪科学協会厚生労働省消費者庁の発信する情報を基に、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。

目次

白髪染めの間隔・頻度の最適な目安は?

白髪染めは白髪を隠すためには必須のカラーリングです。

ひでよし

白髪染めを綺麗にキープしてあげるのであれば、平均2か月以内の間隔がおすすめです。

とはいえ、先ほどもお話したように白髪染めに限らずヘアカラーには少なからずダメージが伴いますのであなたの髪や頭皮の状態に合わせた間隔・頻度で染めてあげることが必要です。

最適な間隔・頻度を理解して染めてあげることで負担をなるべく減らしてあげることも可能なので確認していきましょう。

【ヘアカラーの頻度・間隔】髪の毛を染める頻度はどのくらい?【目的別】

綺麗に見せる白髪染めの間隔・頻度の目安は【白髪率】

白髪の生え方や気になる部分は個人差がありますが、目安となるのは2か月までに染めてあげるのがおすすめで、更に細かく区切っていくと白髪率がポイントになります。

白髪率とは

全体の毛髪に対しての白髪部分の割合のことです。白髪が生え始めのころは白髪率も低く、加齢とともに増加していきます。

白髪率~10%

ひでよし

白髪率10%とはどれくらいかというと
「一部分だけ白髪が気になる」または「まばらだけど固まって生えていなくて白髪量も少ない」状態です

白髪率10%未満の場合は、部分的な白髪が気になるケースが多く全体染めをする間隔としては2~3か月が目安になります。

部分で気になる場合は部分染めなどの対策もおすすめなので信頼できる担当美容師さんに気になる部位の白髪染めを相談してみるとよいでしょう。

白髪率10~30%

ひでよし

白髪率10%~30%くらいになってくると伸びた部分はかなり気になります。
「1週間から2週間くらいで部分的に気になる場所は出てくるものの染めるまででもない」というのがこの白髪率の特徴。

白髪率30%までの人はMaxで2か月半くらいまでが目安になります。

10~30%までの白髪はまだまだばらつきも多く部分的に集中しているケースがほとんどです。

気になる部位の部分染めなどもはさむことでダメージを最小限に抑えた白髪染めができます。

白髪率30%~50%

ひでよし

白髪率は30%を超えてくると2週間程度で気になってきます。

あまりすぐに気になる場合には担当の方と相談して決めるのもよいでしょう。

ダメージも気になる人の間隔・頻度の目安は?

白髪染めの間隔・頻度を悩まれている人のほとんどが頭皮や髪の毛の負担について心配されています。

白髪染めに含まれる酸化染料・アルカリ剤・過酸化水素水は化学反応で発色して色が入りますが同時に頭皮や髪の毛のダメージになるからです。

そういったダメージも心配になる方は他の方よりも少し期間を開けて【~3か月】のカラーリングをおすすめしています。

頭皮の負担とは具体的にどういったものか

アレルギー接触皮膚炎

酸性染毛剤に分類されるヘアマニュキア以外の白髪染めは酸化染毛剤に分類されジアミンと呼ばれる成分が含まれます。

ジアミンは副作用を引き起こす可能性があり、かゆみや腫れなどの症状があらわれます。

刺激性接触皮膚炎

カラー剤の刺激によって皮膚にかゆみや腫れを引き起こします。

こちらはアレルギー反応などがなくても皮膚刺激に弱い人なら誰にでも起こりうる可能性があり、皮脂の取りすぎた状態での施術や敏感肌の人は注意が必要です。

男性の白髪染めの間隔・頻度は?

男性の場合、女性に比べヘアスタイルが短く白髪がすぐに気になる傾向にあります。

綺麗さや清潔感といった見た目を重視した場合は男性の場合も白髪染めの間隔は~2か月以内に染め直ししてげることがおすすめです。

しかし、先ほども書いたように皮膚刺激に弱い方もいらっしゃいますのでそういった方は根本を開けての施術やヘアマニュキアなど比較的刺激の少ない方法での白髪染めも検討してみるとよいでしょう。

【結論】白髪染めの最適な間隔おすすめは2か月以内

平均として綺麗に見せるための最適な間隔は2か月を目安にするのがよいと思います。

しかし、皮膚刺激に弱い方や負担が気になる人は間隔を少し開けて施術したり比較的刺激の少ない方法での染毛も検討した方がよいでしょう。

また、自宅での白髪染めは残留アルカリでのダメージや皮膚刺激といった観点からおすすめしておりません。

こういったトラブルも、正しい知識を持ったプロに施術してもらうことで回避することが可能なので心配な方は絶対に信頼できる美容師に相談しましょう。

  • 記事内容は事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や安全性を担保するものではありません。
  • 無料で有益な情報を発信し続けるために一部商品では、広告主から当社(株式会社AWA)に報酬が支払われることがあります。
  • 掲載価格に変動がある場合がありますので、最新の価格や商品の詳細情報は、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。

著者情報

株式会社AWAが運営するヘアケアメディア。白髪染め専門美容室ソマリが編集部として執筆を行い、長崎弘幸が記事内容の最終チェックを行っています。美容室に来店されるお客様の悩みを実際に聞きながらヘアケア商品のレビュー、おすすめ商品の紹介、その他髪悩みを解決する情報を発信しています。

関連商品

目次