スポンサーリンク

お客さんにもたまーに言われます。市販のヘアカラーでおすすめないですか??って‥   検索でたどり着けた方は市販カラーのおすすめを探している最中だとは思いますがもう一度よく考えてもいいんじゃないでしょうか??

結論から言うと、『ショート』『メンズ』以外の人は自分でカラーを行った場合90%くらい失敗します。ここで言う失敗とは『過剰なダメージ』『色ムラ』『染まっても希望色にならない』ということを指して言ってます。

美容師も10年近くやっていると自分でカラーをして失敗したあとのなおしを美容室にしにくる人を何人も見てきました。

楽しようと安くしようとして結局2度手間になるならはじめからプロに任せればそうならずにすむはずです。金銭的に余裕がなければカラー専門の激安店でも自分で染めるよりははるかにマシなのでそちらへ行った方が良いです。

自分でやって失敗してしまって後悔してしまう人を少しでも減らすためにこの記事を書いています。

そんなこと言っても染めちゃう人もいると思うので記事の最後に美容師的にもこれならおすすめできるなというカラー復元トリートメントというものだけ紹介してます。

市販カラーとサロンカラーの違い

まずアルカリ剤が違います。アルカリ剤が違うのはどういうことかと言うと美容室でのカラーの方が匂いがきついと思いますがそれはアルカリ剤にアンモニアを使い揮発させるためです。

揮発するアンモニアを使うことでアルカリの残留を大幅に減らし後々のダメージを抑制します。市販のカラー剤は主にモノエタノールアミンというにおいが気になりにくいアルカリを用います。

これは不揮発性のため髪の毛に残留しやすく後々のきしみやダメージにつながります。  

これもよく言われることですが市販カラーでは塗り分けるという概念がなく、根元を染めた薬で毛先まで塗ってしまいますがこれもあまりよくないです。

既にカラーをしていて2回目以降だと根元の暗い部分と毛先の部分では必要なブリーチ力が違いますしダメージも違います。

美容室で行うカラーではダメージや明るさを見て部位ごとに塗り分けるため負担が少なくなります。   そして自宅で染めたあとのシャンプーだと洗い残しが結構な確率で起こります。

ですが美容室でのカラー後のシャンプーでは乳化という工程を踏みます。

これはいわばオイルクレンジングと同じような原理でお湯とカラー剤に含まれる油分で地肌や髪の毛から不安定な染料を浮かせ綺麗にするのです。この段階である程度の汚れも落ち、色も馴染んでいきます。

サロンカラーと市販カラーの違い
  • アルカリ剤が違うことでくる後々のきしみ
  • 塗り分けられないことからくる毛先の負担が大きい
  • 乳化がないことや自分での洗い残しによる後々のダメージ

美容師から見る市販カラー

ここまで言っておいてなんですが美容師的には僕はそこまで批判的じゃないほうかと思います。

自分のお客さんでもずっとショートの方やメンズなど髪の毛を伸ばさない人にはOK出してたりもします。

考えてもらえればわかりますがこれがロングとかになってくると、何年も前にセルフカラーした部分が毛先にくるので全くまとまらなくなります。

ショートやメンズでも伸ばすときは市販カラーを止めますが切り続ける場合にはよしとしてます。   市販カラーのメリットとしては安いですし自宅でできる気軽さですよね。

僕も美容師になる前は自分で色々やったりしたのでよくわかります。ですが同時に髪の毛を綺麗にしたいと思っている方には思い留めてもらえればと思います。

ヘアケアは複合していくことが大切なのでなにか楽してしまえばそのツケは必ず数年後にダメージとして出るからです。

どうしても染めたいときは

ここまで市販カラーの危険性をお伝えしていましたがそれでも染めたい方はいると思います。ただ、ヘアカラーチェンジは絶対と言っていいほどやめたほうがいいです

ヘアカラーチェンジというのはアッシュ→ピンク系などのように色の枠を大きく変えることです。カラーチェンジは髪質によっては美容師でも難儀な場合があるほどなのにそれをお手軽に自分でなんてリスキー極まりないですからね。

なので総合して市販カラーにおすすめはないと言っています。

そこでそれでも市販カラー探している方におすすめしているのがカラー復元トリートメントとよばれるアイテムです。

カラーを染めたくなる時って毛先も色が抜けて明るくなってきて根元が伸びてきた時ですよね??カラー復元トリートメントはサロン品質の成分で抜けた色を蘇らせることができます 【公式サイト】いろもち(iro-mochi)

市販のカラーでは数年後の毛先を傷めつけてしまうのでサロンカラーとカラー復元トリートメントの併用で美容室のカラーを長持ちさせる発想に転換させるのをおすすめしてます。

その方が髪の毛的にも負担少ないし色も綺麗なので長期間綺麗な状態を維持しやすいですからね。

まとめ

市販カラーは手軽さの裏に多くの危険があります。

髪の毛が綺麗な人は絶対してないですよね??細かい色ムラやきしんでるのをごまかしてる毛先も見る人が見ればわかります。見ても触っても綺麗な髪の毛を目指して頑張っていきましょう。

スポンサーリンク
【期間限定】人気のホームケアトライアルセットのご紹介

あなたは髪の毛の綺麗の為にシャンプーやトリートメントはこだわって選べていますか?

美容師を仕事としている僕は今まで様々なシャンプーなどを見てきましたが、やはり品質の高い商品は価格も高いのがネックでした。

ですが、ネット限定で購入できるプレミオールトライアルセットの価格には腰を抜かしてしまいました。

品質も高い商品がお試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

はっきり言って品質の高さを保ちながらのこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

プレミオールのお得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

 

おすすめの記事