menu
category
ビヨウシ【H】の画像
ビヨウシ【H】
本音シャンプーレビューを中心にヘアケア方法などを発信。
インスタも毎日更新しているのでチェックしてみてください。
(現在サイト改修中の為見づらくなっております)
あなただけのカスタマイズができるヘアケア MEDULLA

【シャンプー選びで洗浄成分が大切である理由】美容師解説

自分に合うシャンプーはどれかなと探している時にネットなどで探している人も多いはず。

ネットで美容師さんや成分解析のサイトなどをみていると

シャンプー選びで大切なのは洗浄成分」というのを見かけた方も多いのじゃないでしょうか?

結論から言いますと、洗浄成分が一番大切なのは間違いないです。

なぜなら髪の毛は、シャンプーでダメージしているから

お得なお知らせ
ビヨウシ【H】のアイコン画像ビヨウシ【H】

ホームケア用品が揃えられるお得なセットが登場!
いつ終わるか僕も分からないので気になる方はお早目に!

\「期間限定」買い切りで次回¥3000off券付/

目次

シャンプーで最も配合量の多い成分

シャンプー成分割合

シャンプーの成分中のほとんど(半分以上)は水でできており、水は各メーカーほぼ違いはありません。

となると次点で配合量の多い成分がシャンプーの性格を決めるものであると考えることができます。

ビヨウシ【H】のアイコン画像ビヨウシ【H】

それが界面活性剤です。

洗浄の役割を担う界面活性剤

界面活性剤には大きくわけてイオン性界面活性剤と非イオン界面活性剤の2つ。

イオン性界面活性剤は更に陽イオン・陰イオン・両性の3つに分類されます。

このうちシャンプーに最も含まれるのは陰イオン界面活性剤です。

陰イオン界面活性剤はマイナスの電荷を持つ

シャンプーに使われる陰イオン界面活性剤のうち洗浄力の強い成分で代表的なのはラウレス硫酸Naなどがあります。

シャンプーはダメージの原因

ビヨウシ【H】のアイコン画像ビヨウシ【H】

基本的にはシャンプーは髪を傷めるものです。

衣類の洗濯で例えるとわかりやすいかもしれません。

  • 色付きの洋服を一ヶ月間強い洗剤で洗濯した場合
  • 色付きの洋服を一ヶ月間優しい洗剤で洗濯した場合
ビヨウシ【H】のアイコン画像ビヨウシ【H】

洋服の劣化はどちらが早いか想像がつきますよね?

当然、「色付きの洋服を一ヶ月間強い洗剤で洗濯した場合

の方が早く劣化してしまいますが、髪の毛大体同じです。

髪の毛はんだら元には戻らないので、ダメージさせないことが一番重要。

毎日のシャンプーで髪の毛に負担をかけないためには優しい洗浄力で洗ってあげることが大切です。

【結論】補修成分や香りの前に洗浄力チェックを

  • シャンプーはそもそも傷むもの
  • 洗浄力が強ければ強いほど傷む
  • 洗浄力を優しいシャンプーにすれば負担は減る
ビヨウシ【H】のアイコン画像ビヨウシ【H】

今回の記事では、こういった内容でした。

もちろん補修成分や香りも女性にとっては大切な要素であるのは間違いないのですが、洗浄成分が優しいもののなから選ぶことを強くおすすめします。

成分やメリットをしっかり考えてランキング記事も作成してみましたのでシャンプー選びに悩んでいる方はご参考ください

【期間限定のトライアルセット】

サロン品質でこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

お試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

お得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

目次
閉じる