【シャンプーの洗浄成分を種類毎に美容師解説】洗浄力の強弱とおすすめ洗浄成分

シャンプー選びに重要なことは洗浄成分の良し悪しだと当ブログでも度々お話しさせてもらっています。

もちろんシャンプーには数々の成分が配合されており、一概には言えない部分もありますが、シャンプーの中でも水の次に最も多い成分である洗浄成分についてチェックできるようになれば、『ダメシャンプー』を選んでしまうようなことは避けられます。

そして洗浄成分ごとに特徴がわかれば、今あなたがしているシャンプーの選び方よりも精度の高いシャンプー選びができるようになります。

精度の高いシャンプー選びとは『あなたの髪質にあったシャンプー選び』のことで、これができれば髪の毛のダメージ予防ができ美髪をつくっていくことができるようになります。

  • シャンプーの洗浄成分の種類は?
  • シャンプーの洗浄成分の見分け方は?

ですが、シャンプー選びにおいて洗浄成分で選ぶことが大切だとわかってもなかなか一人ではどの洗浄成分がいいのかわからないといった人も多いのではないでしょうか。

そこでシャンプーに使われる洗浄成分をまとめて種類ごとにわけて解説することにしました。

この記事の内容
  • シャンプーの洗浄成分の種類について
  • シャンプーの洗浄成分の種類ごとの特徴
  • シャンプーの洗浄成分で避けるべき洗浄成分とは

僕は現在美容師として活動中でして、一般の人よりもシャンプーの成分について日々勉強していますので参考になるはず。

シャンプーの洗浄成分について

アミノ酸系シャンプー高級アルコール系シャンプー石鹸系シャンプー
髪・頭皮への負担優しい強い強い
洗浄力弱いかなり強い強い
泡立ち弱い強い強い
洗い上りしっとりさっぱりさっぱり、きしむ
価格高い安い安い

洗浄成分はこのように、3つに分類することができます。

高級アルコール系洗浄成分、石鹸系洗浄成分共に、よく泡立ちしっかりと洗えることができ尚原価も安いのが特徴です。

反対にアミノ酸洗浄成分は頭皮や髪の毛をマイルドな泡立ちで優しく洗うことができるのが特徴で原価も少し割高です。

シャンプーで洗浄成分が大切な理由

シャンプーの成分割合

シャンプーの成分中、水の次に最も多い成分が洗浄成分です。

そのため洗浄成分の価格が高くなればシャンプーの価格も上がるし、洗浄成分の品質が低ければシャンプーの品質も低くなる傾向にあります。

アミノ酸系洗浄成分の見分け方

「ココイル〜」ココイルグルタミン酸、ココイルメチルタウリンNa、ココイルメチルアラニンNa、ココイル加水分解コラーゲン、など
「アラニン~」

ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルアラニンTEA

「~ベタイン」
コミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタイン

アミノ酸洗浄成分はまだまだ他にもありますが、代表的なものやよく使われるものを書き出してみるとこのような感じになります。

アミノ酸洗浄成分は基本的には適度な洗浄力と弱酸性のマイルドな泡で髪の毛・頭皮を優しく洗うことができるので美容師としても一番おすすめしています。

1ココイル系洗浄成分

ココイル系の洗浄成分とは『ココイル〜』と表記されている成分のことです。

ココイル系の成分は非常に種類が多いので一概には言えませんが、しっとりして髪の毛の保湿を助けてくれる洗浄成分でもあります。

価格が少し高めのアミノ酸系シャンプーに配合されており保湿効果が高いので髪の悩みがある女性に特におすすめです。

ダメージ毛やくせ毛、パサつき、広がりの悩みがあるひとは毛髪保護の効果でダメージをおさえるココイル系シャンプーをチェックすることをおすすめします。

「ココイル〜」系シャンプーの記事

2アラニン系洗浄成分

洗浄力が弱めなアミノ酸系洗浄成分の中でも洗浄力が適度にあり、バランスが良いのがアラニン系の洗浄成分です。

ラウロイルメチルアラニンNaなどがあり、僕自身もこの成分をメインに配合されているシャンプーは一番おすすめしています。

類似成分でラウロイルアスパラギン酸という成分が使われていることもありますが、こちらもラウロイルメチルアラニンNaと同じような性質で洗うことのできる優秀な洗浄成分ですので一緒に覚えておきましょう。

髪の毛や頭皮に刺激が少なく優しく洗えて洗浄力もあるという優秀な成分ですが価格が高めなのがデメリットです。

ですのでメインに配合されているシャンプーの価格は少し高くなってしまいがちです。

ですがココイル系同様、毛髪保護にも役立ちハイダメージやくせ毛、切れ毛、パサつきなどあらゆる髪の毛の悩みに適しています。

髪の長さがミディアム以上の女性ならば使い心地と髪の滑らかさの虜になうのではないでしょうか。

月1でブリーチしてる僕もアラニン系シャンプーのハーブガーデンを使ってますが、使用感としては『ダメージで悩む人につかってほしい』と思っています。

「〜アラニン」系シャンプーの記事

3ベタイン系洗浄成分

ベタイン系の洗浄成分はベビーシャンプーなどにも含まれる優しく洗うことのできる洗浄成分です。

ですが、上記2種と違いコスト面も高くなく市販シャンプーにもコカミドプロピルベタイン配合のシャンプーはよく見かけます。

とは言っても市販シャンプーの場合は後述する高級アルコール系洗浄成分がメインに配合されていることがほとんどなためダメージ毛やパサつく人にはおすすめできません。

「ココイル系」や「アラニン系」がメインに配合されておりサブの洗浄剤としてベタイン系が配合されているシャンプーがおすすめです。

高級アルコール系洗浄成分の見分け方

高級アルコール系洗浄成分ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、オレフィン(C12-C14)スルホン酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、側鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na(ABS)、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na(LAS) など

高級と聞くと高価な意味に勘違いしてしまうかもしれませんが、上等という意味ではなく分子中の炭素が多いという意味です。

一般的な市販シャンプーにはメインの洗浄成分としてこれらが配合されていることが多く価格も安いため大量生産に向いています。

1ラウリル硫酸Na

現在ではあまり見かけなくなった洗浄成分がラウリル硫酸Naです。

ラウリル硫酸Naは分子が細かく頭皮や髪の毛に残りやすい性質を持ちながらタンパク質を変性させるパワーもありシャンプーの成分としては一番おすすめできない成分です。

外資系のシャンプーではいまだに、使われている商品もあり香りやパッケージだけで間違っても手にとってしまわないようにしましょう。

2ラウレス硫酸Na

ラウレス硫酸Naについてはネット上で様々な意見が飛び交っていますが、こちらもおすすめできない成分として有名です。

ラウリル硫酸Naのように残りやすかったりタンパク質を変性させるパワーはありませんが高い脱脂力で使い続けることで頭皮の乾燥や髪の毛のダメージになります。

他の洗浄成分との配合で補助に使われているくらいなら問題ないと考えていますが水の次にラウレス硫酸Naがきたらそっと棚に戻してあげましょう。

石鹸系洗浄成分の見分け方

石鹸系洗浄成分石けん用素地、オレイン酸Na、ラウリン酸Na、脂肪酸Na、ステアリン酸Na、脂肪酸カリウムなど

石鹸系の洗浄成分は高級アルコール系シャンプーと同等の洗浄力かそれ以上のパワーがあり、こちらも使い続けると乾燥してしまう恐れがあります。

また、お肌や髪の毛が弱酸性であるのに対し石鹸系洗浄成分は弱アルカリ性なため刺激性も多少あり負担となります。

洗浄力が強く、アルカリ性なため洗い上がりにきしみが出たりすることもあるのでダメージヘアやパサつきが気になる方にはあまりおすすめできません。

【結論】アミノ酸洗浄成分がおすすめ

シャンプーのボトル

あなたがもし皮脂の分泌が多くべたつきが気になるのであれば洗浄力が強いタイプを使うことも考えてもよいかと思います。

ですが、長期間の使用やダメージ、くせ毛の収まり、毛先のパサつきなどを考慮してヘアケアをしていくのであればアミノ酸洗浄成分で優しく洗えるシャンプーを使うことをおすすめしています。

髪の毛を綺麗にしていく一番の方法はダメージの予防であり、髪の毛の負担となる洗浄力の強さはあまりおすすめできないからです。

洗浄成分を美容師がしっかりと見てシャンプーのランキング記事を作成しましたのでご参考ください。

皮脂分泌が多い方の選択肢

皮脂分泌の多いかたが洗浄力の強いシャンプーという考え方は少し安直です。

炭酸シャンプーなどのように洗浄力ではなく炭酸効果で皮脂や汚れを落としてあげるほうが髪の毛にも頭皮にも優しく洗うことができます。

また、皮脂は乾燥することによっても過剰分泌することもあります。

あなたのべたつきがどこからきているものか見極めてヘアケアしていきましょう。

    【期間限定】人気のホームケアトライアルセットのご紹介

    あなたは髪の毛の綺麗の為にシャンプーやトリートメントはこだわって選べていますか?

    美容師を仕事としている僕は今まで様々なシャンプーなどを見てきましたが、やはり品質の高い商品は価格も高いのがネックでした。

    ですが、ネット限定で購入できるプレミオールトライアルセットの価格には腰を抜かしてしまいました。

    品質も高い商品がお試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

    はっきり言って品質の高さを保ちながらのこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

    プレミオールのお得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

     

    おすすめの記事