スポンサーリンク

髪の毛が静電気の影響で顔やおでこに張り付いたり広がってしまったりすることありますよね。

特に冬場は静電気が起きやすい季節としても知られていますが、あなたの髪の毛は静電気対策はしっかりとできていますか?

実は静電気で起きる影響をほっておくと髪の毛の負担になりダメージしてしまうことになります。

  • 髪の毛の静電気はなぜ起きるの?
  • 髪の毛の静電気を防ぐにはどうすればいいの?
  • 静電気が髪の毛に発生したあとの対策は?

こういった【髪の毛の静電気の悩み】に答えます。

僕自身現役の美容師として活動中でお客さんの様々な髪の毛の悩みを日々解決しています。

この記事では、現役美容師が髪の毛の静電気に悩む女性のために解決法&対策を起きる原因とあわせて解説していきます。

冬場など乾燥した時期に静電気に悩む女性は必見の内容です。

静電気が髪の毛に与える影響

髪の毛の静電気で悩む女性

ヒロユキ
冬場などの乾燥しやすい時期におこる静電気。
かのじょ
髪の毛にはどんな影響があるのかみていきましょう。

1静電気により髪の毛が広がる

静電気がおきると髪の毛は広がってしまいます。

静電気は性質的にひっつきあったり反発しあう性質を持っているため反発しあった場合に髪の毛は広がってしまいます。

髪の毛が広がってしまうとせっかく綺麗にスタイリングしたセットやアレンジも崩れやすくなります。

2髪の毛がはりつく

髪の毛がおでこにはりついたりボリュームダウンしたりもします。

広がりの現象とは真逆でこちらの場合は静電気によってひっつく性質が働いておこりますが、特に猫っ毛などの髪の毛の細い人の場合はこちらで悩む方が多いと感じています。

3髪の毛のダメージにも

静電気は髪の毛のキューティクルを傷つけてしまいます。

乾燥や摩擦によって起こる静電気は、溜まって放出されることで痛みを伴う電流が走りますが、その時の電流の負担は髪の毛に与える影響が大きくダメージの原因になってしまうので注意が必要です。

髪の毛に静電気が発生する原因

静電気が発生している女性

静電気が発生すると髪の毛へは『パサつき』『はりつく』『ダメージ』などの影響があるとわかりましたが、髪の毛に発生する原因を見ていきましょう。

大きくわけて2つの原因があります
  • 乾燥
  • 摩擦

髪の毛における乾燥や摩擦は静電気の発生を促します。

【原因①】髪の毛の乾燥

ヒロユキ
あなたの髪の毛は毎日ケアして潤いを保てていますか?
かのじょ
ダメージ毛や乾燥している髪の毛の場合静電気の発生しやすい原因をつくっています。

とくに静電気の気になる冬場ではエアコンの使用で室内が乾燥していることが多いです。

トリートメントをつけていなかったり、キューティクルがすでに傷んでいる髪の毛の場合には、髪の毛に必要な水分も内部に閉じ込めておくことができずに乾燥してしまいます。

また髪の毛を自然乾燥させることも髪に必要な水分を飛ばしてしまうので乾燥してしまいます。

髪の毛の乾燥やダメージは静電気が起こりやすいので注意が必要です。

【原因②】摩擦

ヒロユキ
静電気は摩擦が原因で起こります。
かのじょ
特に髪の毛の長い女性の場合は摩擦が起こりやすいです。

髪の毛どうしが接触することで摩擦しあい乾燥している時期には帯電してしまうため静電気の発生する原因となります。

冬場は髪の毛を伸ばしがちな季節ですが、摩擦が起こりにくいボブなどの面で見せるスタイルなどにするのも一つの手段です。

ですが髪の毛を切りたくない女性も多く見えると思いますので、後述する予防と対策をご参考ください。

髪の毛の静電気を予防する方法

静電気を予防するシャンプー

髪の毛の『乾燥』と『摩擦』が原因で静電気が発生することがわかりました。

つまり、髪の毛の静電気を予防していくには『髪の毛の保湿』が必須です。

またシャンプーだけでなくトリートメントまでしっかりとつけてあげることも静電気対策には非常に有効です。

1保湿効果の高いシャンプーを使う

ヒロユキ
あなたが今お使いのシャンプーは保湿効果が高いものでしょうか?

シャンプーには様々な種類や特徴がありますが得意不得意があります。あなたがもしも乾燥させるほどの高い脱脂力をもつ強いシャンプーを使っているならば、それを変えるだけでも静電気は軽減されます。

シャンプーの成分中最も割合の高い洗浄成分が品質の高いアミノ酸洗浄成分の場合、保湿効果だけでなく補修効果まで見込めるものもあります

シャンプーが原因で乾燥させてしまっている人は非常に多いです。

乾燥してしまうと静電気が発生しやすい状況をつくってしまうので、冬場などは特に保湿効果の高いシャンプーで洗うように心がけましょう。

市販価格にはコスト面では負けますが、サロン品質の保湿効果の高いシャンプーを使うとそれだけで静電気対策になるのでぜひ取り入れて見てください。

2トリートメントをつける

電気にはプラスとマイナスの2種類があり、どちらか一方に偏った場合に静電気が発生します。

あなたは毎日洗髪したあとにトリートメントまで髪の毛につけているでしょうか?

シャンプーに含まれる洗浄成分はアニオン界面活性剤といいマイナスの電気の性質があります。

それを中和させる効果がプラスの性質のカチオン界面活性剤が含まれるトリートメントなのです。

ですから、トリートメントはつけるだけで静電気防止対策になり、静電気の起こりにくい土台をつくってくれます。

3洗い流さないトリートメントをつける

洗い流さないトリートメントは保湿効果をさらに高めてくれる働きがあります。

わたしたちの髪の毛は『カラー』や『パーマ』さらには『コテ巻き』などといった外部の刺激を受けて日々ダメージしています。

シャンプーで保湿効果を高めるのももちろんですが、シャンプーは洗い流すものなのでそれだけではまだまだ保湿力は不十分なのです。

濡れている状態で乾かす前につける洗い流さないトリートメントは高い保湿力で髪の毛を潤わせ乾燥から守ります。

髪の毛に静電気が発生してしまった場合の対処方法

静電気を対策するクリーム

ここまで予防していも、乾燥している室内にずっといたり真冬ですごく外が乾燥していると静電気が発生してしまうことがあります。

そんな時にはバッグに洗い流さないトリートメントを忍ばせておくことをおすすめします。

1ミニサイズの洗い流さないトリートメントを持ち歩く

価格・内容量 シャンプー
トリートメント
ヘアオイル
21日間分3点セットで1980円
香り アロマティックフローラル
潤い・まとまり
美容師評価

洗い流さないトリートメントは濡れている時に乾かす前に使うものですが、静電気が発生して気になる時でも効果的です。

ミニサイズの洗い流さないトリートメントであれば持ち運びに便利でちょっとした外出先などでも気軽に使用できますのでバッグに1つ忍ばせておくと安心できます。

おすすめはこちらのプレミオールです。

その理由は保湿効果の高いシャンプーとトリートメントもセットになっていて2000円と正直美容師泣かせの価格破壊のトライアルセットが出ているからです。

【結論】予防と対策は必須

髪の毛の静電気について美容師の知識をフル活用してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

特に冬場は静電気が異様に気になる季節です。

乾燥毛やダメージヘアの人には髪の毛の悩みが増える嫌な季節なのではないでしょうか?

静電気予防対策まとめ
  • シャンプー・トリートメント・アウトバスでの保湿で予防する
  • ミニサイズのアウトバスで対策

こちらが美容師として僕が導いた最前の予防と対策ですのでぜひ実践して取り入れて見てくださいね。

スポンサーリンク
【期間限定】人気のホームケアトライアルセットのご紹介

あなたは髪の毛の綺麗の為にシャンプーやトリートメントはこだわって選べていますか?

美容師を仕事としている僕は今まで様々なシャンプーなどを見てきましたが、やはり品質の高い商品は価格も高いのがネックでした。

ですが、ネット限定で購入できるプレミオールトライアルセットの価格には腰を抜かしてしまいました。

品質も高い商品がお試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

はっきり言って品質の高さを保ちながらのこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

プレミオールのお得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

 

おすすめの記事