スポンサーリンク
洗い流さないトリートメントの正しい使い方が知りたいな。この使い方で合っているのかなぁ。。。

ヘアケアに関心のあるみなさんなら洗い流さないトリートメントは使っていると思いますが、使い方は本当に合っていますか??

お客さんに実際に聞き取りしている中で、間違った使い方や効果の薄い使い方をしている方がたくさんいました。

間違った使い方をしているとせっかくの効果も半減してしまいます。

「つける量」「つけるタイミング」「スタイリング」など洗い流さないトリートメントと言っても使い方は様々ですが、この記事ではダメージ予防のために毎日お風呂上がりの使い方について解説していきます。

髪の毛に正しい使い方で洗い流さないトリートメントを使ってあげることでダメージ予防にもなり綺麗な状態でいっれるようになります。

ヒロユキ
美容師としてたくさんの人の髪の毛を触ってきたなかで専門知識を交えながら解説していきます。

洗い流さないトリートメントの効果

ヒロユキ
洗い流さないトリートメントには様々な効果があります。主にはダメージ予防ですが近頃の製品は髪内部を保湿・補修してくれるものまで様々です。

洗い流さないトリートメントで髪のダメージを遮断しつつツヤ髪効果も

洗い流さないトリートメントの一番の役割はなんといっても熱ダメージ抑制です。

オイルやミルクはもともとこの熱から守る髪の毛を守るケアアイテムなのでダメージ予防効果はかなり高くヘアケアには必須アイテムです。

そのほかにも

  • 枝毛やパサつきを抑える
  • くせのうねりや広がりの軽減
  • まとまらない毛先がつるんとまとまる
  • 気になる部分のボリュームダウン
  • 濡れ髪スタイリング

といった効果がありいろんな髪質の人に使うことができる万能ケアアイテムです。

乾燥やダメージの原因を未然に防ぐのでツヤのある髪の毛にしてくれます。タイプ別に合わせて使うことでうるおいたっぷりなツヤ感のある髪の毛やペチャッとしやすい猫っ毛の人にはハリコシを与えるなどの効果も。

洗い流さないトリートメントをつけずに乾かしてるくせ毛の人は『くせのうねり見て~』って言ってるようなもんですし、

ダメージ毛なのに洗い流さないトリートメントをつけずに乾かしてる人は『この傷んだ髪を見よ』と言ってるのと同じです。

美容師目線で心から思うのはくせ毛の人には洗い流さないトリートメントは本当に使ってもらいたいということ。

くせ毛は髪内部の水分バランスが不均一になっていることがよりクセをひどくする原因です乾かす前にオイルなどでコーティングしてあげることで髪に栄養を与えながら水分を閉じ込めることでクセのうねりや広がりを軽減させられます。

これはダメージが気になる人も同じで、髪がダメージでパサついているとさらに栄養が流出してしまう悪循環に陥ってしまうからです。髪の毛の水分バランスを整えたり栄養補給などの効果を見込める洗い流さないトリートメントを活用してツヤ髪になりましょう。

洗い流さないトリートメントをつけないことで起きる髪のダメージ

一番のダメージは熱ダメージです髪の毛のたんぱく質が熱変性を起こしてしまう温度は濡れている状態で60度乾いた状態で130度と言われていて髪の毛が濡れた状態がいかに弱い状態かというのがわかるとおもいます。

洗い流さないトリートメントをつけないことでこのダメージを直撃させることになります。ほかにも1日生活しているだけで髪の毛は様々なダメージにさらされています。

  • 熱ダメージ
  • 紫外線ダメージ
  • 乾燥ダメージ

などなどがあり、洗い流さないトリートメント1つでこれらを未然に防ぐことがヘアケアでとっても大切なんです!

洗い流さないトリートメントは水分バランスを整えたり栄養を補給してくれる役割もあるので、くせ毛の人は洗い流さないことでくせを出しやすくしてしまっているかも。

クセのぱさつきやうねり、ダメージのっぱさついた質感や枝毛も洗い流さないトリートメントをつけないことで出しやすい状態になってしまいます。

洗い流さないトリートメントの効果的な使い方

ヒロユキ
洗い流さないトリートメントの効果は正しく使うことでより高められます。
洗い流さないトリートメントを効果的に使うための方法をご紹介します。

洗い流さないトリートメントの効果を高めるタイミング

効果を高める。より実感してもらうタイミングはずばり入浴後の髪の毛を乾かす前です。髪の毛を乾かす時のドライヤーで髪の毛が傷つかないようにしてあげることで熱から守ってあげられるからです。

さらに、髪の毛の表面は普段キューティクルがうろこ状に並んで守ってくれているのですが、濡れている時はキューティクルが開いた状態です。

この状態だと外部からの刺激が加わりやすいのですが、同時に栄養も浸透しやすいです。ですので内部補修もできる洗い流さないトリートメントなどを使っている場合は特にこのタイミングで使うようにしましょう!

より浸透してくれることで髪の毛の水分バランスも整い乾いても潤った状態でキープできます。

髪の毛がひどくパサつくダメージ毛やくせ毛の場合は乾かす前と乾かした後の2回つけても大丈夫です。

ただ、この時つけすぎるとべたつくだけなのでつけすぎないようにしてくださいね。基本的には2回つけるときは寝る前よりもスタイリング時がおすすめです。

洗い流さないトリートメントの理想的な使用量

ショート 1プッシュ
ミディアム 2プッシュ
ロング 2プッシュ〜

理想的な量は髪の毛の量にもよりますが大体1〜2プッシュ程度が適量です。ここでもつけすぎはべたつきの原因になるので少なければ足していくぐらいがちょうどいいです。

上の表を目安にプッシュして出すとわかりやすいかと。

多毛な人やくせ毛のぱさつきが出やすくて悩んでいる人などは目安よりももうワンプッシュして足りなければ足すといった感じで使っていくことで適量になります。

多すぎてもべたつきの原因になり、少なくても効果がより感じにくくなってしまい、良い洗い流さないトリートメントを使っていても実感できなくなってはもったいないので気をつけましょう。

スタイリングにも効果的な洗い流さないトリートメント

ここ最近では濡れ髪スタイリングがずっとトレンドです。ボブからミディアムくらいまでの外ハネスタイルなんかは特に濡れ髪スタイリングと相性がいいです。

スタイリングでオイルを使う場合はつけすぎないように気をつけて毛先からつけるようにしてください。ここでもつけすぎはべたべたしすぎるので注意です。

洗い流さないトリートメントの効果を半減させる使い方

洗い流さないトリートメントは髪の毛のダメージ予防や質感向上に使うものです。正しく使えればそれだけ効果が見込めるものの間違った使い方をすることで、効果どころかマイナスにも。

よくある間違いが頭皮にもつけているといったもの。

洗い流さないトリートメントには油分が含まれていて根元にべたべたつけるのはあまりふさわしくありません。

かゆみやフケ、臭いといった頭皮トラブルの原因になってしまうので頭皮にはつけず髪の毛の毛先をメインに使ってあげてください。

髪型でハチがはってきやすい人にはボリュームダウンにオイルやミルクは非常に効果的でぼくお客さんにしてあげることもありますが、油分はそのままほっておくと過酸化脂質に変化してしまうのでスタイリングで使ったあとは丁寧に洗ってあげてくださいね。

正しい使い方でダメージ予防をして綺麗な髪に

髪の毛を綺麗にするためには毎日のヘアケアは必須です。

髪の毛は毎日様々なストレスの影響をうけるためそれを守ってくれるアイテムが必要です。

洗い流さないトリートメントは毎日のダメージを予防してくれるだけじゃなく髪への栄養も補給してくれるアイテムもたくさんあります。

この機会にぜひつかってみてダメージ予防の習慣をつけていきましょう。

スポンサーリンク
【期間限定】人気のホームケアトライアルセットのご紹介

あなたは髪の毛の綺麗の為にシャンプーやトリートメントはこだわって選べていますか?

美容師を仕事としている僕は今まで様々なシャンプーなどを見てきましたが、やはり品質の高い商品は価格も高いのがネックでした。

ですが、ネット限定で購入できるプレミオールトライアルセットの価格には腰を抜かしてしまいました。

品質も高い商品がお試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

はっきり言って品質の高さを保ちながらのこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

プレミオールのお得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

 

おすすめの記事