menu
おすすめトリートメント
category
ビヨウシ【H】
本音シャンプーレビューを中心にヘアケア方法などを発信。
インスタも毎日更新しているのでチェックしてみてください。
(現在サイト改修中の為見づらくなっております)
web限定のお得な商品▶プレミオール

【シリコン入りシャンプーが悪いは嘘?】メリット&デメリットをプロが解説

シリコン入りシャンプーが悪い」なんて話は聞いた事がある人が多いはず。

ですが、実は中小メーカーが大手メーカーに勝つためにでっちあげた企業戦略だという話は有名です。

特にハイダメージ毛やパサつき、枝毛が気になる人の場合にはシリコンインのシャンプーやトリートメントも活用することが重要。

ですが、まだまだ「シリコン入りシャンプー=悪い」と思っている人が多いのでわかりやすく解説していきます。

これを見ればシリコン入りかノンシリコンかで悩まず、さらに髪の良い状態をキープし続けられる方法もわかります。

シャンプーに処方されるシリコンは正式にはシリコーンです。一般的にはシリコンで浸透しているのでそちらで進行していきます。)

シャンプーに処方されているシリコンは髪に悪いの?

ひでよし

結論から言うと、シリコン入りシャンプー=悪いということはないです。
シリコン入りシャンプーに限らずなんでもメリットとデメリットがあるので理解して髪に合う商品を選ぶことが重要です!

  • コスパも内容も求める人におすすめ!
  • ダメージ毛もしっかりと保湿
  • 4000円相当のセットが1980円(公式限定)
  • 買い切りなのに次使える3000円OFF券付き
タップできる目次
ひでよし
美容業界歴10年以上。500本以上のシャンプーを購入して試したシャンプーマニアです。
成分だけでは分からない泡立ち・香り・まとまりなどの使用感も詳細に伝えていきます。

シャンプーに処方されるシリコンの誤解

シャンプーに処方されるシリコンの誤解
  • 毛穴がつまる
  • キューティクルを剥がす

これらはすべて間違いです。

ネットでは様々な言われようをしていたシリコンですが、シリコン単品で害をなすものではないです。

これは化粧品大手のメーカー資生堂さんのホームページでも言われています。

シャンプーやコンディショナーに配合されているシリコーンは、その特長である安全性をいかした独自の配合を実現しています。そのため、頭皮や毛髪に負担をかけることはなく、かゆみや抜け毛の原因にはなりません。

【知って、なるほど化粧品】シリコンについて|watashiby資生堂

大手美容メーカーの資生堂さんの他、花王さんなども詳細なデータと共にシリコンの無害を説明してくれています。

では、なぜこんなにシリコンシャンプーが悪者になっているかというと企業の販売戦略によるもの。

主流だったシリコンインシャンプーを危険視することでノンシリコンシャンプーで売り上げを伸ばそうともくろんだ中小メーカーの販売戦略だったんです。

ひでよし

消費者はあたかもシリコンインのシャンプーが悪いものだと刷り込まれていったんですね。

シリコン入りシャンプーのメリット

シリコン入りシャンプーのメリット

サラサラになる

シャンプーに処方されるシリコーンオイルは髪の毛をサラサラにしてくれます。

メイクでいうところのファンデーションのようなもの。

髪の表面を整えてまとまらない髪をまとめてくれるメリットがあります。

くせ毛との相性も◎

くせ毛の場合対策の場合には髪にシリコーンオイルの効果で広がりやパサつきを抑えることができます。

特に最近ではヘアカラーやパーマ、ストレートアイロン、縮毛矯正をしていないくせ毛の人はほぼいないはず。

これらはすべて髪にダメージを与えます。

ダメージが加わった髪にはダメージホールと呼ばれる穴が毛髪内部にでき、水を吸いやすくなってしまいます。

これがくせ毛のうねりを増長させる原因。

ひでよし

シリコーンオイルは髪に疎水性を与えることができるので、特にダメージのあるくせ毛との相性が良いです。

>> くせ毛対策について詳しく解説

ツヤが出る

表面をコーティングしてくれるシリコンは髪にツヤ感を与えてくれるメリットも。

シリコン入りシャンプーのデメリット

シリコン入りシャンプーのデメリット

うまく扱えないと質感低下の原因に

シリコーンオイルは油脂類と吸着して取れにくくなります。

油脂類とは皮脂や天然オイルなど。

「使いはじめはサラサラだったのにつかいつづけるとべたべた」もしくは「ごわごわする」といった症状が出たら大体油性成分の蓄積が原因。

強すぎる洗浄力をごまかすためのシリコン

市販シャンプーで500円付近の商品に最も多いのこのタイプ。

洗浄力の高さをそのままにしておくと軋みが出たり、絡まったりするのでごまかすためにシリコーンオイルを処方しているケースです。

さらに、強すぎる脱脂力ゆえに髪内部の乾燥や頭皮の乾燥を招く可能性が高いです。

ひでよし

シリコンの直接のデメリットではないものの、シリコン入りのシャンプーで一番気を付けたいのがこのタイプなんです。

シリコン入りとノンシリコン】どっちを選べばいい?

これは正直商品によるとしか言いようがないです。

が、「強すぎる洗浄力をごまかすためのシリコン」で解説したような格安シャンプーは避けるのが髪や頭皮のためにも無難です。

うまく扱う事で髪の手入れのしやすさは格段と上がりますし、安全性も高い成分なので安心して使えます。

また、ノンシリコンシャンプーでもシリコンに代わるカチオンポリマーなどが処方されておりこちらも蓄積すると質感低下の原因になりえます。

シャンプーは複数本使うのがベター

シリコン入りのシャンプーでもメリットとデメリットがあります。

かといってノンシリコンシャンプーでもほとんどの場合、代わりになる油性成分が処方されています。

もしもあなたが高価格帯(~3000円程度)のシャンプーを定期的に購入できる予算があるのであれば、蓄積しない油性成分を処方したシャンプーを選択肢にいれるのもあり。

とはいえ、シャンプーがノンシリコンで蓄積リスクがなかったとしても、ヘアオイルやインバストリートメントには高確率でシリコンが処方されているので場合によっては質感低下を起こす可能性もありえます。

ひでよし

なのでシリコンは無理に避けるよりもうまく扱うことが重要。
そこで自分がおすすめしているのはシャンプーを複数使い分ける方法です。

定期的にクレンジング力の高いシャンプーでしっかりと油性成分を洗い落とすことでシリコンオイルのメリットだけを髪に反映させてあげることも可能。

使い分けをするとシリコンイン、ノンシリコンに関わらずシャンプーが選べます。

そうすると髪のコンディショニング効果が高いシャンプーで普段はサラサラ。

さらにツヤ感もでて広がりも抑えられる。

もしも、使い続けて質感が低下してきたサインを見計らって一度クレンジング。

しっかりとクレンジングした髪には再度補修成分や保湿成分、コーティングもうまく乗りやすいので扱いやすい髪を常にキープし続けられます。

>>シャンプーの使い分け方法とおすすめ商品

【シリコン入りシャンプーが悪いは嘘?】のまとめ

シリコンシャンプーについてのまとめ
  • シリコンは安全性も高く無害
  • シリコン入りシャンプーは髪を扱いやすくする
  • しっかりと落とせていないと質感低下するデメリットがある
  • 複数本使い分けることでデメリット回避
  • 頭皮&髪に贅沢なケア体験を!
  • シリーズ中ワンランク上のダメージケア力
  • しっとり柔らかくまとまるモイスト
  • サラサラでツヤ感のあるスムース
  • 初回「53%OFF&30日間返金保証」で安心して試せる
よかったらシェアしてね!

【期間限定のトライアルセット】

お試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」の3点で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

お得なキャンペーンはいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

  • コスパも内容も求める人におすすめ!
  • ダメージ毛もしっかりと保湿
  • 4000円相当のセットが1980円(公式限定)
  • 買い切りなのに次使える3000円OFF券付き
タップできる目次
閉じる