あなただけのカスタマイズができるヘアケア MEDULLA

ノンシリコンシャンプーとは?素人でもわかりやすく美容師が解説!

シリコンは毛穴に詰まる!

などのシリコン有害説が出てシャンプー界ではノンシリコンシャンプーブームが巻き起こりました。

ノンシリコンシャンプーとはシャンプーなどで起きる摩擦を軽減したり髪の毛のつやや手触りをよくする成分『シリコーン』が含まれていないシャンプーのことを指します。

ノンシリコンシャンプーについて美容師がわかりやすくまとめてみたのでどうぞご覧ください。

目次

シャンプーに含まれるシリコンについて

シリコンの悪い噂
  • 毛穴がつまる
  • キューティクルを剥がす

これらはすべて間違いです。

本来はシリコンではなく『シリコーン』なのですが、シリコンの方が検索数が多いのでこのブログでは『シリコン』と呼んでくこととします。

ネットでは様々な言われようをしていたシリコンですが、シリコン単品で害をなすものではないです。

これは化粧品大手のメーカー資生堂さんのホームページでも言われています。

シャンプーやコンディショナーに配合されているシリコーンは、その特長である安全性をいかした独自の配合を実現しています。そのため、頭皮や毛髪に負担をかけることはなく、かゆみや抜け毛の原因にはなりません。

では、なぜここまでノンシリコンシャンプーがブームになったかというと、化粧品メーカーの販売戦略だそうです。詳しい話は僕自身も存じませんが、すでにあるシリコンを使ったシャンプーを製造しているメーカーを下げることでノンシリコンを謳って販売していたそう。

ノンシリコンシャンプーについて

シリコンは先ほども言っていたように髪の毛の摩擦などを防ぎ、手触りをよくする効果があります。

ノンシリコンシャンプーはというと洗い上がりがきしんだりして髪の毛の摩擦を生んでしまう可能性があります。

これは後述するのですが、シャンプー選びにシリコン・ノンシリコンはそれほど関係ないと僕は考えています。

シャンプーの90%程は水と洗剤でできておりその他の成分は微々たるものです。シリコンインのシャンプーで問題だったことは高確率で洗浄剤が強力すぎたところにあります。

ノンシリコンシャンプーであっても洗浄剤が強力であればきしむのは当然で、シャンプー選びにおいてはシリコンの有無は関係ないということです。

こちらでもう少し詳しく書いています↓

[getpost id=”816″]

髪の毛に合うシャンプー選びを

シャンプー選びにシリコンはあまり関係ありません。

ただ、やはり低価格帯のシャンプーだと先ほども言っていた洗浄剤が強力なシャンプーが多く出回っているため気をつけたほうがよいといえます。

ノンシリコンシャンプーだから髪の毛にいいかと言えば一概にもそうとは言えず、自分の髪の毛にあったシャンプー選びをすることが大切です。

シャンプー選びにおいて大切なことはシリコンインかノンシリコンかではなく髪の毛の状態やくせなどを見て洗浄成分をメインに考えたシャンプー選びが大切です。

シャンプー関連
[getpost id=”689″][getpost id=”448″]

【期間限定のトライアルセット】

トライアル3点セット¥1980

サロン品質でこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

お試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

お得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

目次
閉じる