menu
おすすめトリートメント
category
ビヨウシ【H】
本音シャンプーレビューを中心にヘアケア方法などを発信。
インスタも毎日更新しているのでチェックしてみてください。
(現在サイト改修中の為見づらくなっております)
web限定のお得な商品▶プレミオール

【髪の毛の熱ダメージ対策3選を解説】ドライヤー・コテから守る方法を教えます。

髪の毛の日常的なダメージのうち、最も気を付けたいのが熱ダメージ

髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質で過剰な熱によって髪内部は傷んでダメージしてしまいます。

日常的に行うドライヤーやコテだからこそ、しっかりとケアして少しでもダメージを減らしていきたいですね。

今回は髪の熱ダメージについてプロが解説していきます。

髪に悩む女性

毎日コテも使うしドライヤーで乾かしていた髪の毛って傷むのかな?
もし、傷むのなら対策も知りたい・・

ひでよし

髪の毛にとって熱は気を付けたいダメージの原因の一つ。
過剰に熱を与えられた髪の毛は内部がボロボロの状態になってしまいます。
そこで毎日できるおうちでのケア対策もご紹介していきます。

  • コスパも内容も求める人におすすめ!
  • ダメージ毛もしっかりと保湿
  • 4000円相当のセットが1980円(公式限定)
  • 買い切りなのに次使える3000円OFF券付き
タップできる目次

コテやドライヤーの熱で髪の毛が受ける影響

髪の毛の熱ダメージで頭を抱えている女性
ひでよし

代表的なたんぱく質の食品である肉や卵が焦げた状態をイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

みなさんはドライヤーの熱の温度を知っていますか?

一般的なドライヤーの熱の温度はなんとおよそ120度です。

髪の毛から10cm程度話した位置で90度と言われています。

また、タンパク質は熱により変形してしまいます。

簡単に説明すると髪の主成分のタンパク質が焦げてしまっている状態のこと。これをタンパク変性とも言います。

何も知らずに髪の毛を乾かしたり、アイロンやコテを頻繁に使っていると知らないうちに髪の毛が熱ダメージで大変なことになってしまうかもしれません。

熱ダメージを受けた髪の毛は綺麗に見せることが困難に・・

熱でダメージを受け続けるとこうなる
  • カラーが綺麗に染まりづらくなる
  • パーマが綺麗にかかりづらくなる
  • トリートメントが入りづらくなる
  • 枝毛や切れ毛が増える
  • きしみを感じるようになる

このように髪の毛を綺麗に見せることが難しくなってしまいます。

極度の熱ダメージで硬くなりすぎた髪の毛は扱いがとても難しくカットやカラーなどの施術でも綺麗に見せるのは難しくなることもあります。

熱ダメージがかなり蓄積している状態では、髪の毛を綺麗に見せるのは至難の技です。

こんなケアの仕方だと髪は熱ダメージの影響にさらされる!

ドライヤーやくし
  • 「毛先ばかり乾かすドライヤーの使い方」
  • 「コテ、ヘアアイロンを使用した時」
  • 「水分のある状態でのコテ使用」

髪の毛は色んな要因でダメージをうけるため熱以外も考えられますが、根元と毛先を触り比べて毛先の方が硬い人は熱変性が起こっているとみてよいでしょう。

一つずつ見ていきましょう。

毛先ばかり乾かすドライヤーの使い方

熱を一点に集中させない為に左右に振りながら乾かすのがポイント。

ドライヤーの熱の温度はおよそ120度です。髪の毛から10cm程度話した位置で90度と言われています。

自宅で多い間違った乾かしかたは、『熱を一点に集中させている』という点にあります。

特に多いが失敗が毛先ばっかり乾かしている方。

これでは髪の毛が乾くのも遅いだけでなく、毛先だけ乾かし過ぎとなり乾燥し熱ダメージの原因になってしまいます。

コテ、ヘアアイロンを使用した時

ドライヤーよりも温度が高く、直接髪の毛に使用するのがコテやヘアアイロンです。

くせ毛のスタイリングや巻き髪に重宝するので、全く使用しないのは難しいのですが、長時間あてつづけると確実にダメージします。

また温度も高すぎるとより髪の毛を傷つけてしまうので注意が必要です。

水分のある状態でのコテ使用

コテ前のスタイリング剤や乾かしきれていない状態でのコテは非常に大きい熱ダメージを伴います。

あなたもコテを巻いて髪の毛からジュッという音が出たという経験はありませんか?

キープするために必要なコテ前のスタイリングも髪にとっては負担になるので、できるだけ乾かす前の使用に留めておき、コテ巻きはドライ状態で行うのが鉄板です。

髪の毛の熱ダメージへの対策

ひでよし

髪の毛はダメージした部分は戻らないので一番大切なのは予防。

ここまでの話しだと、髪の毛を乾かしたら傷むように思うかもしれませんが、髪の毛を乾かさないことで起きる乾燥ダメージも深刻です。

正しい熱ダメージについての知識を持って髪の毛を乾かし、コテやヘアアイロンを扱うことが重要です。

ドライヤーでの乾かし方、アイロンのかけ方で対策

ドライヤーとコテとくし

ドライヤーのかけ方

ドライヤーの首をしっかりと振って根元から中心に乾かしてください。

髪の毛は濡れている状態は弱く最もダメージをうけやすいです。ですので乾かす前のタオルドライをしっかりしてください。

乾かす時もドライヤーの吹き出し口から髪の毛の距離が近くなりすぎないようにして、適度に冷風も混ぜながら乾かしてください。

ドライヤーの吹き出し口を左右に振りまくってませんか?

あれって熱が一点に集中するのを避けるようにしているんです。

地肌が熱くならないのもそうですが熱ダメージの対策にもなるので自宅でも取り入れましょう!

>>髪の毛を素早く乾かす方法

コテ・アイロンの扱い方

なるべく低温(130度まで)で何回もコテを通さないようにする。

ヘアアイロンやコテの場合はしっかり乾かした状態で低温(130度まで)で行ってください。

煙がジューッと出るのは水分が残っていて髪の中の成分が爆発したような状態なのですぐにやめましょう。

もれなく髪の毛の内部はボロボロです、、、、

なるべく低温でコテを通す回数をできれば1回、多くても2回くらいまでにしてあげると熱ダメージは最小限に抑えられます。

洗い流さないトリートメントで対策

洗い流さないトリートメントで熱ダメージを予防している

オイルやミルクのアウトバストリートメントは元々はこの熱ダメージを防ぐために生まれてきたものなので使わない手はないです。

今まで乾かす前に何も使わなかった人は使うだけでダメージを軽減できます。

オイルの方が熱につよく艶が出てミルクの方が補修効果がありパサつきを抑えます。

オイルやミルクのアウトバストリートメントのデメリットは単品での補修効果はシャンプーなどに比べると効果が薄いところ。

その日のコンディションを整えてくれて扱いやすくしてくれるような感じで考えてください。

ですが熱ダメージから守る効果は非常に効果的なので、まだ使ってない方は検討してみることをおすすめします。

>>アウトバストリートメントのおすすめ

ダメージの少ないドライヤー、アイロンでの対策

熱ダメージを抑えてくれるドライヤーやアイロンを使って熱ダメージ予防をするのも効果的です。

ここ数年でのドライヤー、ヘアアイロンの進化は凄まじく特にドライヤーでは低温で大風量のものや遠赤外線の効果で水分を整えてくれる高機能のものまで登場してきています。

熱ダメージを抑えるにはドライヤーとアイロンは低温でも乾くものなどをおすすめします。

【結論】ドライヤーとアイロンは気をつけて使おう

毎日のドライヤーやアイロンで知らないうちに熱ダメージを受けてしまっています。髪の毛はダメージしてしまうと元には戻らないので予防が大切です。

美容室に行く回数は限られているため最も重要なのは自宅での手入れです。

その手入れをこだわって行っていくことで数年後の髪の毛の毛先はきっと良く変化しているはずです。

手入れを頑張って綺麗な髪の毛をてに入れましょう。

Amazonでプライム会員になって賢く購入
  • 送料無料&翌日配送
  • 映画や音楽も見放題
  • 初回5000円以上のギフト券購入で1000P(還元率20%
  • 次回以降のチャージも最大2,5%還元

\ 詳細はコチラ /

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる