スポンサーリンク

くせ毛に悩まれている方は非常に多いですね。

  • パサついてみえる
  • 広がってまとまらない
  • そもそもうねっている自分を見るのが嫌だ

などなど、くせ毛で悩まれている方はお客さんでもほんっとうに多いです。 ぼくもたくさんの人の髪の毛を触ってきていますし、自分自身くせ毛ではないものの猫っ毛でぺちゃっとしてしまうことでかなり悩んでいました。

ですのでくせ毛で苦しむ気持ちが本当によくわかりますし、きていただいた方には今よりも手入れをしやすくなってもらって帰っていただけるよう全力で施術とアドバイスさせていただいてます!!

中には解決策として縮毛矯正でしか解決できないような非常につよいくせ毛の方もいますがヘアケアで対応できる人も縮毛矯正で来店されるケースが多々あります。  

ですがあなたに本当に必要なのはもしかしたら縮毛矯正(ストレートパーマ)ではないかもしれません!!

  というのも実際に悩まれている方の中でも何割かの人は活かすことができるか、ヘアケアと手入れで今よりまとまりを手に入れることができるからです!!

  • くせ毛を活かすことができる!
  • ケアでまとまりやすくできる

僕自身は猫っ毛で悩んでいましたがある程度の髪の毛の悩みはケアや手入れでなんとかできてしまいます。ただ最初にこれだけは言っておきます!!

  髪質(今回の場合くせ毛)は完璧に治るということはありません!

 ですが、今より扱いやすくすることは可能です!!

これは結構重要なことでして髪質を治す方法をみなさん探しているとおもいますが、髪質というものは持って生まれたものでなかなか治るものではありません。

くせ毛用のシャンプーなどでも使ってても治らないという記事も少し見ますがそもそもが治すほどの効果はありません。もしあったらそれはシャンプーとしてかなり危険だといえます!!

シャンプーは髪を洗うものなのにくせ毛がまっすぐになったらやばくないですか? なにか危険な添加物を疑うべきです。僕は疑います。笑

ですが大きい悩みを小さくすることは可能です。

今回のくせ毛対策でいうとそれができれば 今より湿気につよくなったり、うねりが小さくなったりします。 ぱさつきもヘアケアでおさえられるし、ボリュームダウンも見込めます! そうすれば髪の毛のくせを活かしたりスタイリングが今より簡単になります!

くせ毛にも猫っ毛にも髪質の悩みというものには必ず手入れでの対策というものがあって 今の大きい悩みを小さく変化させていくことができます。

美容師としてたくさんの髪の毛を触ってきましたので僕の知識を共有してくせ毛の対策方法を紹介していきます!!

くせ毛レベルに応じたケアとスタイリング

あなたのくせ毛レベルに応じた対策をしていかなければくせ毛はまとまりません!

はじめにも言ったようにくせ毛はこれだけやっとけばOKみたいにひとくくりにするのはできないからです。

活かせるくせ毛もあれば活かせないくせ毛もあり、これだけは共通して言えるのはくせ毛にヘアケアは必須だということ!

ヒロユキ
絵は下手です。ご愛嬌。

  直毛とくせ毛だと極端な話、これくらいの違いがあります。

くせ毛ってパサパサしてみえませんか??

ぼくの下手な絵でもわかるようにそもそもくせ毛とは内部から表面のキューティクルまでパサパサになるような仕組みになっています!

このパサパサを少しでも軽減してあげることが重要になってきます。

ヘアケアだけで抑えられるくせ毛もくせ毛人口のうちの何割かですがスタイリングや縮毛矯正では即効性のある分デメリットも多くありヘアケアと並行しておこなっていくことが必要です。

要は組み合わせるということ!!

この時のデメリットとはダメージが主です。アイロンでのスタイリングや縮毛矯正のダメージが後々乾燥を生みさらにくせ毛を悪化させるのでくせ毛対策においてヘアケアは必須なのです!!  

  • ヘアケア+スタイリング
  • ヘアケア+縮毛矯正
  • ヘアケア+縮毛矯正+スタイリング
  くせげ対策ではくせ毛特有のパサパサを抑えるのが大切で、それは水分と油分を補給してあげるシャンプーやトリートメントでのヘアケアになります!!

くせ毛対策①ヘアケアで抑える 

ヘアケアでのくせ毛対策って実は軽く見られてることが多いんですよね。

髪の毛の内側にはコルテックスと呼ばれる部分があり直毛の場合だとこれがある程度均一になっていてくせ毛の場合は不均一になっています。

要は水分を吸いやすい部分と吸いにくい部分があり湿気によって吸いにくい部分は膨らまず吸いやすい部分が膨らむということ。その結果がくせ毛のうねりということです!

これはくせ毛には保湿効果の高いシャンプーやトリートメントを使ってあげることで髪の毛の水分バランスが整って今よりもおさまりやすくさせることは可能だということです!!(イメージ⬇️) 水分バランスが重要だということはくせ毛には乾燥が絶対にNGです!!

あなたがくせ毛のおさまりをよくしたいのに髪の毛が乾燥する環境をつくっているとしたら注意が必要です!! 

 トリートメントをつけないとかは乾燥をほったらかしているようなものですしシャンプーも洗浄力を強めのものを使っているとしたらそれが乾燥の原因になっています!!

乾燥させてしまうとパサつきが生まれそのパサつきがくせ毛を爆発させるといった負のスパイラルに。。。。。

  ヘアケアにおいては全てを頑張ることはもちろんなのですが優先順位をつけるとしたらまずはシャンプーにこだわるべきです!

毎日使うものなのであなたが今使っているシャンプーによっては髪の毛をダメージさせて乾燥の原因になってしまっているかもしれません。

僕がシャンプーでおすすめしたいのはharuシャンプーです!!洗浄力もマイルドで補修成分も優秀なので全ての髪質におすすめできるシャンプーなのですが、しっとり感や水分補給に優れているのでくせ毛の水分バランスを整えるのにも適しています!!

トリートメントや洗い流さないトリートメントもくせ毛対策には必須です。トリートメントは髪の毛の表面に皮膜をはってくれる役割があります。

皮膜をはってくれるおかげでキューティクルが開きやすいくせ毛のまとまりがおさまりづらくなるからです。

ここを抑えていないとくせをより出しやすくしているようなものなのですぐにとりかかりましょう。

くせ毛対策②スタイリングで抑える

くせ毛度合いにもよりますがブローやアイロンのみで対策することも可能です!!

特にブローなんかはブラシがないとできないとか思われがちですがハンドブローでもそこそこ伸びます。

この時大切なのは乾ききる前から引っ張って乾かすことです髪の毛は濡れている状態から乾く時に大体の形をつくっていきます。

だから少し乾いたくらいの状態から引っ張って乾かすことでストレートアイロンのような効果をハンドブローでもできます!

あなたはこれくらい乾いたからまあいっかとか思って半濡れで放置していませんか??

少し残ったその水分もくせをより出す原因です!!

くせ毛は引っ張って乾かす!これも対策に取り入れてください!!最初にも言ったようにくせ毛レベルにもよるのでそれでもまとまりづらいならアイロンを使うのをおすすめします!

アイロンで伸ばす場合はヘアビューロンがおすすめです。ヘアアイロンなどで起きる熱ダメージをカットしてくれるだけじゃなくバイオプログラミング効果で髪の毛の中のタンパク質の水分子まで密集させるパワーがあり使えば使うほどまとまりやすくなるという効果もあります。

普通のアイロンは使えば使うほどダメージが蓄積されるので、余裕があれば1本はもっておきたいですが、デメリットとしてはかなりお高めです。

(バイオプログラミングはこちらで解説してます↓)

くせ毛対策③縮毛矯正(ストレートパーマ)で抑える

さっきまで紹介していたヘアケアやスタイリングを組み合わせても解決しないくせ毛であるならば縮毛矯正(ストレートパーマ)が最強の対策といえます。

たまーにお客さんでも外国人が見えて、そういった方の髪質はくせ毛度合いが半端なく強いので縮毛矯正でしか太刀打ちできませんが、もしあなたがそこまでじゃないのならばヘアケアとスタイリングで対策していくのを強くおすすめします。

 縮毛矯正は美容室でのメニューでも高額でダメージもなかなかのものです。カラーメニューのブリーチと並ぶくらいダメージとしては強くのこります。

髪の毛内部の結合を薬で壊して高熱のアイロンでプレスするのでよっぽど下手くそな美容師じゃない限りはまっすぐになりますが、その真っ直ぐになった髪の毛の内部は間違いなくボロボロです。。。。

そのダメージは時間の経過や縮毛矯正の繰り返しで手触りや枝毛として視覚化されます。上記であげたような外人さん並みのくせ毛じゃない限りヘアケアとスタイリングでくせに対応していくのを強く強くおすすめします。

ストレートパーマの薬剤にはコーティングも含まれていて最初はサラサラになるんですが後々のことを考えればしないにこしたことはないです。

ですがこれもくせ毛レベルにもよるのでヘアケアなどの対策も行ったうえで施術をうけましょう!

ヒロユキ
きちんとダメージの説明までしてくれる信頼できる美容師さんのもとでしたいですね!

くせ毛対策【結論】

あなたのくせ毛の種類や髪の毛をどうしたいかによって対策はかわってきます。

(くせ毛の種類など解説しています↓)

 

結論としては髪の毛に負担をかけずに今よりもまとまりやすくしていきたいのであればヘアケアで対策もしくはヘアケア+スタイリングで抑える

髪の毛のくせをとにかく抑えたいのであれば縮毛矯正が一番効果的です。それぞれメリット・デメリットがありヘアケアで言うならばやはり、縮毛矯正のように即効性、劇的な髪質の変化はありません。

ですがストレートで髪質がかわるということはそれだけ髪の毛にも負担がかかっているのでそれぞれの良さや足りないところを理解して対策していくのが良いと言えます。

そしてこれまた重要なのが信頼できる美容師さんに相談するということ。

ストレートパーマで言うと簡単そうに見えるアイロン作業も実は温度設定や角度でダメージしたり根元が折れたりして実はテクニックも重要だったり。。。。

ストレートの薬剤選定でなるべく負担をかけすぎないようにしてくれるかもしれません!!

その上でこのブログで記事にしているヘアケア対策なども取り入れていただいてあなたのくせ毛の悩みが少しでも改善されれば幸いです。

スポンサーリンク
【期間限定】人気のホームケアトライアルセットのご紹介

あなたは髪の毛の綺麗の為にシャンプーやトリートメントはこだわって選べていますか?

美容師を仕事としている僕は今まで様々なシャンプーなどを見てきましたが、やはり品質の高い商品は価格も高いのがネックでした。

ですが、ネット限定で購入できるプレミオールトライアルセットの価格には腰を抜かしてしまいました。

品質も高い商品がお試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

はっきり言って品質の高さを保ちながらのこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

プレミオールのお得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

 

おすすめの記事