スポンサーリンク

髪の毛の量が多いとヘアアレンジやスタイリングでもバランスがとりにくかったり、悩んでしまう人もいます。

髪の毛の量が多くてスタイリングやアレンジがうまくいかずに困っています。
何かいい解決策はありませんか?

こういった髪の毛の量が多くて悩んでいる人にボリュームを抑える方法をお伝えしていきます。

この記事の内容
  • 髪の毛の量が多い人の対策方法を美容師が紹介
ヒロユキ
この記事を書いている僕は現在、10年ほど美容師として活動しておりまして髪の毛の量が多いお客様もたくさん担当させていただいています。

そこで実際にさせていただいているアドバイスを記事にしていますのでよろしければご参考ください。

髪の毛の量を美容室で対策

髪の毛の量が多くて悩んでいる人はまずは、担当美容師に聞いてみるのも良いと思います。

毛量の多い顧客の扱いに慣れた美容師であれば今から紹介するメニューの提案をしてくれるのではないでしょうか?

髪の毛の量が多い悩みを解決するサロンメニュー
  • ボリュームを抑えるカット
  • ヘアケア(トリートメントなど)で対策
  • 薬剤(ストレートなど)でまとめやすく

大きくわけると「カット」「ヘアケア」と「施術」の3種類での対策となります。

髪の毛の量を抑えるカット

まずはカット。

髪の毛の量が多い人は髪型やボリューム調整などで様々な工夫を凝らしてあげる必要があります。

例えばボブなどのぼてっとした髪型とは相性があまりよくないといったセオリーがあったり、表面に出てこない中の部分をしっかりと毛量調整する、などといったカットができます。

梳けば梳くほど良いわけではありませんが、適切な梳きをいれてあげることで確実に髪の毛の量を抑えることができます。

髪の毛の量を抑える美容室でのヘアケア

髪の毛の量が多い悩みを抱えている人は高い確率で髪の毛がぱさついています。

これはくせ毛と併発していることが多いからなのですが、こういった場合はトリートメントなどの皮膜をしてあげることでまとめやすくすることができます。

なぜなら、皮膜してまとまりやすくしてあげると髪の毛の量が減って感じるから。

サロントリートメントなどもたくさんの種類が出ており、あなたの行く美容室にもよりますが僕がお店で使用しているのはoggiottのサロントリートメントです。

髪質や希望に11種類の薬剤で細かく調整することができるので、髪の毛の量が多くて悩んでいる人にもおすすめです。

髪の毛の量を抑える美容室での施術

髪の毛の量が多すぎてどうしようもないくらいに悩んでいるのであればストレートパーマもおすすめです。

ストレートパーマは確かにダメージは大きいです。

しかし、最近の薬剤は細かく調整できるようになっているのでどれくらいのボリュームダウンを希望するかでダメージコントロールすることもできるのです。

「カットやヘアケアでは収まりきらない!」といった場合にはストレートパーマを検討してみましょう。

髪の毛の量を自宅で対策

美容室での手入れだけでなく自宅でもお手入れしてあげることで髪の毛の量が多い悩みをより解決できます。

美容室って1か月に1回行くとしても、年間ではたった12回なんですよね。

残りの350日は全て自宅での手入れになるわけですから、しっかりと行っていくを心からおすすめします。

自宅での手入れも大きくわけるとヘアケアとスタイリングの2種類にわかれます。

髪の毛の量を抑える自宅でのヘアケア

自宅でもサロン同様にヘアケアの対策は必須です。

自宅でのヘアケアとはシャンプーとトリートメントです。

特にシャンプーがぱさぱさになるものを使っていれば余計にまとまりづらくなります。

これはシャンプーに含まれる界面活性剤と呼ばれる洗剤成分によるものです。

界面活性剤にはさまざまなタイプのものが存在し、格安シャンプーなどに含まれる界面活性剤には髪の毛をダメージさせてしまうものも存在します。

「シャンプー単品で髪の毛の量がまとまる!」というものではありませんが、髪の毛を綺麗に収めていくためにはシャンプーは重要なので覚えておきましょう。

髪の毛の量を抑える自宅でのスタイリング

ストレートアイロンでボリュームを抑える

ヘアビューロン 4D Plus [ストレート]【送料無料】バイオプログラミング公式ブランド(メーカー:リュミエリーナ)

created by Rinker

自宅でのスタイリングで髪の毛の量を抑えることもできます。

髪の毛の量が多くて悩んでいる人はすでに使っているかもしれませんがストレートアイロンは確実にボリュームダウンすることができます。

その時は熱ダメージしないものを使うのがおすすめです。

ドライヤーでボリュームダウン

ストレートアイロンと違い、意外と思われるのがドライヤーの乾かし方でのボリュームダウンです。

髪の毛が多い悩みの人には少し特に少し引っ張って乾かしてあげるとよりまとまりやすくできます。

なぜなら、少し引っ張ることですの形で髪の毛は固定されるからです。

髪の毛は水素結合があるので、濡れている時から乾く時にかけて形が決まります。

その時に引っ張って乾かすことで、ツヤも出てくせもおさまるのでまとまりやすくできるのです。

【結論】髪の毛の量を減らす選択肢は様々

髪の毛の量が多い人にぜひやってもらいたい対策を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

髪の毛の量が多いと一言で言っても、どの程度のレベルかで対策もかわってきます。

今回紹介した対策で言えば

「ヘアケア」<「カット」<「スタイリング」<「ストレート」

の順番で即効性がありますが、上記の逆の順番で髪の毛の土台つくりに関わっています。

土台作りがしっかりとできていれば髪の毛の悩みも減らせられるので、ぜひ長期の目線で見てヘアケアも取り組んでもらえればと美容師としては思います。

スポンサーリンク
【期間限定】人気のホームケアトライアルセットのご紹介

あなたは髪の毛の綺麗の為にシャンプーやトリートメントはこだわって選べていますか?

美容師を仕事としている僕は今まで様々なシャンプーなどを見てきましたが、やはり品質の高い商品は価格も高いのがネックでした。

ですが、ネット限定で購入できるプレミオールトライアルセットの価格には腰を抜かしてしまいました。

品質も高い商品がお試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

はっきり言って品質の高さを保ちながらのこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

プレミオールのお得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

 

おすすめの記事