スポンサーリンク

美容室でヘアカラーをする時に気をつけたいこととして

  • 髪質
  • ダメージ履歴

がすごく複雑に関わっていて単純に青を載せれば青になるとかいうものではなく今の持っている色素と計算して色味を載せていくことになります。

ヒロユキ
それらを踏まえて実際に染める側である美容師と染められるお客さんが知識とイメージの共有ができれば仕上がりがより満足いくものになるはず。

もう一つ気をつけたいのがカラーの色の名前。

お店などで独自の色の名前をつけたりしてそれが広まったりしていますが厳密に言えば大きく3パターンのバリエーションのみです。

その中で色味、明るさが変化していったものに名前がつけられているのです。

ヒロユキ
実際にはこんな感じで自分のしたいヘアカラーがどの辺の位置にいるのかわかるともう少し美容師とイメージも共有しやすいですよね!

では実際にお客さんにしていったカラーの写真を使ってヘアカラーのバリエーションを紹介していきますので参考にしてみてください。

色見本① 中間色(ブラウン系)

ブラウン系はさきほど説明したカラーリングの表ではちょうど中間ということになります。 言うなれば派手さはないですけど、暖色系の良さも寒色系の良さもほどほどにあるようなかんじですかね!

この中でもさっきの表は効いてきて、寒色系よりのブラウンか暖色系よりのブラウンかでまたちがった色の出方になってきます。

暖色よりのブラウン系

暖色よりのブラウン系は艶もいい感じに出て全体的に収まりよく見えるので綺麗に見せたいかたにはぴったりですね!ブラウン系の色味の特徴はやっぱり髪の毛が綺麗に見えることです!

寒色よりのブラウン系

寒色よりのブラウンだとこんな感じで暖色よりのブラウンよりも少し黄色っぽさが出ますが軽さも出て綺麗です。

ブラウン系だけでもこれ以外に様々なバリエーションがあるので目安に覚えといてもらうとオーダーがスムーズになるかも!ブラウン系はいいとこできる大人女子カラーです!

色見本②寒色系

寒色系のなかでもマット系グレー系、アッシュ系と分かれていてさらにそのなかでも幅広くわかれて細分化します。外国人風カラーといえばだいたいこの寒色系があてはまります。

特に明度が上がれば20代の若者から、彩度が上がれば大人女子から人気があり一番オーダーが多いのもこの寒色系だと感じてます。

ヒロユキ
みんなアッシュだいすきだよね!

アッシュ系

オーダーの何割がアッシュ系なのかわからないくらい最近も大人気です。赤味を出さないことで軽さが出てイメージ的にはクールな印象に。

暗めのアッシュ系は光に当たるとこんなに綺麗です。

ブリーチなしでもそこそこ明るくしてた履歴があればこれくらい濃いアッシュは入ります。

自分でいうのもなんですがこの色めちゃくちゃ綺麗!!笑

光に当たるとほんとに綺麗なので会社で明るさ規定がありつつも暗くしすぎたくない方にもおすすめです!

マット系

マット味が入ってくるとこんな感じでまた違った見え方ができます。

アッシュ系の色味が入りにくい元々の色素の赤みが強い方などは補色であるマットを使うことで赤みを隠すことができます。

暗めのカラーの方が色味が濃く入っているのでより赤みを隠しやすいです!

グレー系

グレー系のカラーは暗めだとそんなにはわからないですが明るくなったところから入れてあげるとすごく雰囲気がでます。

より明るいところから色を入れてあげることでどんどんシルバー味はましていくのでブリーチしたオンカラーでこれをやると銀さんみたいになります。笑 メンズでもかっこいいです!

色見本③暖色系

レッド系、レッド系を明るく色味を薄くしていくとピンク系、ヴァイオレット系と暖色系もベースは3つからはじまり明るさと色味で細分化していきます。

ツヤ感がほしいときやまとまりがあるように見せたいときは暖色系のカラーをしてあげるとよいです。

レッド系

レッド系はちょっと派手になりがちなところもありますが似合えば最高にかわいいです!髪の毛の上での赤味というのは日本人の髪質では表現しやすくキュートな印象に持って来やすいですが多毛な人がやると少しくどいかも。。

レッドが濃くなれば少し強い印象にもなります。 ブリーチをしてグラデーションにするのも人気です!!グラデーションだと頑張れば結んで隠せるので規定がある会社の子もやっていったりします。

気になる方は一度担当美容師と相談してみるのもありかもです。

ピンク系

レッド系を薄くしたものです。こちらのが馴染みやすくてよりキュートな印象がつよいですね。

レッドは少し強くてもう少し柔らかくしたい人におすすめです。まとまりあるスタイルにも動きのほしいスタイルにも似合います。 ピンクのグラデーションカラーでアレンジしたりコテ巻きするのもとってもかわいいですよ!!

バイオレット系

アッシュ系が退色してきたときやブリーチ後の黄身消しとしてもよくつかわれるのがバイオレット系です。色も濃くツヤもでるのでバイオレット単品でも綺麗です!

甘さのなかに大人っぽい印象を待たせられるカラーリングです!

明るさと色味は反比例する

一通り基本カラーのバリエーションをおぼえてもらったところで一つ覚えていてもらいたいのが明るさと色味は反比例するということです。

明るくなればなるほど色味は薄くなり、濃くなればなるほど暗くなります。

なので初めて明るくする際は色味はそこまで入らないかもしれません。これは髪質によるところもあるので担当美容師さんと話し合ってきめましょう。

基本は写真付きで説明した3パターンの系統の中から明るさと色味が加わって髪色は決まっていきます。 自分の好きな色味の系統や今の明るさも踏まえて髪色でおしゃれしちゃいましょう!

まとめ

カラーが変わると気持ちも変わって毎日たのしくなったりとても素敵なことだと思います。 でもカラーをするとどんなダメージレスのカラー剤でも全く負担がかからないわけではないのできちんとケアして綺麗にしましょう!

髪の毛が傷んでいるカラーも色味が表現しにくくなったり退色しやすくなったりとマイナスなことが多いですので。

ヒロユキ
カラー後はしっかりケアしましょうね。
スポンサーリンク
【期間限定】人気のホームケアトライアルセットのご紹介

あなたは髪の毛の綺麗の為にシャンプーやトリートメントはこだわって選べていますか?

美容師を仕事としている僕は今まで様々なシャンプーなどを見てきましたが、やはり品質の高い商品は価格も高いのがネックでした。

ですが、ネット限定で購入できるプレミオールトライアルセットの価格には腰を抜かしてしまいました。

品質も高い商品がお試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

はっきり言って品質の高さを保ちながらのこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

プレミオールのお得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

 

おすすめの記事