MENU
ヘアケア商品検索
おすすめトリートメント

ご予約・お問い合わせ

TEL050-8880-2977

受付時間:10:00~17:00(定休日以外)

MAILhaircaretalk@a-w-a.co.jp

300種以上から厳選 本当に良いシャンプーランキング

【レポート】「ヘアケアで一番こだわっているお手入れ方法は?」についてアンケートを取りました!

日本全国の10代以上の方を対象に「ヘアケアで一番こだわっているお手入れ方法は?」についてのアンケート調査を実施しました。

ちゃちゃ

その結果を公表するので、ヘアケア方法に悩んでいる人は参考にしてみて下さいね。

スクロールできます

監修者

長崎弘幸(ひでよし)

長崎弘幸

2011年名古屋モード学園美容学科卒業後、名古屋市の美容院など計4店舗を経て、白髪染め専門美容室ソマリ美容室ヘアケアトークを開業。Yahoo!ニュースエキスパートや各種SNSにてヘアケアについて発信中。

著者

ヘアケアトーク編集部

アロマテラピー検定1級取得者、白髪染め専門美容室などのヘアケア知識を有する株式会社AWAメンバーが執筆。口コミで高評価のヘアケア商品を試して評価しています。

監修者は商品の推薦ではなく「商品検証」「選び方」「白髪知識」について監修しています。株式会社AWAは、日本毛髪科学協会厚生労働省消費者庁の発信する情報を基に、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。

目次

ヘアケアで一番こだわっているお手入れ方法は?について10代以上の女性103人に調査!一番多かったのは?

ちゃちゃ

「ヘアケアで一番こだわっているお手入れ方法は?」とアンケート調査した結果、1位は『ドライヤーの乾かし方』でした。

上記の調査結果はインターネット調査(クラウドワークス)を用いて2022年12月14日~12月27日の間に行った合計103名の女性に対するアンケート調査をもとに、株式会社AWAが作成しました。本件に関しては、プレスリリース「【調査レポート】ヘアケアで一番こだわっているお手入れ方法は?1位は「ドライヤーの乾かし方」でした!|株式会社AWAのプレスリリース (prtimes.jp)」もご覧ください。

1位 ドライヤーの乾かし方

1位 ドライヤーの乾かし方
  • ドライヤー熱で髪の痛みが酷くなりそうなので、手早く乾かすようにしています。ドライヤーを当てる方向や順番によって翌朝のクセの付き方が違うので、気を付けているからです。(50代女性)
  • くせ毛ということもあり毎朝寝癖とかが酷く、美容師から髪を乾かす時、髪の毛の表面ではなく頭皮をしっかり乾かせば朝寝癖がつかないと。なのでドライヤーで乾かす時が一番こだわっている(50代女性)
  • ドライヤーをかけすぎると髪が痛むのではないかと思うので、できるだけ短い時間で、かつ髪に近づけすぎない様にしています。(50代女性)

1位は「ドライヤーの乾かし方」でした。

ドライヤーの熱で髪が傷むから、寝ぐせが付かないように乾かしているからという意見が多くありました。

2位 シャンプーの仕方

2位 シャンプーの仕方
  • シャンプーはなるべく摩擦が起こらないように、手でよく泡立ててから髪を洗っている。また、シャンプー中にシャンプー中でも可能なブラシでブラッシングと、頭皮マッサージをしている。(50代女性)
  • 一回目のシャンプーは軽く汚れを落とし、二回目はしっかり頭皮までシャンプーで1分間洗うようにしています。(30代女性)
  • 髪をごしごしとこすって洗うシャンプーのしかたをしていると摩擦によって、髪を痛めてしまうことを知って、20歳代の頃から、摩擦の少ないシャンプーのしかたをしています。(50代女性)

2位は「シャンプーの仕方」でした。

ゴシゴシ洗うと髪を傷めてしまうから、頭皮までしっかり洗いたいからという意見が多くありました。

3位 トリートメントの付け方

3位 トリートメントの付け方
  • 髪の毛が傷んでいるのでインバストリートメントやアウトバストリートメントなど髪の毛を修復してくれそうなものに力を入れています。(20代女性)
  • くせ毛とダメージが強いためトリートメントはこだわっています。髪を流す時に、トリートメントをすすぐお湯をためておいてその残り水でもう一度髪の毛を漬け込んで流しています。(20代女性)
  • トリートメントは毛先に重点的につけることと、頭皮にはつけないようにすることを心がけています。頭皮につくと毛穴にトリートメントが詰まった状態になり、髪の毛に良くないので頭皮につけないようにしています。(30代女性)

3位は「トリートメントの付け方」でした。

髪が傷んでいるから、頭皮に付けないように気を付けているからという意見がありました。

4位 就寝時の摩擦対策

4位 就寝時の摩擦対策
  • 毎日寝ているときの寝返りでかなり髪の毛にダメージを与えると聞いて枕カバーをシルクのものに変えています(20代女性)
  • 色々と工夫してきたが、どうしても後ろの髪の毛が絡んで枝毛になっていて困っていた時に、シルクの枕カバーが良いと聞き使うようになったからです。使用前に比べると、後ろの毛の状態が良くなりました。(30代女性)
  • 枕への摩擦を減らすために、ナイトキャップを使用しています。(20代女性)

4位は「就寝時の摩擦対策」でした。

寝返りで髪にダメージを与えるから、シルクの枕カバーが髪に良いと聞いたからという意見がありました。

5位 ヘアセット

5位 ヘアセット
  • やはり、アイロンの熱によって傷ませてしまうことが常であるため、なるべく高温にしないよう気をつけています。(20代女性)
  • ヘアセットの時間が他にかかる時間と比べ1番長いから。ヘアアイロンやブローをしてヘアオイルをつけてと段階を踏みセットしています。(30代女性)
  • カラーリングで髪がパサパサにいたんでいるので、ドライヤー前にオイルトリートメントを使いケアをしてから乾かすようにしている。(40代女性)

5位は「ヘアセット」でした。

ヘアアイロンの熱が高温にならないように気を付けている、ヘアセットにかかる時間が長いからという意見がありました。

6位 紫外線対策

6位 紫外線対策
  • 髪の毛が日焼けをすると頭皮がかゆくなってしまうので、外に出るときには必ず帽子をかぶって頭皮を守るようにしています(50代女性)
  • 紫外線です。夏はもちろんですが、真冬以外は日傘をさしています。頭皮への負担も考えると、紫外線は避けたいです。(40代女性)

6位は「紫外線対策」でした。

頭皮がかゆくなるから、頭皮への負担を抑えたいからという意見がありました。

まとめ|【レポート】「ヘアケアで一番こだわっているお手入れ方法は?」についてアンケートを取りました!

ちゃちゃ

103人にアンケートを行ったところ、「ドライヤーの乾かし方」と回答したのは全体の35%でした。

また回答した理由として、ドライヤーの熱で髪が傷むから、寝ぐせが付かないように乾かしているからといった意見が数多く見受けられました。

ヘアケア方法に悩んだときは是非参考にしてみて下さい。

■株式会社AWAについて

株式会社AWAは、地域密着型美容室ヘナサロンソマリ、ヘアケア情報サイト「ヘアケアトーク(https://haircare-talk.com/ )」を運営しています。

会社HP: https://a-w-a.co.jp/ 白髪染め専門美容室ソマリ:https://a-w-a.co.jp/hennasalonsomari/

  • 記事内容は事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や安全性を担保するものではありません。
  • 無料で有益な情報を発信し続けるために一部商品では、広告主から当社(株式会社AWA)に報酬が支払われることがあります。
  • 掲載価格に変動がある場合がありますので、最新の価格や商品の詳細情報は、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。

著者情報

株式会社AWAが運営するヘアケアメディア。白髪染め専門美容室ソマリが編集部として執筆を行い、長崎弘幸が記事内容の最終チェックを行っています。美容室に来店されるお客様の悩みを実際に聞きながらヘアケア商品のレビュー、おすすめ商品の紹介、その他髪悩みを解決する情報を発信しています。

目次