menu
おすすめトリートメント
category
ひでよし
美容業界歴10年以上、500本以上を試したシャンプーマニア。インスタのフォロワーは1,7万人突破
成分だけでは分からない泡立ち・香り・使用感も詳細に伝えていきます。
300種以上から厳選本当に良いシャンプーランキング

白髪染めトリートメントデメリット暴露!痛む?美容師が解説!

白髪染めトリートメントデメリット暴露!痛む?美容師が解説!

白髪染めトリートメントは髪の表面をコーティングしながら、徐々に白髪を色付けて行くので髪のダメージを抑えながら白髪を染めることが可能です。

ちゃちゃ

ただ、白髪染めトリートメントにはデメリットもあるので、誰にでもおすすめできるというわけではありません。

結論から言うと、白髪染めトリートメントはおすすめです!

それでも、デメリットもあるから良い面以外も知ってから自分にぴったりな白髪の染め方を選択するのが一番良いと思います!

メリット
デメリット
  • 髪への負担がない
  • 美容室代が浮く
  • ダメージケアもできる
  • セルフでもムラになりにくい
  • ナチュラルな仕上がり
  • 自宅で簡単に使える
  • 手が汚れる
  • タオルに色移り
  • お風呂場・洗面所が汚れる
  • 定期的な使用が必要
  • 黒髪には色が入らない
  • ヘアカラーの邪魔をする可能性

逆にここに挙げたデメリットを許容できる、メリットの方が大きいって感じる方には一番おすすめしたい染め方が白髪染めトリートメント。

選び方を監修した美容師
  • 美容師資格
  • JNECネイリスト技能検定試験・2級
  • JNAジェルネイル技能検定試験・中級
  • JMA日本メイクアップ技術検定試験・3級
  • ビューティ・コーディネーター検定・3級

美容専門学校卒業後、美容師・ネイル・メイク・まつげパーマなど、美容業務全般に携わる。現在では美容師業のみに専念し、髪質の変化を感じ悩みが増える40〜50代の大人女性を担当する。悩みに寄り添う誠実な姿に定評があり、リピート率は80%以上。

「白髪染めトリートメントって何?」「白髪染めトリートメントは髪に優しいって聞くけど本当は痛むの?」とお悩みのあなたに白髪染めトリートメントのデメリットを、包み隠さず紹介します。

当サイト一押し白髪染めトリートメントは【悪い口コミ】DUO白髪染め!クレイエンス染まらないは本当か使ってみた【クレイスパカラートリートメント効果・評判】をご覧ください。

タップできる目次
この記事の著者
ひでよし

美容業界歴10年以上、300本以上試したシャンプーマニア。インスタ1,6万人。

ちゃちゃ

ヘアケアは大切だけど、髪色も楽しみたい!ヘアケアマニア。

ねね

香り好きが講じてアロマテラピー検定1級を取得した香りマニア。

白髪染めトリートメントのデメリットは6つ!

白髪染めトリートメントのデメリットは6つ!

髪の毛のダメージを抑えながら簡単に白髪が染められる白髪染めトリートメントですが、誰にでもおすすめできるという訳ではありません。

ちゃちゃ

そこで白髪染めトリートメントのデメリットを紹介します。

白髪染めトリートメントは髪の毛を自分で染めるので、手やタオル、お風呂場、洗面台に色がついてしまったり、ヘアカラーとの相性が良くない場合があります。

これから白髪染めトリートメントのデメリットを6つ紹介するので参考にしてくださいね。

デメリット①手が汚れる

白髪染めトリートメントデメリット①手が汚れる

白髪染めトリートメントを素手で使用すると、手が汚れてしまいます。

手のひらや指は、石鹸で綺麗に落とすことができるのですが、爪周りは染料が入り込んでしまいなかなか取れないことも…。

手元の汚れって結構気になってしまいますよね。

ちゃちゃ

そこで白髪染めトリートメントを使う時のおすすめアイテムを3つ紹介します。

白髪染めトリートメントの準備物
  • 使い捨て手袋
  • コーム
  • ワセリンなどの油分の多いクリーム

手が汚れてしまったり、手に色が残るのが気になってしまう方は使い捨て手袋を使いましょう。

またコームも一緒に使うとトリートメントを満遍なく塗ることができるので、手に付きにくくなります。

白髪染めトリートメント白髪染めトリートメントデメリット①手が汚れる

どうしても、ビニール手袋をはめて白髪染めトリートメントをするのが面倒と感じる方は、手にワセリンなどの油分の多いクリームを事前に塗るのがおすすめです。

トリートメントがついても落ちやすくなるので試してみてくださいね。

デメリット②タオルに色移り

白髪染めトリートメントデメリット②タオルに色移り

白髪染めトリートメントのすすぎが不十分だと、タオルに色移りしてしまう場合があります。

定期的に白髪染めトリートメントを使うのに、毎回タオルが汚れてしまうのは少し面倒ですよね。

ちゃちゃ

そこで、タオルになるべく色移りしないためにもポイントを2つ紹介します。

1つ目は、トリートメントをすすぐ時に水に色が流れなくなるまで、しっかりすすぐこと。

2つ目は白髪染めトリートメントをした後に使うタオルは、汚れてもよいタオルや汚れの目立たない黒のタオルを使いましょう。

​​白髪染めトリートメント専用のタオルを作っておくと、もし色移りしてしまっても「洗濯で汚れが落ちなかったらどうしよう….」と心配しなくていいのでおすすめです。

デメリット③お風呂場・洗面所が汚れる

白髪染めトリートメントデメリット③お風呂場・洗面所が汚れる

白髪染めトリートメントを使うとお風呂場洗面台についてしまい、汚してしまうことがあります。

ただ、白髪染めトリートメントだから汚れるという訳ではなく、自宅でホームカラーをすると、お風呂や洗面台の汚れは避けられませんよね。

ちゃちゃ

白髪染めトリートメントは使用する前に、お風呂場や洗面所を水で濡らしておくと汚れが落ちやすくなります。

また白髪染めトリートメントを洗い流す時に、いきなりシャワーを勢いよく流してしまうと色々な所に飛び散ってしまう可能性があるので、トリートメントを流す時は優しく揉み込むように洗い流しましょう。

デメリット④1回で染まらないから定期的な使用が必要

白髪染めトリートメントデメリット④1回で染まらないから定期的な使用が必要

白髪染めトリートメントは1回で白髪は染められないので、定期的に使用する必要があります。

初めは数回連続で使用しないと白髪が染まっていかないので、手間に感じてしまう人もいるかもしれません。

白髪染めトリートメントは白髪を染めても、ダメージを最小限に抑えられるので髪の痛みが気になる方や頭皮をいたわりたい方にもおすすめできるアイテムです。

デメリット⑤黒髪には色が入らない

デメリット⑤黒髪には色が入らない

一般の白髪染めはメラニン色素を脱色するので、黒髪を染めることが可能ですが、白髪染めトリートメントは白髪の表面に染料をコーティングして、徐々に染めていくので黒髪には色が入りません。

ちゃちゃ

なので白髪も染めたいけど、明るいカラーも楽しみたいという方にはおすすめできません。

白髪染めトリートメントは髪の負担を押さえながら白髪を染めることができ、トリートメント効果で髪のケアまで可能です。

「髪の毛を傷めたくないけど白髪染めはしたい!」という方に白髪染めトリートメントはおすすめです。

デメリット⑥ヘアカラーの邪魔をする可能性はある

白髪染めトリートメントデメリット④デメリット④1回で染まらないから定期的な使用が必要

白髪染めトリートメントを普段使っていてもヘアカラーで髪を染めることはできますが、染めむらや上手く発色しないなど、希望する仕上がりにならない可能性があります。

ちゃちゃ

また白髪染めトリートメントの成分によっては、ヘアカラーをすると緑に変色してしまうことも。

どうしてもヘアカラーでカラーチェンジをしたい場合は、約2〜4週間白髪染めトリートメントの使用を控えることで綺麗な仕上がりが期待できます。

痛むの?デメリットもあるけど白髪染めトリートメントはおすすめ

白髪染めトリートメントはダメージを抑えて白髪を染めることができるので、髪の毛の傷みが気になる方でも安心して使えます。

髪が傷まない理由
  • 髪の毛の表面をコーティングして白髪を染めるため
  • 髪のキューティクルを傷めてしまうアルカリ剤が入っていない
  • 髪を脱色する成分の過酸水素が入っていない
  • トリートメント効果でダメージ補修

髪の毛の傷みの原因になってしまう成分を使わずに、表面をコーティングしながら白髪を染められるので、髪の毛が傷むことはありません。

またトリートメント成分もたっぷり配合されているので、白髪を染めると同時にダメージ補修が可能

白髪染めで髪を傷めたくない方や、髪の毛のダメージが気になる人も白髪染めトリートメントは安心して使えます。

ちゃちゃ

ダメージなしで白髪を隠せる白髪染めトリートメントは髪綺麗にしていくなら必須級におすすめ

白髪染めトリートメントのデメリットについてよくある質問

白髪染めトリートメントのアッシュ系のおすすめは?

アッシュ系に染めたい方におすすめなのが、クレイエンス スパ カラートリートメントのアッシュブラウンです。くすみカラーに挑戦したい人にもおすすめ。また1回5分で手軽に染められるところも魅力的です。

プチプラでおすすめな白髪染めトリートメントは?

プチプラの白髪染めトリートメントでおすすめなのは、ホーユー・レセ カラートリートメント。

カラーはダークブラウンとナチュラルブラウンの2色から選べます。

楽天市場の最安値は1,269円なので、初めて白髪染めトリートメントを使う方でも試しやすい価格です。

白髪染めトリートメントのランキングで上位なのは?

クレイエンスヘアカラートリートメントです。

おしゃれな色みで白髪の多い方でも、白髪が少なくヘアカラーのようなお洒落な色味にしたい方にも選ばれています。

「白髪が自然に隠せる」「匂いが気にならない」という口コミも多く、白髪染めトリートメントの中でも人気な商品です。

市販でおすすめな白髪染めトリートメントは何?

DHC Q10 プレミアムカラートリートメントです。カラーはブラック・ブラックブラウン・ダークブラウン・ライトブラウンの4色展開。

1回5分で短時間で白髪を染められるうえに、キューティクルケアまでしてくれるので染めたての色やツヤが長持ちします。

市販なので手軽に手に入るので試しやすいですね。

白髪染めトリートメントは毎日使ってもいいの?

白髪染めトリートメントはトリートメントなので、毎日使用しても問題ありません。

初めて使う場合は色が定着するまで連続で使用し、色落ちが気になったらトリートメントをするなど、あなたにあったペースで使えます。

白髪染めトリートメントが1回で染まらない場合はどうしたらいいの?

白髪染めトリートメントは1回で染めるものではなく、徐々に髪の毛をコーティングすることで白髪を自然な髪色に近づけていきます。

しっかり色が定着するまで何日か連続で使用して、納得のいく髪色になったら間隔を空けて使用することをおすすめします。

生え際の白髪におすすめの白髪染めトリートメントは?

生え際の白髪におすすめの白髪トリートメントは「フラガール・リッチ」です。

フラガール・リッチは細いチューブからトリートメントが出るようになっているので、生え際の白髪に簡単に塗布できます。

また専用コームもついているので、気になる生え際にチューブを当てながら塗布し、コームでとかせば部分的に簡単に染めることが可能です。

生え際やこめかみなど気になる部分に使ってみたいという方は、試してみてくださいね。

@コスメで口コミで人気のある白髪染めトリートメントはどれ?

クレイエンス スパ カラートリートメントは@コスメで口コミ件数も多く、ランキングにも上位に入っています。

1回たった5分で手軽に染められて、白髪ケアと同時に髪の毛のダメージ補修や地肌ケアまで出来るのが人気の理由です。

ちらほら白髪におすすめのカラートリートメントは?

ちらほら白髪が気になる人におすすめなのはエメリルのブラトリです。

ブラトリは素手で使用出来るので、気になる白髪にささっと塗れてとっても便利。

また1回たった3分で染まるので、ちらほら白髪を手軽に染めたい方にもおすすめです。

もちろん成分にもこだわって作られているので、地肌にも優しく染めるたびにうるツヤ髪に導いてくれるので白髪ケアとダメージケアが1度に出来ます。

雑誌「LDK」でおすすめランキングで1位に選ばれた白髪染めトリートメントは?

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントがランキングで1位に選ばれています。

カラートリートメントを放置した後にシャンプーでしっかり洗い流せるのが人気の理由です。

白髪染めトリートメントを検証した中で評価の良かった商品は?

クレイエンスクレイスパカラートリートメントです。

1回5分と短時間で染められて、使うたびにどんどん白髪が目立たなくなります。

またジアミンが入っていないので、白髪染めで頭皮がかぶれてしまう人にもおすすめ。

仕上がりも成分も安心して使用できる白髪染めトリートメントです。

白髪染めトリートメントのデメリットは?

白髪染めトリートメントは手やお風呂場や洗面所が汚れてしまう場合があることや、タオルなどに色移りする可能性があります。

また白髪染めトリートメントの上からヘアカラーをすると、上手く染まらなかったり満足いく仕上がりにならない場合も。

カラーチェンジをしたい場合は約2〜4週間白髪染めトリートメントの使用を控えてから、ヘアカラーをすることをおすすめします。

ドラッグストアで人気な白髪染めトリートメントは?

「DHC Q10 プレミアムカラートリートメント」はドラッグストアで人気な​​白髪染めトリートメント。

「しっかり染まる」「コスパがいい」という口コミも多数ありました。

ドラッグストアで気軽に購入できるので試しやすいですね。

フラガールカラー トリートメントは髪の毛が痛むの?

フラガールカラー トリートメントは黒真珠由来成分を配合しているので、ツヤを与え髪を痛めず自然に仕上がります。

またハワイアンボタニカル成分やオーガニック成分を配合しているので、髪や頭皮にも優しい白髪染めトリートメントです。

まとめ|白髪染めトリートメントデメリット暴露!痛む?美容師が解説!

まとめ|白髪染めトリートメントデメリット暴露!痛む?美容師が解説!

白髪染めトリートメントは、手・お風呂場・洗面台・タオルが汚れてしまったり、1回では染まらないので定期的に必要だったりとデメリットがあります。

ただ何度も白髪染めを繰り返していると、髪や頭皮が痛んでしまわないか心配になってしまいますよね。

ちゃちゃ

でも、白髪染めトリートメントは髪の表面をコーティングしながら、徐々に白髪を色付けて行くので髪の毛が痛んでしまう心配がありません。

またトリートメント成分で傷んだ髪のケアまで出来るので、白髪ケアをしながら髪の毛もいたわりたいという方に白髪染めトリートメントはおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる