menu
おすすめトリートメント
category
ひでよし
美容業界歴10年以上、500本以上を試したシャンプーマニア。インスタのフォロワーは1,7万人突破
成分だけでは分からない泡立ち・香り・使用感も詳細に伝えていきます。
300種以上から厳選本当に良いシャンプーランキング

白髪染めトリートメント使い方|染まらない人必見!良く染まるやり方を美容師が解説

白髪染めトリートメント使い方|染まらない人必見!良く染まるやり方を美容師が解説

髪や頭皮にほとんどダメージを与えず、優しく白髪をカバーすることができる白髪染めトリートメント。

髪が傷まないという大きなメリットを持つ優秀なアイテムですが「しっかり染まらない」「色付きが物足りない」といった不満の声が多いのも事実。

ちゃちゃ

もしかしたら間違った使い方をしていて、余計に染まりが悪くなっているのかも・・。

今回は、白髪染めトリートメントの使い方や良く染まるやり方について美容師が詳しく解説していきます。

ちゃちゃ

いつも白髪染めトリートメントでうまくいかない」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【気になる白髪にぴったりなDUOの白髪ケア】

クレイエンスキャンペーン&限定割引実施中なので必見

>効果◎お洒落な白髪染めトリートメント
3種類の色比較と110人の口コミ満足度調査結果分かる!

>白髪染めを長持ちさせるカラーケアシャンプー
サロントリートメント級成分「ヘマチン」配合

タップできる目次

この記事の著者

スクロールできます
ちゃちゃ

300種以上シャンプー&トリートメント試したヘアケアマニア。読者目線でシャンプー選びをサポート。

ねね

アロマテラピー検定1級香りマニア。ヘアケア商品の香り選びをお手伝いします。

白髪染め専門美容室ソマリ

三重県の白髪染め専門美容室。美容師資格を持った記事監修者を中心に主に白髪記事を執筆。

プロフィール詳細

ヘアケアトーク編集部では監修美容師、アロマテラピー検定取得者・専属モニターからなる編集部がヘアケア商品をレビューしています。「シャンプー」「トリートメント」「ヘアアイロン」「白髪染めトリートメント」といった各種ヘアケア用品を実際に体験し、独自調査した口コミを基に記事制作しています。

記事監修者

スクロールできます

保有資格:美容師免許

美容専門学校卒業後、美容師・ネイル・メイク・まつげパーマなど、美容業務全般に携わる。髪質の変化を感じ悩みが増える40〜50代の大人女性から悩みに寄り添う誠実な姿に定評があり、リピート率は80%以上。

保有資格:美容師免許

地域密着型の白髪染め専門美容室ソマリを運営。シャンプーから白髪染めまで沢山のヘアケア商品の使用感を実際に確かめるヘアケア用品マニア。

*監修者は「選び方」「ヘアケア知識」について監修しています。各商品を監修者が推薦しているわけではなく編集部が独自に集計・評価付けしています。

詳細を見る

ヘアケアトークでは専門的な知識を基にヘアケア商品の使用感をお伝えするために髪の専門家で国家資格でもある「美容師」がそれぞれの記事監修してます。

また、記事監修並びにサイト運営者でもある長崎弘幸(ひでよし)は白髪染め専門美容室ソマリの運営者で、当サイトの記事内容に責任を持っています。

白髪染めトリートメントの良く染まる使い方

白髪染めトリートメントでしっかり白髪を染めるには、5つのポイントを意識することが大切です。

ちゃちゃ

順番に解説していきますね。

使い方①クレンジングシャンプーで洗う

使い方①クレンジングシャンプーで洗う

白髪をしっかり染めるためには、白髪染めトリートメントを使用する前にクレンジングシャンプーでしっかり汚れを落としましょう。

普段から白髪の染まりが悪い人は、汚れが過酸化皮質となり染料の定着を邪魔している可能性があります。

過酸化脂質とは?

酸素に触れ続けた皮脂が酸化し落ちづらくなっている状態。通常の洗浄では落ちなくなる。

ちゃちゃ

テーブルに飛んだソースもすぐに拭けば取れるけど、何日も放置すると取れなくなるよね?過酸化脂質のイメージはそんな感じ。

過酸化皮質の他にも、スタイリング剤やヘアケアアイテムに含まれるシリコンが影響して染まりが悪くなることも。

クレンジングシャンプーは過酸化皮質だけでなく残留物など通常のシャンプーで落としづらい汚れもしっかり洗い流してくれるので、白髪染めトリートメントの染まり具合を改善してくれる可能性があります。

使い方②万遍なく白髪染めトリートメント塗る

使い方②万遍なく白髪染めトリートメント塗る

なんだか使いすぎている気がして、ついつい白髪染めトリートメントの使用量を少なくしていませんか?

ちゃちゃ

もし自覚があるなら今すぐ改善するべき・・!

白髪をカバーする上で、薬剤の量はたっぷり使うくらいでちょうどいいんです。

多すぎて染まり上がりに問題が起こることはほとんどありませんが、少ないとデメリットがたくさんあるんです。

白髪染めトリートメントの使用量が少ないデメリット
  • 染まり上がりにムラができる
  • 白髪に色は付くけど薄付き
  • 染まっていないところが出てくる

もし仕上がりに不満があってもう一度染めるとなれば、手間もかかるし結局使用量がかさんでしまいます。

一度のカラーで白髪にしっかり色付けるためには白髪の上にたっぷりとトリートメントを乗せ、塗布量が少ないと感じる部分にはさらに付け足すくらいの勢いで使いましょう。

使い方③放置時間を置く

使い方③放置時間を置く

白髪染めトリートメントはキューティクルを開いて染料を入れ込むわけではないので、定着に少し時間がかかります。

メーカー推奨の指定時間をしっかり守り、それでも染まり上がりが甘いようだったら+10分ほど時間を置いてみましょう。

ちゃちゃ

通常の白髪染めだと時間を置けば置くほど髪のダメージが進むけど、白髪染めトリートメントだと心配ありません。

使い方④しっかりと洗い流す

使い方④しっかりと洗い流す

時間を置いたら、お湯が透明になるまでしっかり流しましょう。

頭皮に白髪染めトリートメントの染料が残っているとタオルに汚れが付着する可能性もあります。

ちゃちゃ

トリートメント成分は髪や頭皮に残りやすいので、最低でも3分流してね!

使い方⑤しっかりとヘアドライ

使い方⑤しっかりとヘアドライ

髪を濡れたまま放置すると髪が不安定な状態になり、染料成分が流れ出てしまうリスクもあります。

白髪染めトリートメント後はなるべく早めに、根元からしっかり乾かすようにしましょう。

ちゃちゃ

濡れたまま放置すると、せっかくきれいに染まったのにすぐに色落ちする原因になるから注意してね。

メンズや短髪の場合の白髪染めトリートメント使い方

髪が長いと白髪染めトリートメントを付けた髪同士が密着するので、染料成分がより定着しやすくなります。

しかし髪が短い男性やショートスタイルの女性の場合、髪がバラバラと離れやすかったりトリートメントを弾きやすいので染まりが甘くなりがちに。

髪が短い人でもしっかり白髪染めトリートメントを髪に密着させ白髪に色付けするためには、

メンズや短髪の場合の白髪染めトリートメント使い方のポイント
  • たっぷり使う
  • ツーブロックや刈り上げ部分は乗せるようにして塗る
  • 粗めのコームで髪を梳かして全体に馴染ませる
  • ラップで髪を包む
  • 顔まわりの短い髪はコットンやペーパーで押さえて貼り付ける

これらのポイントを意識するようにしましょう。

白髪染めトリートメント使う時あると便利なもの

白髪染めトリートメント使う時あると便利なもの

白髪染めトリートメントで白髪を染めるときに、以下のアイテムが揃っているとよりきれいに仕上がります。

白髪染めトリートメント使う時あると便利なもの
ちゃちゃ

必ずいるわけじゃないけど、効率を良くしたりクオリティを高めたい人はぜひ用意してみてね。

準備①カラー手袋

準備①カラー手袋

白髪染めトリートメントによっては、染料が濃く素手で塗布すると爪や手のひらが染まってしまうものがあります。

染まっても1〜2日で取れる場合がほとんどですが、気になる人は使い捨てのカラー手袋を用意しましょう。

ちゃちゃ

ブカブカなものより手にフィットした手袋だと、塗布がしやすいからおすすめ!

準備②汚れても良いタオル

準備②汚れても良いタオル

白髪染めトリートメントは染料が髪の中に浸透しているわけでなく髪表面に付着しているだけなので、髪が濡れていると染料が浮き出てタオルや服に色移りする可能性があります。

白髪染めを行った当日は色の付いた水が毛先から垂れてくる可能性がより高いので、汚れても良いタオルを1枚用意しましょう。

準備③ブラシ(コーム)

準備③ブラシ(コーム)

しっかり全体に白髪染めトリートメントを馴染ませたつもりでも、髪をめくった中側・うしろは塗布ができていないことが多くムラになることも。

ちゃちゃ

もみあげ・額・顔まわりといった生え方にくせがある部分も染め残しが起こりやすいよね。

塗布が終わってから最後の仕上げとして全体的に白髪染めトリートメントを馴染ませるために、ブラシを1本用意しておくと便利です。

ちゃちゃ

ブラシの目が細かすぎると髪が引っ張れてしまい傷んでしまうので、目が粗いものを選びましょう。

白髪染めトリートメント使い方のよくある質問

白髪染めトリートメント初めて使ったけど全く染まらなかった。どうすればいい?

メーカーにもよりますが初めて使った日から3〜5日後に白髪が馴染むように作られています。最初は色味の定着が悪いですが、様子を見ながら好みの色味になるまで使い続けてください。

白髪染めトリートメント使用頻度はどれくらい?

メーカーによって違いますが、3〜7日ペースでの使用を推奨されていることが多いです。

白髪染めトリートメントで美容室でのカラーに影響はないの?

白髪は問題なく染まりますが、白髪染めトリートメントの色味と混ざる可能性があります。心配であれば美容師に「白髪染めトリートメントを使用している」と伝えるようにしましょう。

白髪染めトリートメントの後パーマはかけられる?

パーマの仕上がりに影響はありません。しかし、パーマの薬剤により染料成分が落ちてしまう可能性はあります。

白髪染めと白髪染めトリートメントの違いは?

白髪染めは髪表面のキューティクルを開き、髪の奥まで染料成分を浸透させます。白髪染めトリートメントは髪表面に染料成分を吸着させて発色します。髪表面でしか色が定着していないので色持ちは劣りますが、髪へのダメージはほとんどありません。

【商品別】白髪染めトリートメントの使い方記事

まとめ|白髪染めトリートメント使い方|染まらない人必見!良く染まるやり方を美容師が解説

まとめ|白髪染めトリートメント使い方|染まらない人必見!良く染まるやり方を美容師が解説

髪と頭皮に優しく、ダメージをほとんど与えない白髪染めトリートメント。

ちゃちゃ

ちらほら白髪が気になり始めた人・白髪染めの間の繋ぎとして使いたい人・髪へのダメージを抑えたい人に愛用されています。

白髪染めと比べると色持ちや発色は劣るものの、正しく理解して使うことでデメリット以上のメリットを発揮してくれる便利なアイテムです。

いつも白髪染めトリートメントでうまく染められない」「気になっているけどどうやって使うんだろう?」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

白髪染め・白髪染めトリートメントお役立ち情報

ヘアケアトークでは白髪染めトリートメントに関する情報を他にもまとめています。

切り替えて見てね

白髪染めトリートメントデメリット

>白髪染めトリートメントデメリット

汚さないコツ

>汚れない白髪染めトリートメント&コツ

白髪染めやめ方

>白髪染めのやめたい人へ

白髪染めトリートメントの上手な使い方

>白髪染めトリートメント使い方

染まらない時はこうする!

>白髪染めトリートメント染まらない?

白髪染めシャンプーとトリートメントの違い

>白髪染めシャンプーとの違いは?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次