menu
category
ビヨウシ【H】の画像
ビヨウシ【H】
本音シャンプーレビューを中心にヘアケア方法などを発信。
インスタも毎日更新しているのでチェックしてみてください。
(現在サイト改修中の為見づらくなっております)
あなただけのカスタマイズができるヘアケア MEDULLA

トリートメント– category –

大事なコト

トリートメントにはインバスとアウトバスの2種類があります。

それぞれ特徴があるトリートメントですが、髪に合ったものを使う事で今よりも扱いやすく髪のコンディションを整えます。

ここでは、髪に合った選び方を現役美容師が解説します。

トリートメントにはインバス・アウトバスのトリートメントがありますよね。

実はトリートメントってシャンプーとのバランスが非常に重要。

ここではシャンプーとのバランスを合わせつつ、髪に合ったトリートメントの選び方を解説していきます。

目次

トリートメントはシャンプーとのバランスが大切

トリートメント
シャンプーとのバランスが悪いと
  • べたつきの原因に
  • 髪の質感低下

トリートメントにはオイル成分が配合されています。

シリコーンなども人口のオイル成分です。

市販トリートメントの大半はシリコーンが高配合。

これは全然悪いことではないのですが、シリコーンなどのコーティングを適切に落とせていないと上記のような髪のトラブルに。

つまり、シャンプーの洗浄力とトリートメントのコーティング力のバランスが重要。

シャンプーとのバランスが大事な理由を更にわかりやすくすると下記のような感じです。

例えば)

シリコーンは化粧で言うとファンデーション。

ダメージ毛などパサつきで悩む人にはある程度必要なものです。

が、ファンデーションはしっかりとクレンジングしますよね?

それと同じように髪のシリコーンも適度にクレンジングしてあげないと、ごわごわしたりべたついたりと質感の低下の原因に。

どれだけ補修成分が優れていてもバランスが悪いとトリートメントのオイル成分が洗いきれず上記のように質感が低下します。

これを解決するために必要なのはシャンプーの2本使いです。

まずはシャンプーの2本使いを始めてどんなトリートメントでもある程度合うように準備をしておくのがおすすめ。

▼下記記事で使い分けについて詳しく解説しています。

【目的別おすすめシャンプー】300本以上試してきた美容師が厳選【使い分けが大事】

インバストリートメントの種類

シャンプー
  • リンス→外部皮膜
  • コンディショナー→内部+外部皮膜
  • トリートメント→内部補修
  • ヘアマスク→集中的な皮膜

インバストリートメントには上記4種類ほどがあります。

が、市販のトリートメントにはほぼ違いがないです。

例えば、1000円以下の薬局トリートメントの場合「トリートメントの成分」と「ヘアマスクの成分」がほぼ同じ。

これでは、効果の重複する皮膜を重ねているだけなのでほぼ意味がありません。

インバストリートメントの選び方

基本的にはトリートメントを1本持っておいて、週に何回かヘアマスクをつけてあげるのがよいでしょう。

ヘアマスクは剛毛やぱさつく人が使うとコンディションがよくなりますが、猫っ毛やパーマ毛の人には重いので注意。

  • 迷ったらトリートメント
  • パサつきが特に気になるor剛毛の人は+ヘアマスク
  • 猫っ毛やパーマヘアにはヘアマスクは不向き

アウトバストリートメントの種類と選び方

ヘアケア
  • オイル→油分多めでコーティング力が強め
  • ミスト→揮発性が高いので軽い質感
  • ミルク→オイルとミストの中間

アウトバストリートメントにはほとんど髪の補修効果はほぼほぼありません。

目的は髪のコンディショニングの質感調整です。

オイル

ほとんどのアウトバスオイルにはシリコーンなどの鉱物油が配合されており質感を一発でさらさらにできます。

が、洗い流すインバストリートメントよりも蓄積しやすいのでアウトバスオイルを使う場合にはそれなりの洗浄力のシャンプーで除去してあげることが大切。

ミスト

ミストタイプは水と揮発性のアルコールを主成分としているので質感調整力は最も低め。

しかし、揮発するので蓄積などのデメリットもほぼありません。

パーマや猫っ毛などにも特におすすめなのがこのタイプ。

ミルク

オイルとミストの中間的ポジション。

重めのタイプや軽めのタイプなどさまざまで重めはオイル同様蓄積の可能性あり。

アウトバストリートメントの選び方

アウトバストリートメントは他のアイテムとのバランスもあり一概には言えませんが、

  • 瞬間的なサラサラ感→オイル、ミルク
  • 軽いふんわりした質感→ミスト

上記が目安になります。

オイルやミルクを使う場合には洗浄力の高いシャンプーなども用意して使う分には大丈夫かと。

まずは「シャンプー」その後「インバス」「アウトバス」と固めていこう

おすすめのトリートメントについてよく聞かれますが、これは本当に難しいです。

シャンプーとのバランスが重要だから。

なので、まずはシャンプーの2本使いをすることをおすすめしています。

さらに、そこからトリートメントやアウトバスを使うことであなたの髪の質感は大幅にアップするはず。

ビヨウシ【H】のアイコン画像ビヨウシ【H】

是非実践してみて下さい。

ちなみにですが、基本的にはライン使いでバランスの取れているシャンプーやトリートメントもあります。

そういった商品の場合はセットになったトリートメントを使えばokです。

トリートメント記事一覧

\コスパ最強!高品質ヘアケアセット登場!/
3点セット¥1980(買い切り)
詳細はコチラ
\コスパ最強!高品質ヘアケアセット登場!/
3点セット¥1980(買い切り)
詳細はコチラ