ブリーチの染め直しをしてる人

ブリーチは日本人の黒髪では難しい透明感を出せるので人気なのですが、色落ちが早いというデメリットもあります。

初めてブリーチしたんだけど色落ちが早くてびっくり。染め直ししたいのだけどできるのかな?

こんな人は必見です。

ビヨウシ
美容師歴10年以上のぼくがブリーチ色落ちの染め直し問題ついて解説していきます。
この記事の内容
  • ブリーチの色落ちの染め直しについて
  • ブリーチカラーが色落ちしにくい対策

ブリーチヘアで染め直しを考えている人にはぜひ見ていただきたいと思います。

もしもブリーチを染める頻度(間隔)についてお探しの方はこちらの「ブリーチの頻度・間隔について」をご覧ください。

ビヨウシ【H】
記事の途中ですが成分とコスパの良いシャンプーを探しているあなたに朗報です。

沢山のシャンプーを見てきて、美容師目線で「コスパ」「成分」ともに充分満足できたのがプレミオール。
2000円で「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」がついてくる高品質ケアアイテムはプレミオールしか知りません。

ブリーチの色落ちと染め直しについて

ブリーチを染め直してる

ビヨウシ
まずはブリーチの色落ちについてさらっとおさらいしましょう。

髪にはメラニン色素と呼ばれる皮膚や髪の色味をつかさどる部分(メラニン)が存在しており、メラニンを脱色するパワーが強いのがブリーチ(脱色剤)です。

ブリーチは通常のカラーよりもこのメラニン色素を脱色するパワーが強いために、外国人の様な透明感や透け感など日本人のメラニンからは実現できないカラーリングを再現することができるのです。

しかし、当然デメリットもあります。

それは色落ちが早いということ。

綺麗なカラーリングができるブリーチヘア(ダブルカラー)は、元々の色素を極端に少なくするので色落ちが早いのです。

色落ちが早いことで染め直しできる?

予想よりも色落ちが早いと当然染め直ししてもらいたくなる時ってありますよね?

美容室にもよりますが、ブリーチの色落ちによる染め直しはほとんどの場合が快く引き受けてくれると思います。

しかし、ある程度の制限や規定などが美容室側によって設けられているはずなので必ず確認しましょう。

なぜならカウンセリングの段階で美容師もブリーチが色落ちが早い旨などは伝えてあるはずだからです。

普通のヘアカラーと同じように、髪の負担や色落ちについて考えているとあとでびっくりする人も大勢いるので理解してブリーチ(ダブルカラー)を楽しみましょう。

ブリーチの色落ちで染め直しができるパターン

ブリーチを染め直してる

美容室の制限などにもよりますが、ブリーチの色落ちで染め直しができるパターンについてお話します。

1希望の明るさ・色味よりも色が薄い

ビヨウシ
カウンセリングの時に希望した色や明るさと違う場合です。

ブリーチの施術は実は結構難しく、カラーの調整が少しずれるだけで発色が全然違うものになったりします。

美容師側としても「思ったより色が薄い・明るさが違う」などの失敗は避けたいのですが、髪質による難易度の問題や初来店の人の髪は特に難しさもあります。

こういった場合は染め直しがしっかりと適用されるのでもう一度色を入れてもらいましょう。

2美容院に行ってから1週間~10日以内

ビヨウシ
ほとんどの美容室が染め直しの期間をこれくらいに設定しています。

「お店で見たときは思った通りだと思っていた」

「自宅で見たら全然違う」

などは美容室のお直しでもかなり聞くあるあるパターンです。

違和感を少しでも感じたら担当美容師に相談してみましょう。

期間内であればほとんどの場合が染め直しの対応してくれるでしょう。

ブリーチが色落ちしても染め直しできないパターン

ビヨウシ
ブリーチが色落ちしてきて気になっても染め直しできないパターンもあります。

1やっぱり別の髪色にしたい場合

例えば、ごはん屋さんでステーキを頼んで食べた後にやっぱりハンバーグに代えることは不可能ですよね?

それと同じように、仕上がりの髪色そのものを変える染め直しは別料金がかかる可能性大です。

美容師の提供する髪色や髪型は、ごはんや服などと違い明確に形のあるサービスではありません。

そのためこういったお直しの要望もいただくのですが基本的に失礼なので気を付けましょう。

2期間がしっかりと立っている

先述したように美容室にはお直しが言える期間というものが設定されております。

その期間を越えての染め直しは基本的に不可能なのでしっかりと確認しましょう。

ブリーチ→色落ち→染め直しを検討する前に

ブリーチ染め直し

ブリーチの色味や明るさが全く希望と別物になった時は染めなおししてもらうのがよいと思います。

しかし、色落ちが原因なのであれば自宅での手入れをしっかりとして対策されることをおすすめしています。

自宅でのケア不足で色落ちしやすくしてないか

こんな人は要チェック
  • ドライヤーで髪を乾かさない
  • シャンプーは市販で適当なものを使っている
  • 紫外線が強い日でも対策しない

自宅での手入れ不足でさらに色落ちしやすくなってしまう場合も

挙げだすともっと出てきますが、あなたのブリーチの色落ちは日常のケア不足が原因である可能性がも充分に考えられます。

そもそもブリーチ自体が他のカラーよりも色持ちが悪いカラー技法なのでケアはよりしっかりと行う事は必須です。

これらを改善することがブリーチの綺麗な色味でいられる期間を伸ばすことができるのです。

ブリーチの色落ちをなるべく遅らせる方法

ブリーチの色持ちを良くしたいのであれば前述したケア方法に加えて色持ちに特化したシャンプーをつかうべきです。

ビヨウシ【H】
特にブリーチヘアの人は下記に紹介するシャンプーは必須!

ブリーチの色落ち対策①ヘマチンシャンプーを使う

ブリーチの色落ちを遅らせるために絶対に取り入れたいのが「ヘマチンシャンプー

ビヨウシ【H】
なぜならヘマチンにはカラーの色持ちをアップさせる効果があるからです。

サロントリートメントにも使われる成分でブリーチの色持ちをよくしたいのであればデイリーケアシャンプーとしてぜひ取り入れましょう。

ブリーチの色落ち対策②ムラシャンを使う

ビヨウシ【H】
ブリーチ毛にはこちらも必須アイテム!

ムラシャンとは紫色のカラーが入ったシャンプーの略称です。

色落ちをかなりごまかせるので

  • 「ヘマチンシャンプーで色持ちアップ」
  • ↓色落ちしてきたら↓
  • 「ムラシャンでごまかす」

という使い方がベストです。

ブリーチしている髪は色落ちすると黄ばみが気になりますし、はっきり言って綺麗とは言えません。

しかし、黄色の補色である紫を足してあげることで黄色味は緩和されてベージュっぽい色味になっていくのです。

ですから、黄色味を撃退してくれるムラシャンはブリーチ毛には欠かせない存在なのです。

ブリーチ色落ち染め直し【まとめ】

ビヨウシ
ブリーチの色落ちと染め直し問題についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか?
この記事のまとめ
  • ブリーチは色落ちしやすいことをしっかりと理解してカラーする
  • 色味や明るさが希望と違う場合は染め直しをしてもらおう
  • 色落ちが早い人はケア不足

~~色落ちをなるべく遅らす&ごまかす方法~~

まとめるとこんな感じです。

ブリーチはメリット・デメリットがかなりはっきりとしているので色落ちがよっぽど気になる人はしないのも手かもしれませんね。

他にもカラー関連やケア方法など記事にしていますので良ければご参考ください。

    【期間限定】人気のホームケアトライアルセットのご紹介

    あなたは髪の毛の綺麗の為にシャンプーやトリートメントはこだわって選べていますか?

    美容師を仕事としている僕は今まで様々なシャンプーなどを見てきましたが、やはり品質の高い商品は価格も高いのがネックでした。

    ですが、ネット限定で購入できるプレミオールトライアルセットの価格には腰を抜かしてしまいました。

    品質も高い商品がお試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

    はっきり言って品質の高さを保ちながらのこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

    プレミオールのお得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

     

    おすすめの記事