menu
category
ビヨウシ【H】の画像
ビヨウシ【H】
本音シャンプーレビューを中心にヘアケア方法などを発信。
インスタも毎日更新しているのでチェックしてみてください。
(現在サイト改修中の為見づらくなっております)
あなただけのカスタマイズができるヘアケア MEDULLA

【シャンプーが泡立たない原因】美容師が解説する5つの原因と対策3選

  • シャンプーが泡立たない
  • 急にシャンプーが泡立たなくなった

こういったシャンプーの泡立ちに関する悩みは美容師をしている僕自身よく聞きます。

毎日するシャンプーで泡立っていたのに急に泡立たない日もあったりと気になったりしますよね。

シャンプーをするときに泡立たせて洗うことはとても大切ですが今回は泡立たない原因と泡立たないときにしてほしい対策をまとめて解説していきます。

この記事の内容
  • シャンプーが泡立たない原因
  • シャンプーをふわふわに泡立たせる方法
  • 泡立たないときにやりがちな間違い

僕自身美容師として働いておりシャンプーをうまく泡立たせるのにはかなりの自信があり、『なぜ泡立たないのか』についても熟知しておりますのでシャンプーが泡立たなくて悩んでいる方は是非ご参考ください。

目次

シャンプーが泡立たない原因

シャンプーが泡だたない原因はこれだ

シャンプーが泡立たない原因は大きく5つ考えられます。

シャンプーが泡立たないと悩んでいる方は今から挙げる5つの原因のうちのどれかに当てはまっています。

  • 頭皮の皮脂が原因で泡立たない
  • スタイリング剤が原因で泡立たない
  • 毛量が多くて泡立たない
  • 泡立たないシャンプーを使っている
  • お湯の温度が原因で泡立たない

これら5つの原因について詳しく見ていきましょう。

1頭皮の皮脂が原因で泡立たない

頭皮の油分、つまり皮脂はシャンプーの泡立ちを邪魔してしまいます。

洗剤と油で考えてもらうとわかりやすいのですが油分が残っているとシャンプーの洗浄成分がうまく機能せずに泡立ちにくくなってしまいます。

1日活動した頭皮には皮脂だけでなくほこりなどの汚れなども付着しておりシャンプー前に油分を少なくしてあげることが必要です。

2スタイリング剤が原因で泡立たない

スタイリング剤にも様々な油分が使われています。

ですからスタイリング剤が残った状態でのシャンプーは皮脂と同じくシャンプーの泡立ちの邪魔をしているのです。

男性の場合やショートヘアの女性はワックスが、ミディアムからロングの女性の場合はヘアオイルなどのトリートメント類も油分が含まれているためシャンプー前にしっかりと落としてあげるよう注意しましょう。

3毛量が多くて泡立たない

髪質に関する事柄なので仕方ないのですが、毛量が多い場合はシャンプー剤は泡立ちにくくなります。

美容師が美容院で多毛なお客さんやロングのお客さんをシャンプーする際もショートやミディアムの人を洗うときよりも泡立ちに時間がかかります。

4泡立たないシャンプーを使っている

泡立たないシャンプーが悪ではありませんが、お使いのシャンプーによっては泡立ちにくいものもあります。

特に洗浄成分にこだわったアミノ酸洗浄成分を使用したシャンプーは比較すると泡立ちにくいことがあるので注意が必要です。

かといって泡立ち易いシャンプーがいいかといえばそうでもありません。

5お湯の温度が原因で泡立たない

実はシャンプーには泡立ち易い温度が存在します。暑すぎても頭皮を乾燥させてしまいますし冷水などですすいだ場合はシャンプーを泡立たせにくくしてしまっています。

シャンプーをふわふわに泡立てるポイント

ふわふわのシャンプーの泡

ますはじめに油分を落とすためにすすぎをしっかりとすることが大前提です。

すすぎをしっかりとしたあとにシャンプーをふわふわに泡立てるために必要な要素が3つ存在します。

この流れをしっかりとマスターすれば泡立ちにくいシャンプー剤を使っていてもしっかりと泡立つようになるのです。

泡立たせる時のポイント
  • 空気を入れる
  • お湯の温度
  • シャンプー剤の量

シャンプーをしっかりと泡立たせるためにはこの3つの要素をしっかいと把握して泡立たせることが必要です。

美容師は1年目のシャンプー練習中に教わることなのでみなさんにも伝えていきます。

こちらも一つずつ説明していきますね。

1空気を入れる

シャンプーを泡立たせる時に空気をうまく取り込むことで泡立つようになります。

髪の毛と髪の毛の間に空気がうまく入っていない状態だと泡も消え易い泡しかつくられません。

ポイントはUFOキャッチャーの掴む部分のような感じで根元からふわっとすくうような動きを取り入れると空気をうまく取り入れることができふわふわの泡をつくれるようになります。

2お湯の温度

お湯の温度はずばり38度前後がシャンプーの泡立ちやすい温度です。

これはシャンプー自体がそもそもこれくらいの温度のお湯と反応しやすいように作られているためでもありますが、冷水や熱いお湯でのすすぎは泡立ちにくくなったり頭皮に負担をかける原因になるのでお湯の温度も意識した洗って見てください。

3シャンプー剤の量

ショート 1プッシュ
ミディアム 1,5〜2プッシュ
ロング 2プッシュ〜3プッシュ

これは実際に僕が目安にしているプッシュ量ですが髪の長さや毛量によってもシャンプー剤の使用料の目安は変わってきます。

髪の毛が多ければ多いほど使用するシャンプー剤は必要になるので泡立たない人は少なすぎることも考えられます。是非ご参考ください。

泡立たない時の間違った対策

泡だて方を間違った女性

シャンプーが泡立たない時によくある間違いもまとめました。

これらは全て間違った泡だて方なので自分がやっていないか確認してみてくださいね。

1シャンプーのつけすぎ

シャンプーは上記でお話ししたように適量があります。

泡立たないからといってシャンプーのプッシュ量を何回も増やす行為は頭皮などの洗い残しを起こしやすくするデメリットがあるので注意しましょう。

2泡立ちの良いシャンプーを使う

これに関しては間違いというと語弊があるかもしれませんが泡立ちの良いシャンプーが髪の毛や頭皮に良いシャンプーかと言われれば答えはNOです。

安価なシャンプーに含まれる成分も大変泡立ちがよく使いやすいので混同してしまいがちですが、大切なのは泡だて方であり泡立つシャンプーに変えればよいというわけではありません。

まとめ

シャンプーが泡立たない原因と対策についてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

まとめると
  • 油分が残っている状態でのシャンプーは泡立たない
  • 泡立てるためにはお湯の温度と空気とシャンプーの量が大切

スタイリング剤などを使用している状態ですすぎなどを適当にしてしまっていると油分が残った状態になりやすく泡立ちも悪くなりますし経済的にも悪影響です。

これらはしっかりとすすぐことで泡立ち易い土台がつくれるので、しっかりとすすいだあとは泡立つための3つのポイントを参考に泡だててみてくださいね。

洗い方に関してはこちらの記事で詳しくまとめています。

[getpost id=”141″ title=”合わせて読みたい” ]

【期間限定のトライアルセット】

サロン品質でこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

お試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

お得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

目次
閉じる