スポンサーリンク

市販シャンプーで人気のアミノメイソンですが、そのボトルのオシャレさから手に取った方も見えるのでは?

ですが、頭皮や髪の毛の為には大切なのはボトルデザインではなく成分ですので、今回はアミノメイソンの成分を解析していきます。

この記事の内容
  • アミノメイソンの成分を美容師が解析
  • アミノメイソンには頭皮に不安な成分も・・・

美容師をやっているとお客様でも使用している方がちょくちょく見えてその人気さが伺えます。

ですが、成分を良く見てみると地肌を洗うシャンプーにはあまり好ましくない成分も含まれていることがわかりました。

今、使っている方も検討中の方も是非参考にしてからお考えください。

アミノメイソンシャンプーの特徴

アミノメイソン

女性ならば思わず手に取ってしまうようなボトルデザインで人気のシャンプーがアミノメイソン。

流行したメイソンジャーにシャンプーをぶち込んだそのまんまのネーミングなのですが、容器のおしゃれさから使用者続出中の市販シャンプーなのです。

モイストとスムースの2タイプあり、質感から選べるのですが香りもホワイトローズとビオニーローズの2タイプなので香りで選ぶ方にも嬉しいですね。

結論から言ってしまうとアミノメイソンシャンプーは1500円という価格設定において市販シャンプーの中ではかなり良い成分の設計であることがわかります。

ただし、ある1つの成分を除いての話です。

シャンプー選びにおいて成分を知ることはとても大事なことなので次の功で詳しくお話していきます。

アミノメイソンシャンプーの成分

アミノメイソンシャンプーの全成分がこちら↓

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、グリセリン、ハチミツ、加水分解カゼイン、加水分解乳タンパク、ヨーグルト液(牛乳)、アーモンド油、アルガニアスピノサ核油、マンゴー種子油、アボカド油、オレンジ油、カキタンニン、加水分解チェリモヤ果実エキス、加水分解マンゴスチン果実エキス、加水分解マンゴー液汁エキス、ウメ果実エキス、シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コンキオリン、タウリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ヒドロキシプロリン、アセチルヒドロキシプロリン、リシンHCl、乳酸Na、乳酸、ケラチン(羊毛)、グルタミン酸、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、シスチン、フェニルアラニン、クオタニウム-18、アルギニン、プロリン、ベヘントリモニウムクロリド、チロシン、γ-ドコサラクトン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ヒアルロン酸Na、ダイズステロール、白金、グリシン、フィチン酸、酸化銀、クエン酸Na、PPG-7、ラウリルグルコシド、プロパンジオール、クエン酸、塩化Na、ポリクオタニウム-10、安息香酸Na、EDTA-2Na、BG、フェノキシエタノール、香料

シャンプー選びに置いて一番大切なのが洗浄成分。

その次にあなたの髪質にあった補修・保湿成分が含まれているかどうかが大切になってきます。

アミノメイソンシャンプーの洗浄成分

シャンプー中の成分で水を除いて最も配合良が多いのが洗浄成分。

その為頭皮や髪の毛に与える影響も一番大きいのでシャンプーを選ぶ時は最低限ここだけはしっかりと見ていただければなあと思います。

そんなアミノメイソンシャンプーの洗浄成分はこちら↓

ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン

ラウロイルメチルアラニンNaを市販クラスでメインに配合しているシャンプーはなかなか珍しいのではないかと思います。

ラウロイルメチルアラニンはアミノ酸系の低刺激性を保有しながら、アミノ酸洗浄成分のなかでも適度な洗浄力を持っている優秀なサロンシャンプーにも良く含まれている成分です。

コンディショニング効果もあるので指通りも良くダメージ毛でもさらっとした洗い上がりで相性が良いです。

次いで配合良が多いのがベタイン系のコカミドプロピルベタイン。こちらは低刺激でマイルドに髪の毛や頭皮を洗うことができます。市販クラスのシャンプーにもよく含まれますが良成分です。

低刺激で洗浄力が適度にあるラウロイルメチルアラニンNaをメインに配合してサブに低刺激・低洗浄力のコカミドプロピルベタインで優しくしている設計のシャンプーですね。

洗浄成分だけ見てみるとこの価格帯では文句なしの成分なのがわかります。

アミノメイソンシャンプーの保湿・補修成分

  • ペリセア
  • スーパーアミノ酸
  • ベヘントリモニウムクロリド

1ペリセア

ペリセアは美容室でのトリートメントにも含まれていて髪の毛の内部まで浸透して補修しつづける補修効果のかなり高い成分です。

使うほどに髪の補修効果がアップし髪の毛の構成に必要なアミノ酸をおぎなうので保湿力をアップさせることができます。

毛髪構成成分に近いペリセアは髪の毛への親和性がとても高く強度改善、感触改善、結合水量増加と髪の毛の悩みを軽減してくれる効果が期待できます。

2スーパーアミノ酸

スーパーアミノ酸

スーパーアミノ酸と呼ばれる新しい成分というわけではなく、アミノ酸とケラチンを髪の毛内部に補給してから白金でコーティングしてくれるように配合しているようです。

3ベヘントリモニウムクロリド

「これさえなければ」と涙を流したのがこちらのベヘントリもニウムクロリドという成分。

リンスやコンディショナーなんかに含まれる感蝕剤、帯電防止剤なのですがタンパク変性作用や殺菌作用があるので頭皮にはつけない方が良い成分なんです。

「リンスなどは頭皮につけないで」と呼ばれるのはこういった成分が配合されているからなのですが、アミノメイソンには頭皮を洗うシャンプーに含まれていて、それがかなりデメリットです。

実際にどれくらい影響を及ぼすかはわかりませんが、頭皮トラブルの起きやすい人は避けておく方が無難だと思います。。。。

アミノメイソンシャンプーの美容師評価

「非常に惜しい」というのが僕の正直な感想です。

洗浄成分もラウロイルメチルアラニンNaをベースに低刺激で適度な洗浄力の設計で補修・保湿成分もペリセアが配合されておりかなり頑張っている印象。

頭皮に刺激のあるベヘントリモニウムクロリドさえ含まれていなければ評価はかなり高かったかなと思います。

頭皮環境は悪化させると髪の毛の健康にも影響が出かねませんし、何より頭皮がかゆくなったりトラブルが起きては髪の毛を綺麗にしているどころではありませんので使用する理由は特になさそうかな。。

他が優秀なだけにほんとに惜しいシャンプーでした。

【結論】洗浄成分が優秀なだけに残念

市販シャンプーのアミノメイソンについて解析してきましたがいかがでしたでしょうか?

市販価格でこの成分群はかなり優秀なのですが、頭皮トラブルを引き起こしかねない成分が配合されているので惜しいシャンプーでした。

もし、あなたがアミノメイソンを検討にしているならば参考にしてください。

そのほかにもシャンプーについてまとめているのでよければご参考ください。

スポンサーリンク
【期間限定】人気のホームケアトライアルセットのご紹介

あなたは髪の毛の綺麗の為にシャンプーやトリートメントはこだわって選べていますか?

美容師を仕事としている僕は今まで様々なシャンプーなどを見てきましたが、やはり品質の高い商品は価格も高いのがネックでした。

ですが、ネット限定で購入できるプレミオールトライアルセットの価格には腰を抜かしてしまいました。

品質も高い商品がお試し版とはいえ「シャンプー」「トリートメント」「アウトバス」で¥2000という美容院泣かせな価格設定。

はっきり言って品質の高さを保ちながらのこの価格設定は美容院を通しているブランドでは絶対にできません。

プレミオールのお得なキャンペーンは期間限定でいつ終わるか僕にもわかりませんので気になる方はお早めにどうぞ。

 

おすすめの記事