menu
おすすめトリートメント
category
ビヨウシ【H】
本音シャンプーレビューを中心にヘアケア方法などを発信。
インスタも毎日更新しているのでチェックしてみてください。
(現在サイト改修中の為見づらくなっております)
web限定のお得な商品▶プレミオール

【プロが教えるアホ毛(浮き毛)対策】アホ毛を抑える効果的な方法10選

アホ毛(浮き毛)についての悩みはたくさん相談されます。

単に アホ毛(浮き毛) といっても人によって原因はさまざま。

なので対策も違います。もしかしたら、根本的な生活習慣から見直した方がいいかもしれないしヘアケア用品でカバーできる可能性も!

こんな悩みを解決できる記事です。

  • アホ毛(浮き毛)が気になって悩んでいる
  • アホ毛(浮き毛)を予防する方法は?
  • まとまらないアホ毛(浮き毛)をまとめる方法はある?
  • アホ毛(浮き毛)を対策するシャンプーやトリートメントが知りたい!
ひでよし

こういった悩みに美容業界に10年以上いる髪のプロが答えます。

アホ毛(浮き毛)を抑えたい」と思うあなたに向けて、アホ毛対策をわかりやすくまとめてみました

是非ご参考ください。

  • コスパも内容も求める人におすすめ!
  • ダメージ毛もしっかりと保湿
  • 4000円相当のセットが1980円(公式限定)
  • 買い切りなのに次使える3000円OFF券付き
タップできる目次

あなたのアホ毛 (浮き毛) の原因は?

アホ毛
根元から出ているアホ毛

アホ毛とは、髪の毛表面をふわふわしていたりピンピンと出てくる髪の毛のこと。

主に湿気や静電気により髪の毛がまとまらなくなった状態にアホ毛が出るんですが

実はこの「アホ毛」。

人によって原因は違います。

アホ毛(浮き毛)の種類
  • 根元から短い毛が出てくるタイプのアホ毛(浮き毛)
  • 途中で切れてしまって出てくるタイプのアホ毛(浮き毛)

大きく分けるとアホ毛の原因には2タイプあります。

根元からピンピンと出てくるアホ毛と、髪の毛の途中からアホ毛とに分かれます。

アホ毛をまとめる方法はスタイリング方法として最後に紹介するのですが、まずはあなたのアホ毛の原因を知ることが再発防止につながるはず。

根元から短い髪の毛が出てくるアホ毛 (浮き毛) の原因

ヘアサイクルの画像

短い髪の毛が出てくるアホ毛 (浮き毛) は実はほとんどの人に起きるアホ毛です。

その仕組みは髪の毛の成長過程のヘアサイクルにあります。

髪の毛が生えてから抜け落ちるまでの期間は4〜6年で、今生えている髪の毛の80%以上が成長期にあると言われてます。

根元付近にピンピンと出てくる髪の毛の場合、ヘアサイクルで言うと成長期の初期段階にあたるので実は根元からのアホ毛は誰にでも起こりうるものなのです。

ただ、髪の毛のヘアサイクルが乱れると根元からのアホ毛が増えますし抜け毛や薄毛などの原因にもなります。

もしも、あなたが「根元からのアホ毛 (浮き毛) が異常に多い」と感じているのならばヘアサイクルが乱れていることが原因の可能性が高いです。

根元からのアホ毛 (浮き毛) のポイント
  • 根元からの短い髪の毛は誰にでもできる
  • へサイクルが乱れると根元で切れた毛が増えることも
  • 変化に感じたらヘアサイクルの乱れを疑おう

髪の毛の途中から切れて出てくるアホ毛 (浮き毛) の原因

アホ毛に悩む女性

どちらこと言えばこれはアホ毛ではなく、枝毛だと思いますが混同されている方がいるのでこちらでもまとめています。

髪の毛の途中でふわふわと出てくるアホ毛の原因は外的要因です。

  • 髪の毛のダメージ(カラー・パーマ・紫外線・摩擦など)
  • 美容室での梳かれすぎ

梳かれすぎ

美容室で必要以上に梳きを入れてもらったことがある人もいるかと思いますが、梳きは必要以上にいれることでまとまりを失います。

極端な話、髪の毛は重ければ重いほどまとまる習性があるので、軽くする行為をやりすぎればまとまりにくくなるのは当然のことです。

ヘアスタイルによっては根元付近からたくさん梳かれるとアホ毛の原因になります。

軽めが好みの場合は、アホ毛の原因は梳きにもあるかもしれませんね。

ダメージ

ダメージした髪の毛もアホ毛が多く出てしまいます。

途中で切れた髪の毛が湿気や静電気によりまとまらなくなるのがアホ毛の症状なのですが、ダメージした髪の毛は特にまとまりません。

髪の毛がアホ毛になる外的要因であるダメージはあなたも心当たりがあるはずです。

  • 明るめのカラーやきつめのパーマをよくする
  • 自宅での髪の毛の扱いが雑
  • ヘアケア製品は安いもので
ひでよし

実はこれらが原因となっている可能性が高いです。

髪の毛がダメージして起こるアホ毛は、ヘアケアでの予防が必要と言えます。

【枝毛の原因とケア方法3選を徹底解説】自宅での対策が大切

生活習慣の改善でアホ毛 (浮き毛) を抑える

生活習慣を悩む女性
  1. 食生活
  2. 睡眠
  3. 適度な運動

髪の毛は頭皮からの血液を栄養として生えてきますので、あなたの生活習慣がこれから生えてくる髪の毛に大きく関わってきます。

これら3つの要素は髪の毛のヘアサイクルの正常化にも大切。

どれかが欠けているとヘアサイクルの乱れを起こしやすい状態であると言えます。

ひでよし

夜勤が多く睡眠時間をうまく取れていない方や、食生活が乱れているお客さんは頭皮も硬くアホ毛が出る人が多かったですね。

髪の毛は身体の栄養の一部を取り込んで生えてくるわけなので、本体の栄養がうまく取り込まれないと弱い髪が生えてきます。

その前兆として頭皮が硬くなったり、最終的にアホ毛として現れます。

血行や栄養、睡眠時間など生活習慣の改善は根元からのアホ毛を予防していくために大切です。

髪の毛と頭皮の健康には睡眠が超重要

ヘアケアでアホ毛 (浮き毛) を抑える

アホ毛に悩む女性

シャンプーでアホ毛 (浮き毛) を抑える(予防対策

【ラサーナプレミオールはシリコンインだけど問題ない】3つの理由をプロが解説
アホ毛(浮き毛)にも効果的なお試しセット

>>【ラサーナプレミオールシャンプー成分解析】プロのレビュー評価と口コミ紹介*

シャンプーは本来「洗うことを目的」としたものですが、品質の高いものだとアホ毛の予防効果も期待できます。

格安シャンプーに多いのは、キューティクルをはがし長期的には乾燥を招く洗浄力の強すぎる商品

ひでよし

頭皮も髪も乾燥する可能性があり、洗浄力の強いシャンプーではアホ毛はまとまりません。

アホ毛対策にはマイルドな洗浄成分のシャンプーを使用し、保湿することが大切

最近では市販シャンプーの中でも、しっかりと選べばアホ毛を抑えるために大切な要素を含んだシャンプーも販売されています。

髪に悩む女性

シャンプーはどれをつかっても同じでしょ

と思っている方も多くいるかとは思いますが、自宅でのアホ毛予防を取り組むのならまずはシャンプーから取り掛かることを強くおすすめします。

【市販シャンプーおすすめランキング7選】プロが厳選!【2021】

トリートメントでアホ毛(浮き毛)を抑える(予防対策

ひでよし

トリートメントには油分など皮膜成分が多く含まれています。

皮膜成分とはその名の通り髪の毛を守ってくれる シリコーンや植物性オイルなどの成分です。

そのためすべりをよくしてくれたり綺麗に見せたりするだけでなく、トリートメントもアホ毛予防には効果的です。

【プロがおすすめするトリートメントランキング12選】選び方から種類までわかりやすく解説

アウトバスでアホ毛(浮き毛)を抑える(予防対策

アホ毛を抑えるのに必須のアイテムがアウトバス(洗い流さない)トリートメントです。

アウトバスでアホ毛を抑える時のポイント
  • 少量を手に取り、気になるアホ毛部分に薄くつける
ひでよし

アホ毛を抑えるのはオイルタイプかクリームタイプがおすすめ。

ミストタイプもつけた直後は効果がありますが、より油分の多いオイルタイプかクリームタイプがアホ毛を即抑えられて持続します。

持ち運びに便利な少量のものをバッグなどに忍ばせておくのも〇

オイルタイプだと「こちらのトライアルセット」で買い切り1980円でシャンプーもインバスも付いてくるので即ゲットしておきましょう。

プロが本気でおすすめする洗い流さないトリートメントランキング

熱でアホ毛(浮き毛)を抑える方法

ドライヤーとコテ
  • ドライヤー
  • ヘアアイロン/コテ

ドライヤーでアホ毛を抑える

髪の毛は温まってから冷めると形がつくのでスタイリングにおいてドライヤーは非常に重要です。

ポイント
  • アホ毛が気になる部分を手で抑えながら熱を当てる
  • そのままの状態で冷ましてから手を離す

上記のようにすると、アホ毛がふわふわしていない状態で形で定着してくれます。

湿気が強い時期や静電気が起こりやすい時期はこれだけだとアホ毛が復活してくるので、上から「オイル」などを付けるとさらに良いです。

ストレートブラシでアホ毛を抑える

SALONIA(サロニア)
¥4,984 (2021/09/27 17:49:19時点 Amazon調べ-詳細)

原理はドライヤーと同じですが、温度が違うのでその分効き目も抜群です。

くるくるドライヤーのストレート版のようなもので熱で柔らかいストレートに簡単にしてくれます。

ひでよし

この時、アホ毛の気になる部分をなぞるように使えばOK

アホ毛対策には有効ですが、同時に髪もダメージさせてしまうので洗い流さないトリートメントを薄つけして髪を保護しながらすることがおすすめです。

【結論】アホ毛(浮き毛)は予防対策とスタイリングで抑えて直す

ひでよし

アホ毛の予防法と抑える方法でした.

アホ毛を抑える方法のまとめ
  • 生活習慣でアホ毛ができにくい体質つくり
  • ダメージ予防でアホ毛ができにくい髪へ
  • オイル」でアホ毛を抑える
  • 熱でアホ毛を抑える
ひでよし

まとめるとこんな感じ。

アホ毛はできにくい髪へ内側と外側のケアが大切。

さらにできた場合にはオイルなどで抑えてあげるとばっちりです。

梅雨時期などには湿気で特に気になると思いますがこの記事を読んで備えましょう。

Amazonでプライム会員になって賢く購入
  • 送料無料&翌日配送
  • 映画や音楽も見放題
  • 初回5000円以上のギフト券購入で1000P(還元率20%
  • 次回以降のチャージも最大2,5%還元

\ 詳細はコチラ /

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる