MENU
ヘアケア商品検索
おすすめトリートメント

ご予約・お問い合わせ

TEL050-8880-2977

受付時間:10:00~17:00(定休日以外)

MAILhaircaretalk@a-w-a.co.jp

300種以上から厳選 本当に良いシャンプーランキング

【40代・50代やってはいけない髪型】痛い髪型9選&おばさんぽくない若く見えるヘアスタイル紹介【美容師解説】

*一部プロモーション含みます

40代・50代になると髪質や肌の変化が影響して、今までやっていた髪型が似合わない・・なんて感じませんか?

ちゃちゃ

間違った髪型にすると、おばさんぽくなったり老け見えすることも。

今回は40代・50代の大人女性におすすめなおばさんぽくない若見えヘアスタイルを9つ厳選しました!

やってはいけない髪型の理由・長さや顔の形別におすすめの髪型も併せて紹介するのでぜひ参考にしてみてね。

【40代】かっこいい大人ショートヘアおすすめ12選

スクロールできます

監修者

長崎弘幸(ひでよし)

長崎弘幸

2011年名古屋モード学園美容学科卒業後、名古屋市の美容院など計4店舗を経て、白髪染め専門美容室ソマリ美容室ヘアケアトークを開業。Yahoo!ニュースエキスパートや各種SNSにてヘアケアについて発信中。

著者

ヘアケアトーク編集部

アロマテラピー検定1級取得者、白髪染め専門美容室などのヘアケア知識を有する株式会社AWAメンバーが執筆。口コミで高評価のヘアケア商品を試して評価しています。

監修者は商品の推薦ではなく「商品検証」「選び方」「白髪知識」について監修しています。株式会社AWAは、日本毛髪科学協会厚生労働省消費者庁の発信する情報を基に、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。

目次

【40代&50代やってはいけない髪型】痛い髪型・避けたい髪型9選を美容師が解説

40代・50代がやってはいけない髪型に共通していることは、年齢と髪型に違和感があるヘアスタイルということ。

やってはいけない理由を知り改善策を知ることで、若く見える髪型に変身できます!

年齢に応じてやってはいけない髪型、痛いと思われる髪型にしたくない人は下記の9の髪型を避けてもらった方がいいかもしれません。

ぱっつん前髪

40代・50代の前髪にぱっつん前髪はNG。

年相応でない幼さが違和感となり全体のバランスが取りづらくなる可能性があります。

ちゃちゃ

短い前髪にしたい人はアシンメトリーがおすすめ!

真っ直ぐラインのぱっつん前髪は幼稚な印象が強すぎるので、束間のあるアシメスタイルにしてみましょう。

顔まわりに動きが表現できるので、華やかな印象に早変わりします。

特にショートスタイル・おでこが広めな人に相性抜群です。

シースルーバンク

透け感が印象的なシースルーバングは若者を中心に人気な前髪スタイル。

しかし、40代・50代にはおすすめできません。

髪がパサつきやすい40代・50代が重みのない前髪にすると、まとまりなく散らばった印象になりがち。

前髪の毛は他の部位と比べ細く柔らかい髪質なので、パサつきが出やすい傾向です。

ちゃちゃ

だらしがない印象を与えやすいから危険かも・・。

軽めのヘアスタイルにしたい人は前髪全体を薄くするシースルーバングでなく、毛先の厚みを減らしたノーマル前髪がおすすめ。

適度な毛量で髪にまとまりを残しつつ、毛先は揺れ動く軽さを表現できます。

【前髪なし】ぺったんこセンター分け

フロントの髪を真ん中で半分に分けたセンター分けは40代・50代にはNG。

トップにボリュームがなく全体的に貧相なヘアスタイルになってしまいます。

白髪に悩んでいる人だと、ライン状に白髪がくっきり現れるのでより老けて見える恐れも・・。

ちゃちゃ

長めのフロントを作ることをおすすめします!

前髪を作るとうっとうしいと感じる人は、長めの前髪でおしゃれさを表現してみましょう。

リップラインからあごラインの長さなら、見た目の印象を大きく変えることなく華やかさを表現できます。

根元にボリュームがない・くっきりした分け目

ボリュームがない・くっきりしたラインが目立つ分け目は40代・50代にはNG。

地肌が見えていることでやぼったい印象になり老け見えしてしまいます。

ちゃちゃ

分け目をぼかす・なじませるスタイリングを心がけてみて!

くっきりした分け目を解消するには、分け目を消すようにいろんな方向から乾かすことが大切です。

分け目に逆らう乾かし方をすることで髪に立ち上がりが生まれ、トップにボリュームが生まれます。

明るすぎる髪

暗すぎる髪も老けて見えますが、明るすぎる髪はもっとNG。

髪がパサついて見える・傷んで見えるので、全体的にバランスが悪く老け見えの原因に。

40代・50代の全体をブリーチするようなハイトーンカラーは、グレイヘアに見えることもあるので注意が必要です。

ちゃちゃ

40代・50代には栗色っぽいナチュラルなブラウンがおすすめ!

栗色のようなあたたかみのあるブラウンは、ツヤと柔らかさをバランスよくできるので40代・50代の大人世代にはピッタリ。

黄みの強い色味はパサつきが強く現れるので、上品な髪型を目指すなら避けたほうが無難です。

ハイレイヤー

髪表面の毛が短いハイレイヤースタイルは40代・50代女性にはNG。

軽さのあるスタイルなので、しっかりセットしないとパサつきが目立ち汚く見えてしまいます。

特に直毛・細毛・軟毛(猫っ毛)の人はリスクが高いので要注意!

ちゃちゃ

レイヤーはバランスよく取り入れるならおすすめ!

短すぎるレイヤーは古い・パサパサな印象を与えますが、適度な長さなら丸みやふんわり感を表現できるので40代・50代と相性バッチリ。

髪の長さに対して3分の2くらいのレイヤーを残したネオウルフが人気です。

派手なインナーカラー

大人にも人気なインナーカラーですが、40代・50代に派手な色味はNG。

ピンクやレッドなど原色に近い奇抜なカラーはなじみが悪く、違和感ある印象になりがち・・。

ちゃちゃ

ベージュ主体の馴染みがいい色味を選んでみましょう!

派手なインナーカラーはおすすめできませんが、ナチュラルカラーのインナーカラーはおすすめです。

特にベージュ・グレージュ系カラーは、肌なじみがよくくすみがちな顔のトーンを明るくしてくれる効果もあります。

白髪染めの変化のない髪型にマンネリしている人にも最適です。

高い位置で髪を結ぶ

頭の高い位置で髪を結ぶのはNG。

落ち着いた雰囲気の40代・50代が、高い位置で髪を結ぶとキュート・幼さが強く表現されるのでミスマッチになりがち。

髪が引っ張られる力が強いことで、頭皮にも悪影響を与えてしまいます。

ちゃちゃ

見た目・頭皮の負荷の両方から見ても、低い位置で結ぶのがおすすめ!

40代・50代が髪を結ぶときは、後頭部の骨の丸みの位置より下にしてみましょう。

ポニーテール・シニヨンどちらでもバランスに優れ、上品でおしゃれな印象に仕上がります。

パサパサ髪

毛先や髪表面がパサパサしたうるおいのない髪は40代・50代にはNG。

まとまりなくだらしがない印象になり、一気に老けて見えてしまいます。

30代を境に髪内部の水分・油分量はどんどん減少傾向に。

不足したうるおいを補うケアができていないと、髪表面にパヤパヤした毛が目立ちまとまりのない髪型になってしまいます。

ちゃちゃ

パサパサ髪を防ぐために、過度に量を減らすことはやめましょう。

毛量が多いと感じてついつい「髪をすかして!」とオーダーしてしまいませんか?

髪の重みが減ることは、よりパサつきが目立ち老けて見えることになるので注意が必要です。

量を減らしても艶やかな髪を維持できるよう、美容師さんとバランスの相談をしてからカットしてもらってくださいね。

>ひどく傷んだ髪トリートメントおすすめランキング

【40代・50代のおばさんぽくない髪型】若く見えるための対策を美容師解説

40代・50代でもおばさんぽくない若く見える髪型を楽しみたいですよね。

知らないうちに老けて見える髪型にしてしまわないために、おばさんぽくない髪型のポイントについて解説します。

40代・50代のおばさんぽくない髪型ポイント
対策
ちゃちゃ

40代・50代におすすめなヘアケアグッズも紹介します。

もうすぐ60代の方はこちらの記事もチェック

>60代のおばさんぽくない髪型

トップにボリューム感を出す

頭の頭頂部がペタッとしてボリュームのない髪は寂しい・老け見えの原因に・・。

おばさんぽくない髪型にするには、トップにボリュームを出す工夫をしてみて!

分け目を真ん中にしない・重すぎる髪型を避けつつ、ボリュームアップ系のヘアアイテムを使ってみるのがおすすめ。

ボリュームキープできるハリコシトリートメント

普段使っているシャンプーやトリートメントにプラスして使う髪の美容液のヘマチン原液。

髪の主成分ケラチンと結びつき髪を補修するヘマチンが100%*配合されているので、ハリコシ・ボリュームに効果的。*化粧品原液として

サロンでも髪の内部補修やボリュームアップに使われる成分なので、気になる方は原液タイプのトリートメントでボリューム対策を行ってみてください。

白髪のメカニズム・原因

髪にツヤ感を出す

お肌と同じで髪も年齢とともに水分や油分が減ってきます。

うるおいが足りず乾燥した髪はパサつき広がってだらしがない印象に・・。

濡れたまま放置しない・半乾きで寝ない習慣を身につけるのはもちろんなんだけど、うるおいをプラスするケアも大切!

ツヤツヤになれるへアオイル

へアオイルで髪の毛に艶を与えてスタイリングしてあげる事でヘアスタイルの老け見えを防止できます。

特にエルカラクトン配合のへアオイルが美容室でも取り扱いが多くツヤ出しに最適。

ドライヤー等の熱に反応して、キューティクルに艶を出してくれる成分「エルカラクトン」が、ドライヤー前のひと手間に使用するだけで、年齢と共に気になるパサつきをしっかりカバーしてくれるでしょう。

ひし型のシルエット

髪のハリコシがなくなると髪のシルエットが崩れやぼったい印象になってしまいます。

特にAラインに広がる末広がりのワンレンスタイルは、重すぎておばさんぽくなりがち。

40代・50代には小顔効果がある若見えスタイルのひし型血シルエットがおすすめ!

ちゃちゃ

ボリュームのメリハリがついて引き締まった印象に早変わりです。

ひし型シルエットをキープするには髪内部の水分量も重要。

いくらキレイにカットしてセッティングしても、水分量の少ないスカスカ髪だと昼までしかスタイルが持ちません。

水分を奪いすぎないやさしいシャンプーを使うようにしましょう。

髪の毛の水分保持にぴったり

髪の毛の水分保持にぴったりなシャンプーは潤いを奪いすぎない優しい洗浄力のシャンプーです。

また、髪のコーティングや補修を行ってくれるシャンプーも潤いをキープするには適切なシャンプーと言えるでしょう。

【長さ別】40代・50代おばさんぽく見えない!若みえするヘアスタイル

40代・50代におすすめな、おばさんぽくない若見えするヘアスタイルを髪の長さ別にまとめてみました!

【ショートヘア編】トップにボリューム感のあるひし形シルエットに

40代・50代がショートヘアにするときは、トップにボリュームや動きのあるシルエットがおすすめ!

重めのスタイルだとまとまりやツヤ感は表現できるけど、もさっとして老けた印象になりがち・・。

トップにレイヤーを入れた動きのあるスタイルなら、年齢とともにボリュームダウンする髪をカバーし若々しい印象に魅せてくれます

ちゃちゃ

分け目がぼやけるから白髪目立ちにくくなるよ!

【50代の白髪が目立たないカラー】アッシュ系がおすすめ

【ミディアム編】レイヤーを入れて大人の上品スタイルに

40代・50代がミディアムヘアにするときは、毛先中心にレイヤーを入れたふんわり上品スタイルがおすすめ!

後頭部が潰れて寂しい印象になると見た目年齢がぐんと上がってしまうので避けるべき。

後頭部の骨のくぼみより下にレイヤーが入ったウルフボブ・ミディアムレイヤーなら乾かすだけで自然な丸みが表現できます。

ちゃちゃ

手入れも楽ちんだから、朝スタイリングに時間をかけたくない人にはピッタリです。

まわりと差をつけたい・肩くらいの長さなら最新トレンド・くびれがより強調されたネオウルフがおすすめ。

鎖骨付近の長さ・くせ毛を活かしたいならネオウルフよりくびれ感がナチュラルなミディアムレイヤーがおすすめです。

【ロング編】しっかり髪のケアをしてツヤ髪に

40代・50代がロングヘアにするときは、髪表面のツヤ感を意識したスタイルがおすすめ。

年齢とともに髪の水分量が減りパサつく・ダメージを受けやすくなる40代・50代は、髪のツヤがないだけで汚らしくみすぼらしい印象になりがち・・。

ヘアスタイル・ヘアケアともにツヤを維持できるようなメンテナンスが必要です。

ちゃちゃ

ツヤ髪ロングを目指すなら、ローレイヤーがおすすめ。

高い位置からレイヤーを入れると髪表面に短い髪が飛び出て、パサパサとした見た目になりがち。

レイヤーによるこなれ感を表現しつつツヤをキープするには、毛先中心に入れたレイヤースタイルにしてみましょう。

髪全体に対して毛先3〜4分の1のレイヤーなら、ほとんどパサつきが気になりません。

>使ってはいけないシャンプーランキング

>ヘアアイロン痛まない美容師おすすめランキング

【顔の形別の若見える髪型】40代・50代でおばさんぽくないヘアスタイルを美容師解説

同じスタイルでも骨格によってバランスが良く見えたり悪く見えることも。

ちゃちゃ

面長な私は失敗スタイルになると顔が米粒のように長く見えちゃう・・。

顔の形別に40代・50代におすすめなおばさんぽくないスタイルを解説します!

面長さんは前髪でカバー

面長さんは顔の横幅より縦幅が大きい特徴があります。

他の顔の形と比べるとおでこの幅が広いことから、前髪なしスタイルだと縦長感が強調され顔が大きく見えることも・・。

面長さんの縦の印象を和らげるには、長めの前髪を作るのがおすすめ!

顔の長さに対して3分の2の長さで前髪を作ることで面長感をカバーできます。

大人っぽくキレイな印象の面長さんは、ツヤ感抜群のロングレイヤーとも相性バッチリです。

丸顔さん・ぽっちゃりさんはひし形スタイルでカバー

丸顔さん・ぽっちゃりさんは、顔の縦幅・横幅がほぼ同じで丸い印象のある形です。

顔の輪郭が丸いことで顔が大きく見えるので、肌が見える面積を広くしスッキリしたスタイルにしてみましょう。

ちゃちゃ

おすすめはひし形のくびれショート。

顔の輪郭が見えることで「余計に太く見えないの?」と心配になる人も多いかもしれません。

過度な露出は大きく見えてしまうけど、適度な肌の露出なら逆に顔痩せして見えるんですよ。

あごの長さで切ってしまうと丸い印象が強くなるから、あご上かあご下のどちらかにしてみて!

ベース型さんはトップのボリューム感でカバー

ベース型さんは、エラやハチの張りが強いことで角張った印象になりがち。

顔が大きく四角く見えてしまうので、顔まわりにレイヤーを施したミディアムスタイルがおすすめ。

毛先の動きによって丸い印象が強くなるので、エラやハチの主張を和らげられます。

髪を短くすると余計に四角く見えてしまうので、顔の形をカバーしたいなら肩より長いスタイルがおすすめです。

逆三角形型さんは顎ラインのボリューム感でカバー

逆三角形型さんは、ハチが張りが影響しておでこが横広に見える・あごがシャープでスッキリした印象があります。

小顔に見える点ではメリットだけど、あごまわりにボリュームがないと頭でっかちに見えバランスが悪くなることも。

適度なバランスを保つためには、あごまわりにボリュームがある重めボブがおすすめ。

ワンレングスだと老けて見えすぎるので、毛先中心に重めのグラデーションを入れたグラボブがピッタリです。

ちゃちゃ

ひし形よりも下の位置にボリュームがある感じ!

グラデーションを入れることで毛先が内に入り、後頭部に丸みを表現できるのでスタイリングもしやすくなるんですよ。

【女性100人に調査した結果】40代・50代のやってはいけない髪型・痛い髪型についての独自アンケート

ちゃちゃ

「40~50代女性のやってはいけないと思う髪型は?」とアンケート調査した結果、1位は『パサパサ髪』でした。

上記の調査結果はインターネット調査(クラウドワークス)を用いて2022年11月10日~11月11日の間に行った合計100名の女性に対するアンケート調査をもとに、株式会社AWAが作成しました。本件に関しては、プレスリリース「【調査レポート】40~50代女性のやってはいけないと思う髪型は?1位は「パサパサ髪」でした!」もご覧ください。

1位 パサパサ髪

年齢を重ねていくにつれ、パサパサした髪だと疲れて見えるようになるからです。適度な艶感があるのとないのでは見た目年齢も変わってくるように思います。(30代女性)

髪に潤いがないと、とても老けて見えるので常にツヤを意識し美容院でもトリートメントのメニューを施術してもらうなどした方がいいと思います。(30代女性)

年齢とともに肌の潤いが低下するため、髪の毛までパサパサだと老けて見える。髪の潤いは若見えすると聞き、実際そのように思う。 肌の延長線上にある髪には常に潤いが大事。(30代女性)

1位は「パサパサ髪」でした。
髪がパサついていると疲れて見えるから、髪に潤いがないと老けて見えるからという意見が多くありました。

2位 ぱっつん前髪

ぱっつん前髪は若い子がすると可愛いですが、40−50代がやると無理やり若作りしているように見えるからです。(40代女性)

ぱっつん前髪は明らかに若い年齢層が似合う髪型なので、中年の人がその髪型をしていると、若作りしているようにしか見えない(20代女性)

前髪を作ることで若く見える効果はあるけど、ぱっつんは幼く見え過ぎてしまうので顔とのバランスが悪くかんじるから。(30代女性)

2位は「ぱっつん前髪」でした。
ぱっつん前髪は若い女性に似合うから、40~50代女性がすると若作りしているように見えるからという意見が多くありました。

3位 高い位置で髪を結ぶ

髪にツヤやハリがないと、髪に注目を集めるような髪形は若作りが失敗しているように見えてしまいがちだと思うから。(30代女性)

ポニーテールやお団子結びなどは若い子が似合う髪型だと思う。40.50代は落ち着いた髪型がよいと思う。(40代女性)

高い位置のポニーテールは若いからこそ似合う髪型だと思う。中年の人がやると、痛々しい感じがすると思ったから。(30代女性)

3位は「高い位置で髪を結ぶ」でした。
髪にツヤやハリがないと若作りしているように見えるから、ポニーテールなどは若い女性に似合う髪型だと思うからという意見がありました。

4位以下も見る

4位 ボリュームがないくっきりした分け目

年齢がいくと髪の毛のボリュームが少なくなってくるので、根本がくっきりした分け目にしていると老けて見えると思うから。(30代女性)

髪にハリツヤ、コシがなくなって髪の立ち上がりを気にしなければいけないので、分け目のボリュームを気にした方がいいと思うから(50代女性)

年齢的に髪の毛が痩せて、ボリュームがなくなってくるので地肌が見えてしまうような分け目はより老けて見えてしまう。根元を立ち上げるようにするだけで若々しく見える。(50代女性)

4位は「ボリュームがないくっきりした分け目」でした。
年齢を重ねるにつれてボリュームが少なくなるから、根元を立ち上げるようにした方が若々しく見えるからという意見がありました。

5位 明るすぎる髪

髪の毛が細くなっている上に明るい色で染めていると、地肌が見えてしまってとても不自然、また髪の痛みが目立ってセットしてもまとまっていないように見えるため。(30代女性)

年齢相応の、落ち着いた髪色の方が似合って見えると思うから。歳を重ねた方が派手な色の髪色だと少しびっくりしてしまうから。(20代女性)

年齢が上がってくると髪質がかわってきて髪もパサつきがちだし、白髪染をするので髪も痛みがちになります。顔つきも変わるのでだんだんに明るい髪が若い頃に比べて似合わなく気がします。(40代女性)

5位は「明るすぎる髪」でした。
地肌が見えてしまうから、40~50代女性は落ち着いた髪色の方が似合うと思うからという意見がありました。

6位 その他

かなり短いショートカット。綺麗な方は似合うかもしれませんが、たいていしわなどが目立ってきますから、首ジワが目立つとかえって、短すぎる髪型は年齢より上に見られると思います。(40代女性)

ロングヘアは、やってはいけないと思います。よっぽど髪の毛に気を使っていてキレイなら良いと思いますが、傷んだ髪でロングヘアだったら清潔感もないし老けてみえると思うからです。(30代女性)

おさげ髪。子どもが自分の髪で三つ編みの練習をしたときに、おさげの私をみて夫が大爆笑したので。(40代女性)

6位は「その他」でした。
かなり短いショートカット、ロングヘア、おさげ髪という意見がありました。

7位 シースルーバング

引き続き流行中のシースルーバングですが、やはり若い子だから可愛いのであって、中年以降の女性がやるとバブリー感が出てしまうか、逆に貧乏臭く見えると思います。(40代女性)

シースルーバングは髪の量が少なく見えてしまう。スタイリング剤でボリュームを出してもどうしても毛量が少ない人が無理をしているように見える。(30代女性)

若い人がシースルーバングをするとわざと薄くしてるんだなぁと思うけど、ある程度年齢がいった人がシースルーバングをすると髪の毛が薄いのかなぁと思ってしまうから。(30代女性)

7位は「シースルーバング」でした。
シースルーバングは若い女性に似合うと思うから、髪の量が少なく見えてしまうからという意見がありました。

同率7位 前髪なしのぺたんこセンター分け

40~50代になると髪のボリュームがなくなってきます。前髪がないとよりボリュームのなさが目立ち、またぺったんこセンター分けにすることでよりボリュームのなさを強調して年齢を強く感じさせてしまうと思います。(30代女性)

前髪がない髪型は、若い子がすると大人っぽくなる印象で、ある程度の年齢の方がやると、年齢以上に老けて見える印象があるので。(30代女性)

髪のボリュームが無いように見える髪型は若さも無く老けたイメージとなる為避けた方が良いです。センターわけも似合うかどうかを見てからした方が良いです。(30代女性)

同率7位は「前髪なしのぺたんこセンター分け」でした。
前髪がないとボリュームのなさが目立つから、年齢以上に老けて見えるからという意見がありました。

同率7位 派手なインナーカラー

正直どの項目も迷ったが、しいていうのあれば派手なインナーカラー。これは若い女性のイメージが強い。似合ってればいいと思うが、そういう方はごく一部では。(30代女性)

40~50代の人がしてしまうと、「おしゃれ」ではなく「無理して若ぶっている」というイメージ。年相応ではないと感じる。(40代女性)

無理やりな若作りに見えてしまうから。またブリーチなどして毛質が悪くなると老けた印象になるから。上品な感じがしない。(30代女性)

同率7位は「派手なインナーカラー」でした。
無理して若作りしているように見えるからという意見がありました。

【Q&A】40代・50代のやってはいけない髪型に関するよくある質問

40代におすすめな髪型で手入れが楽なショートスタイルを教えて!

髪の内側にグラデーションを施したイングラボブがおすすめ。乾かすだけでスッと収まるのでスタイリングに時間がかかりません。

40代におすすめな斜めの前髪は?上手な流し方を教えて!

若々しい雰囲気を作りたいなら、おでこを隠しながら自然に流す・大人上品な雰囲気にしたいなら耳たぶ付近の長さでかきあげながら流す前髪がおすすめ。

重すぎ・軽すぎる前髪はバランスが悪く見えるのでNG。

40代に似合う髪型がわからない・・何を意識すればいい?

髪がパサつきやすくなる40代はツヤとまとまりのあるスタイルを意識してみましょう。ハイレイヤーやハイトーンなどはパサつきが強く見えるので控えるのがおすすめ。

セレブ・上品な髪型にしたいとき50代が意識するべきことは?

こなれ感・華やかさのある髪型を意識してみましょう。ショートならひし形ショート・ミディアムならレイヤースタイル・ロングならツヤ感抜群の栗色カラーがおすすめ。

40代におすすめな髪型でぽっちゃりに向いているものは?

ひし形のあご上ショートスタイルがおすすめ。あごより短くし肌を適度にみせることで、スッキリとした印象に仕上がります。

50代におすすめなパーマなしの髪型は?ミディアムのヘアスタイルです。

パサつき・ふわふわ広がる悩みが多くなる50代には、鎖骨の長さのミディアムレイヤーがおすすめ。はねにくい・後頭部にメリハリが生まれるのでスタイリングがしやすいメリットも。

40代です。前髪がぺったんこになるのが悩み・・解消方法はある?

前髪は髪全体の中でも髪が細いのでボリュームダウンしがち。前髪の量を増やす・生えぐせを消す・ヘアアイロン(コテ・ストレート)で立ち上がりを作るのがおすすめ。

くせ毛に悩む40代にとって手入れが楽な髪型はある?ボブはどう?

カールの強いくせ毛(捻転毛)なら、適度にレイヤーを入れたショートボブでパーマ風に活かすのがおすすめ。

カールの弱いくせ毛(波状毛)なら、重めのボブスタイルボリュームを抑えまとまりを出すのがおすすめ。

また、シャンプーでくせ毛のうねりを緩和して扱いやすくすることもできるので、そちらも検討してみてください。

>うねりケアシャンプー試す
>うねりケアシャンプー口コミ体験談

50代の髪型でミディアムレイヤーはおすすめ?

はい。鎖骨くらいの長さなら後頭部のボリュームのバランスも良く、シルエットが一番キレイに見えます。

50代がやって若く見えるおばさんぽくない髪型・ロングスタイルで教えて!

髪色が落ち着いたローレイヤースタイルがおすすめ。髪の明るさを抑えることで光が反射し髪表面がツヤっぽく見えます。

おばさんぽくならない、似合う髪型にしてくれる美容師を探すにはどうしたらいい?

似合う髪型を提供してくれる美容師は各地域でカット技術のある美容師さんを探しましょう。

  • SNS
  • 口コミ
  • ポータルサイト

などで自分にあったヘアスタイルを提供してくれる美容師をお住まいの地域でお探しの方は下記サイトも参考にしてください。

40代のパーマなし・ストレートな髪質におすすめなミディアムの髪型は?

ストレート(直毛)の人がパーマなしスタイルにするなら、レイヤースタイルがおすすめ。ぺたんこな印象になりがちですが、レイヤーでふんわりさせることで寂しい雰囲気をカバーできます。

かっこいい大人ショートヘアにしたい!50代はどんなことを意識したらいい?

かっこよさを表現したいなら、毛先の動き・ひし形シルエット・トップのボリューム・後頭部のメリハリは必須です。

50代に人気の髪型を教えて!

ハンサムショート・くびれボブが人気です。毛先のパサつきが目立ちがちな50代には、まとまりの良いショートスタイルの人気が高い傾向。

小顔に見える髪型にしたいです。50代のミディアムには何がおすすめ?

顔まわりにあご下から毛先の動きが現れるミディアムレイヤーにしてみましょう。

縦の強調を和らげることでバランスが整うので、小顔効果が発揮できます。

50代ショートにおすすめな前髪ありスタイルは?

おでこが広い人ならおろしながら流す前髪・狭い人ならサイドの長さに対して3分の1ほど短いかきあげ前髪がおすすめ。

肌が見える面積のバランスを取ることで小顔・若見え効果が得られます。

50代のリアルヘアスタイル(セミロング)が知りたいです。今の流行りは?

髪の長さに対して毛先3分の1あたりにボリュームのあるミディアムレイヤーが人気です。くせ毛を生かす・動きによる華やかさがプラスされる点が特徴。

50代がやってはいけない髪型は?

ワンレン(ボリュームのバランスが崩れる)・分け目がくっきりした髪型(トップがぺたんこで寂しい印象になる)は避けましょう。

50代がやって若く見えるおばさんぽくない髪型・セミロングで教えて!

鎖骨の長さのミディアムレイヤーがおすすめ。毛先にワンカール動きをつけたパーマ・巻き髪スタイルは華やかさが増し、特に若く見える効果があります。

50代向けの髪型(カットのみ)でおすすめは?

ツヤを重視するなら重めのグラボブ・ボリュームを重視するならひし形ショート・上品さを重視するならミディアムレイヤーがおすすめ。

おばさんぽくない髪型にしたいとき、60代には何がおすすめ?

ボリュームダウンしがちな60代には分け目なしショートがおすすめ。分け目を付けないことで、潰れがちなトップにふんわりとしたボリュームを出すことができます。

50代がやって若く見えるおばさんぽくない髪型・パーマスタイルで教えて!

ショートならトップにふんわりとしたボリュームのあるニュアンスパーマ、ミディアムなら毛先にゆるめのカールがついたレイヤーパーマ、ロングなら毛先中心に大きめのS字カールが施されたゆるウェーブがおすすめ。

50代がやって若く見えるおばさんぽくない髪型は?前髪はどうしたらいい?

おろすなら適度な厚みがある前髪・流すなら耳たぶ〜唇の長さがある前髪がおすすめ。センター分け・重すぎ&軽すぎる前髪・ぱっつんは老けて見えるのでなるべく避けましょう。

くせ毛に似合う髪型が知りたい。50代のロングスタイルです。

くせ毛によるカール感をうまく活用したレイヤーカットがおすすめ。カールの位置がずれることでパーマのようなカーリーなスタイルに仕上がります。

まとめ|【40代・50代】やってはいけない髪型・痛い髪型9選|おばさんぽくない若見えヘアスタイルを美容師が解説

40代・50代になると髪質が変わることで、ボリュームダウンしたり髪がパサつき汚い印象になりがち。

上品で若く見える髪型にするには、ツヤ感・まとまり・清潔感・華やかさが重要です。

ちゃちゃ

この9つの髪型は、40代・50代の髪型に大切な要素が抜けているのでやってはいけないんです・・!

自分の髪の悩みを解消してくれる髪型はどれか、この記事を参考に見つけてみてくださいね!

  • 記事内容は事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や安全性を担保するものではありません。
  • 無料で有益な情報を発信し続けるために一部商品では、広告主から当社(株式会社AWA)に報酬が支払われることがあります。
  • 掲載価格に変動がある場合がありますので、最新の価格や商品の詳細情報は、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。

著者情報

株式会社AWAが運営するヘアケアメディア。白髪染め専門美容室ソマリが編集部として執筆を行い、長崎弘幸が記事内容の最終チェックを行っています。美容室に来店されるお客様の悩みを実際に聞きながらヘアケア商品のレビュー、おすすめ商品の紹介、その他髪悩みを解決する情報を発信しています。

目次